山田ガーデン

庭から、学ぼう。

アンティークレースを想う~朝霧草

英名 : silvermound artemisia : 朝霧草 この細かい葉を見て連想するのは、アンティークの手の込んだ細かい模様のレースのブラウス。美術品を眺めているような気持ちになります。 今年は株に勢いがありません。英名通りにこんもりとしているものなのですが、…

ギボウシは3年待て

英名 : hosta "wide brim" : ギボウシ "ワイドブリム" 小さな株を植えたばかりの頃は、茎からなだらかに葉へとつながっているような型をしており、イメージとは異なる姿に品種が違うのではないかと心配していました。昨年からでしょうか、全体ががっしりとし…

初夏は葉モノが美しい

久しぶりに夕立がありました。昨年はひどい夕立で雹が長時間降ったことがあり、ギボウシが穴だらけになりました。そうだよね、車のボンネットだってアルミ製は凹むくらいの威力があるんだもの、葉に穴が開くくらい想像は出来るはずなのに。 かといって何が出…

夕霧草、見つけた!

なぜか雨の日に園芸店へ行きたくなるのは私だけでしょうか?お客さんが少なくてゆっくり見て回れるし、暑さでぐったりした植物は見たくないから。雨粒を受けて嬉しそうな姿見たさに、足が向いてしまうのです。 やっと出会えた夕霧草。これで朝霧と夕霧が山田…

夏の花たちが動き出す

夏の植物たちの威勢がいい。エキナセアもルドベキアも蕾を付けています。 バラも2番花を咲かせようと蕾を膨らませていたけれど、暑いので咲いてもすぐクタクタになってしまうし、今回はご遠慮戴いて力を蓄えてもらいましょう、と取り去りました。 バラゾウ…

スグリジャム作り

さぁ、赤く色付き出してから1週間が経ちました。いよいよ熟した房スグリの収穫です。沢山実が付くのは嬉しいのですが、小さな粒は収穫に手間がかかり大変なので、今回はざっと半分だけにしました。残りはまた来週に収穫します。 それでもボウル半分の量にも…

関東地方も梅雨入り

真っ先に梅雨入りした沖縄は、記録的な小雨だそうです。沖縄に旅行に行った方から聞いた話なので間違いありません。2017年の関東地方は梅雨らしくない梅雨で、梅雨明けした途端に雨が降り続き、日照不足となりました。 関東地方も梅雨入り。今年は穏やかな、…

ドクダミファン & 不登校からの脱出

巷では、雑草の代表格として嫌われているドクダミですが、山田ガーデンの周囲にはドクダミファンが結構いらっしゃいます。もちろん私もそのひとり。昨年から声を大にしてカミングアウトしております(笑) 今がちょうど花がきれいな時期。おっと、この花弁に見…

チューリップ球根の掘り出し

数日前から主人が「目が痒くてさぁ…」と言い出しました。あぁ、この時期の何かの花粉だろうね~御愁傷様、と笑っていたら、私まで目がおかしい。痒いんです。 もちろんガーデニング好きも花粉症になります。でもね、それでも何故か恥ずかしいと思ってしまう…

黒 × 黄 = ミッドナイト

英名 : creeping jenny : リシマキア "ミッドナイト サン" 黒い葉色に黄色の花が咲くと「ミッドナイト」という名前が頻繁に使われる傾向にあるようです。山田ガーデンのリグラリア (西洋ツワブキ)も "ミッドナイト レディ"だし。 これこれ。秋には黄色の花が…

輝く赤い宝石~房スグリ

いつの間にか色付き始めた房スグリ。まだ熟していない緑の粒が混ざった、今の時期しか見られない初夏のひとこまです。 庭を囲ったフェンスの隙間から、何本かの枝が外へ飛び出してしまっていて、近所のひよこたちが実を摘まみ取っていました(笑) まだ青いか…

ミサトに感心する

早朝数時間の陽で、シャンテ ロゼ ミサトは本当に良く咲いてくれました。これが最後の花。たくさんの蕾が開いた今年は、このバラに対する気持ちがちょっと変わりました。 頂き物のバラで、私の好みではなかったこともあり、今までは「まぁ咲くなら咲いてもら…

早起きのススメ & カルドン最新情報

週末でも、朝はいつもの時間に起きると決めています。長く寝過ぎると必ず頭痛が起こって、1日が台無しになってしまうのです。 これに気付いたのは、庭作りを始めてから。週末でもダラダラと眠ることがなくなり (庭作業が楽しみで早く目覚めてしまう!) 、頭…

陽を求めて移植

人生の失敗も既に数多くありますが(笑)、この4年間、ガーデニングでの失敗もそりゃあ沢山してきました。 昨年植え付けた、値下げ品の西洋オダマキに蕾が上がりましたが、この翌日にハバチの幼虫の餌食に。見るも無惨な姿になっておりました。 オダマキはハ…

初夏の花、咲いてます~その2

アーチのブラッシュ ノアゼットには花がらが目立つようになってきましたが、クレマチス ミケリテは今が1番美しく咲き誇る時です。 今年は本当にバラの開花が早かった…バラがもう少し遅ければ、クレマチスの開花にぴったりだったのかなぁ。バラの開花が早ま…

