山田ガーデン

庭から、学ぼう。

植えちゃった!オーナメンタルグラスの王様

朝から娘の部活の練習試合用にお弁当を作っていましたが、雨降りで中止になりました。やっぱりね。 中止になりそうだと思いながら作るのは無駄な労力なのだけれど、半分気を抜いて作っているからか、何故か嫌ではない。 作ってしまったお弁当の行方は、のん…

もうひと頑張り

今が、頑張り時。 "春のバラは、誰にでも綺麗に咲かせることができる。難しいのは、秋のバラを綺麗に咲かせること" という言葉をふと思い出します。 黄変した葉、たくさんの虫食いの跡。 風情があっていい、と都合良く考えてしまうけれど。 この秋が過ぎたら…

日本車はドリンクホルダーが標準装備です(笑)

7月から随分と長く、主人と話し合いを進めていたことがありまして。 それが、ちょっと前に記事に書いた、私の愛車のこと。 庭の話は今回お休みし、庭作りをする以前にのめり込んでいた、車について書こうと思います。 私は気に入ったモノを長く使い続けるタ…

オリーブの木 その後

移植後、動きがなく、生きているのか死んでしまっているのか判らなかったオリーブの木。やっぱり根付かなかったみたい。 移植は失敗に終わりました。 オリーブの葉は肉厚で硬い。まるでツバキのよう。だから、水が上がっているのかどうか判断が難しい。でも…

ホトトギスのいる心象風景

朝は気温20℃で、涼しく感じるくらいなのに、日中は30℃超え。文字通り汗が滝のように流れる… 昨日は小学校の体育館に行く予定がありましたが、あまりの暑さに早く家に帰りたくて、花壇を見てくるのを忘れちゃったもの。 早朝の庭に出ると、ホトトギス 青竜の…

タカオのいる秋の庭

週末はむちゃくちゃ暑い休日となりました。 湿気こそないものの陽射しが強くて、久しぶりに額に汗して庭作業しましたよ。 今朝の北関東は雨降りなので、一昨日の写真から────。 ルドベキア タカオを迎え入れたら、山田ガーデンはぐっと秋らしさが増しました…

教育現場の花壇事情

娘の部活の練習試合のため、隣町の中学校に行く機会がありました。 終日の付き添いのため、長~い長~い自由時間。ちょっと校内を散歩してみました。気になるのは "教育現場の花壇はどうなっているのか"、ということ。 それを知りたくて楽しみにしていたんで…

秋だから、和の植物を

山田ガーデンは半日陰の庭です。東向きのため、午後は家の影で全く陽が当たらなくなります。 それを心地好いと思える時と、残念だと思う時があり、どうにもならないことなのに、今でもうじうじと考えてしまうことがあります。 縁の白がきれいなギボウシ パト…

剪定~ロシアンオリーブ

今の時期がベストな剪定時期だとは思えませんが、もう我慢の限界だったから。 天気の良かった週末に、ロシアンオリーブの剪定を行いました。 元気がいいのは嬉しいんだけれど、すぐにワサワサしちゃうの。 長く伸びる枝はもちろん素敵なんですよ、風に揺れる…

香りギボウシ~タマノカンザシ

8月下旬のこと。今年も大型ギボウシ タマノカンザシが開花しました。 ユリほど甘くない爽やかな香りが、株の周りを包み込みます。大型で明るい黄緑色の葉が作り出す株の雰囲気は、和風の庭にぴったり。 こちらはワイドブリム。 このギボウシだけが、春秋の…

いてくれるだけで嬉しい~ラ フランス

過ぎ去った8月の終盤のこと。 夏に咲いたということになるのか、はたまた秋のような気候続きだったから秋咲きと呼ぶのかしら。暑さが全く感じられなかった今年の夏でした。 ラ フランスが再び咲きました。 5月に開花してから3カ月振りです。花弁の裏側に…

秋といえば

デコラティブ咲き、カクタス咲き、スイレン咲き、シングル咲き、ポンポン咲き、ボール咲き、リリプット… 様々な花姿を見せてくれるこの植物。 秋には庭に迎え入れたくなる… 英名 : dahlia : ダリア 図書館でダリアの本を借りてきて読んでいたら、無性にダリ…

盆栽仕立て~ツバキ ナイトライダー

早々に新しい鉢は準備済みだったのだけれど、ミカニア デンタータのハンギング作りで満足してしまい、危うく植え替えを忘れかけておりました… いい加減、ビニルポットでは可哀想だからね。一回り大きな鉢に植え替えましょう。 根鉢化しているものを細い棒で…

何故に君たちは咲けないのか?