初夏の花、咲いてます

クレマチスと言えば青。へそ曲がり山田ガーデンは、敢えて赤をチョイスしたのでした。マダム ジュリア コレボン、開花です。 ほらね、道路側に笑顔を振りまいています。 今年はマメに巻きひげをトレリスへ誘引したので、まとまって咲きました。ふわっとした…

植物を育てることは、経験値を上げてゆくこと

板壁に誘引したバレリーナが満開になりました。 想像通りの咲きっぷり。感無量です。 小輪は数が集まることで、大輪に負けない、圧倒的な存在感を作り出します。鰯の大群がキラキラ美しいのと一緒です(笑) "想像すること" は、庭作りをする上でなくてはなら…

偏食なバラゾウムシ

念願叶ったオルラヤとバラ カフェの共演。カフェは、今年バラゾウムシの被害に遭い、大きな蕾を2つ失ってしまったため、この花は房咲きの小さな蕾が開花したものです。 これまでバラゾウムシに穴を開けられても被害らしい被害はなかったので、痛くも痒くも…

ローキー写真好きなもので

今年もまた、性懲りもなく園芸店のガーデンフォトコンテストに応募しようかなぁ、と、ちょこちょこ写真を撮っています。 何かの間違いで良い結果になりましたら、皆様へお知らせしますね(笑) ピエール、開花です。 日陰なのでゆっくり咲き進んでゆきます。 …

カメラ泣かせなクレマチス

クレマチス テッセン 同じクレマチスの別品種であるビエネッタと瓜二つ。一体何が違うのかと調べてみると、ビエネッタは芯が大きくて、豪華。まるでテディベアの鼻のよう。 テッセンはビエネッタに比べたらずっと芯が薄く、おとなしい感じです。 太陽に向か…

私のバラたち

家の外壁に誘引しているつるバラ 新雪は、陽当たりの良い場所の蕾が咲き出しています。 花はソフトボールくらいの大きさがあります (たぶん…野球ボールよりは大きい)。 反り返る花弁。なんだかペーパークラフトみたいだね。 濃い葉色とこの花形がロマンチッ…

母の日は嫌い

日曜日は母の日のようです。 以前にも書きましたが、私は母との関係が良くないので、いつもの週末を過ごします。 私の母はとにかく厳しい人で、幼い私に何でもやらせました。幼稚園児でもおつかいに行かされることはよくあったし、習い事もひとりで行かされ…

小さな犯人~はらぺこあおむし

午後にやっと晴れ間が出ました。 週末は雨の心配はなさそう。来週まではバラのアーチのブラッシュノアゼットにはビニール掛けはいらないでしょう。やっとゆっくりかわいい花を眺めることができます。 雨に当たるとこんな風に黄変して蕾が落ちるのです。開き…

5月って忙しい

5月ってやけに忙しい。GWで1週間は世の中が休みになり、残った土日を除いた少ない日数に、学校関係の会議が容赦なく入ってきます。 昨日も一昨日も、帰宅後にバラのアーチのブラッシュ ノアゼットにビニールを被せました。なにもここまですることはなかろ…

ビニール養生~ブラッシュ ノアゼット

娘が「iphoneで写真を撮りたいんだけど、庭になにか咲いてないの?」と、突然言い出しました。 彼女、植物に興味がないので、家の庭がどうなっているのか全く知りません。玄関が庭とは真逆にあるので、庭を見ずに生活出来てしまうわけです。 サンダルを突っ…

荒れ地でもOK~アキレア テラコッタ

昨年ご近所さんに戴き移植したオリーブの木はやっぱりダメで、処分するしかありませんでした。幹を切ってみると断面の半分は腐っていたもの。 再びぽっかりと空いたスペースは小石が多く、ナイーブな植物は植えられません。こんな場所には強いハーブならば、…

蒸れになんて負けるもんか~フランネルフラワー

ラベンダーの花数が昨年より多く、とても嬉しいです。昨年刈り込んだからでしょう。蒸れに弱いとは言え、本当に雨の当たらない、水分カラカラの場所に地植えしているのに大丈夫だなんて驚かされます。 先日、夏花を準備する~とお話しましたそのひとつ。自分…

雨後の姿

不安定な天候は、今朝も雷を連れてきました。 週明けの月曜日からは再び雨か?せっかく開き出したバラが雨に打たれるのは、ガーデナーにとっては酷なことです。 シャンテ ロゼ ミサト 高いところの蕾は、既に私の身長を越えている! 冬の剪定では、根元から8…

メイストーム

昨夜22時頃から少し雨風が強まり出しました。今は小康状態。霧雨が降っています。 嵐に花弁を散らされたくなかったので、早目にカットして花瓶で楽しんでいるディスタントドラムスです。 中心のベージュ色が抜け、また違った花のよう。 河本さんのガブリエル…

次々に咲き出す

バラ カフェの鉢の中で成長してきたオルラヤ。カフェの開花と揃ったら絵になるな、期待していたけれど、そう事は上手くはいかないか。先に咲き出しました。 ブラックティー 本当に久しぶりに会った気がします。秋に上手く咲かせられないから、余計に。 5月…