こんな記事タイトルをつけておきながら、原因は大体解っています。 困ったことに幾つも花が咲かない植物が…まぁ、ひとつずつ見てゆきましょうか。 オミナエシ 秋には黄色の花を咲かせたい。黄色は秋には欠かせない色。でもあまり主張し過ぎないものを植えた…

ガーデナーのイメージ

趣味のカテゴリーによって、不思議と似ている雰囲気の人が集まります。 例えば、無印良品が好きな人だと、そのファッションを見ただけで分かる。無印感がすごく出ていたりする。手芸の好きな人は、ロングスカートを履いていることが多い、といったような。 …

イチジクの収穫

昨日は、午前中だけだったけれどすっきりと晴れて、やっと青空と会えました! 青い空は7月31日以来。雲り空ばかりで気付けなかったけれど、もう秋の雲になっていて季節の移り変わりを感じました。 イチジクを収穫。 小バエが周りを飛び始めていて、1日遅か…

あれこれ悩ましい

朝晩、秋の虫たちの鳴く声が心地よいけれど、 最近は庭作業をお休み中。たまにエキナセアやサルビア ガラニチカの花がらを切るくらいしかしてません。 実は、初年度登録から17年経過した山田ガーデンの愛車を買い替えることに決めまして、そちらに神経を全て…

晴れない

もう、いい加減書きたくありませんが、今日も朝から曇り空です。昨日薄日が射したのは、非情にも10分ほど。それでも布団干したけどね。 その後のどしゃ降りの雷雲は、強い風をも一緒に連れてきて、バラの鉢を倒すほどでした。明日も雨です、きっと。 ミレッ…

ミカニア デンタータのハンギング

雨の日の園芸店ほど空いている場所はない。ましてやお盆期間中、鉢物を見に行く暇人は私くらいでしょうな。 冗談抜きで、太陽が出ない日が続いています。日中でも半袖Tシャツでは寒いくらい。なんでも都内では8月に入ってから昨日まで16日連続雨が降ってお…

備品を買い揃える~空想山田園芸店

さて、園芸店の開業に向けて、店内にはどんなものを揃える必要があるのか書き出してみます。 いつになるか判らない、ぼんやりした夢だとしても、モチベーションを保つためには重要なこと。 ジョン レノンだって"想像してみよう"って歌っていたじゃあないか。…

秋、近づく

仕事もお盆休みに入り、やっとまとまった休暇がやってきました。 都内から叔母が来てくれたこともあり、昨日は1日早くお寺へ。今年もお寺のサルスベリは赤も白も満開で美しかったなぁ。 はっきりしない天気が続き、山田ガーデンのフェンスに這わせているマ…

日照不足

眩しい太陽の下で、サイダーが飲みたい。 今日も曇り空。

いち主婦が起業するために選んだ道だった

山田ガーデンは、園芸店を開業する夢を持っています。 最近は、インターネットビジネスでハンドメイド作品を販売している主婦の方がとても多いみたい。 初費用も少なくて済むため、借入リスクがほとんどなく、在宅で育児をしながら自分の都合に合わせて販売…

白い花の憂鬱

夏の庭に揺れるガウラ。昨年より株が大きくなり、揺れる花茎もたくさん上がっています。 風が強い時は、フライフィッシングのラインのようにふわふわと揺れるのも、見ていて飽きません。 暴れる場合は切り取ります。大丈夫、またすぐに花茎は伸びてきます。 …

種蒔きの成果

種から育てたジニア クイーン "レッド&ライム"が真ん丸な花を咲かせています。 カップケーキのようにかわいい。頑張って種蒔きをした努力が報われた、嬉しい花です。 8月だというのに、北関東はずーっと曇り空か雨降りで、朝晩は涼しいくらいです。まるで秋…

カンナの存在感

山田ガーデンには、未だに手をつけていない、なんとなく植栽が進まないスペースがあります。そうです、デッドスペースはまだあるのです。 縦横1m四方の北向き。奥にはわさわさとホトトギスが茂る。奥行きが1mもあると、もちろん奥に植えたものには手が届か…

夜の街を駆け抜けろ~ツバキ ナイトライダー

旬の時期が過ぎた植物を、全く違う季節に購入することがあります。 真冬の根っこだけの姿のエキナセア、立派な花柱が立った後であろうジギタリス、バラは冬に購入することがほとんど。 先月、山田ガーデンに仲間入りした20cm程の小さな苗木。この植物の旬は…

「カッコいい」しか見つからない~レックスベゴニア

英名 : rex begonia : レックスベゴニア "群雀" いつ見ても惚れ惚れするこの姿。 1週間振りに顔を出した太陽の陽を受け、葉の裏側にはくっきりと赤い葉脈が。 カッコ良さは今年も健在です。 なるべく一目惚れはしないようにしている主義の山田ガーデン。(し…

いろんな顔~マリーゴールド ジェスター

しましま縞模様のフレンチマリーゴールド ジェスターは、なかなか完璧なストライプになれません。 今までどんな顔の花が咲いてきたか、写真を撮り続けてきました。 小さくてかわいい縞模様。これがほぼ完璧な姿。 時にはこんな赤みの強い花が咲いたりする。 …

ラベンダー畑を想う

珍しく、主人がガーデナーが食い付く話題をふってきました。 「富良野市のラベンダーがかなり枯れているらしいよ。」 *リンク切れの為詳細を思い出しながら… 上富良野町から中富良野町にかけて、ラベンダーの株が枯れ進んでいる。 植栽してある4万株のうち…