山田ガーデン

庭から、学ぼう。

その他

ネットで春を買う

山田ガーデンは、インターネットで植物を購入することはあまりしません。 種とバラは何度か買っていますが、ポット苗を買ったのは2年前のクレマチスだけ。 実は父が定年退職した時に、勤めていた会社の計らいで、宅急便で胡蝶蘭が届いたのですが、東日本大…

水遣りジジイ

山田家には、とんでもない水遣りジジイがいます。 私、最初に言ったはず。「バラには触らないでね、私が管理するから」と。 昨日夕方帰宅すると、バラを始め鉢物すべての土が湿っている。 どうやら水遣りジジイが手を出したみたい。 暖かくなってきたせいか…

作りたい庭~オーナメンタルグラス

日の出が毎日1分ずつ早くなり、日の入りは1分ずつ遅くなって。 まだ朝晩庭作業が出来るほどの気温ではないので、週末ガーデナーな山田ガーデンです。 それでも、週間天気予報を見ると、朝のマイナス気温日が少なくなってきています。春はもう来ているので…

わたし、大きくなあれ

北風が冷たく、雪が舞っていた昨日。 あと1週間で3月だけれど、寒い! 毎年3月になると、ドカッと湿った雪が降るのがこちらの恒例ですが、今年はどうかしら。 いつも高校受験日に重なって降ったりするので、県内は大騒ぎになります。 先日、朝の情報番組…

ガーデニングは暇な主婦がやるもの

気持ちの良い朝です。 8時近くになると、ヒバリがさえずり出します。 とっても乾燥しているので、出勤前に庭に水を撒きたいけれど、朝7時では土が冷え込んでいるから無理ですね。 冬は水遣りが上手く出来ません。 朝早くでは土が凍っていて無理だし、帰宅…

内緒のブログ

突然ですが、皆様がブログを作っていることを、ご家族やパートナーはご存知ですか? 山田ガーデンは、子供達には話していましたが、主人には何となく言えずに、今日まで来てしまいました。 スマートフォンで記事を書いているので、スマホを片手にしているこ…

ナンデスカ、コレハ?

ズボラさん必見、放置OK!植物を全自動で育成する“ロボット植木鉢” 毎日の水遣りも必要なし | Techable(テッカブル) だったらフェイクを飾ればいいのではないでしょーか。 電気代・水道代かからないわよ。 最近のフェイクはクオリティー高いし。 非常に近未…

ヘザーさんとベニシアさん

週末の暖かさに、各地のガーデナーさんが一斉に動き出しています。 生き生きと庭の作業を綴った、たくさんのブログ。読んでいるこちらもワクワクしてきます。 みんな春が待ち遠しいよね。 寒さはまた戻ってきます。体調管理にはお気をつけくださいね。 私の…

冬季限定、ピーナッツリース飾り

山田ガーデンに植えてあるウメモドキの木にも、ロシアンオリーブの木にも、秋にたくさん付いていた赤い実は、すべて野鳥のお腹の中へと消えていったみたい。 もう一粒も残っていません。 昨年はスノードロップの小さな花までもついばまれてしまったので、寒…

1ポットの原価計算「空想山田園芸店」

春に蒔く種をね、やっぱり買いました。 大阪の国華園さんへ注文。昨年に引き続き、またお世話になります。 ただ、秋蒔きを欲張って頑張り過ぎたので、今回は少な目に。 しかもシブく穀物系で。 イネ科の植物はどんな庭にも合うし、インパクトの強いエキナセ…

たかが断捨離、されど断捨離

良いと思って庭に植えてみたものの、想像していた通りにならず、なんだか庭に合わない。ハッキリ言うと「いらない植物」。皆様のお庭にはありますか? 山田ガーデンにもある…かな。引越し時に移植したものの、花があまりつかないシャクナゲの木が。 不必要な…

クリスマスローズの反抗

庭づくりをするようになって、たくさんの方が言っていらっしゃいますが、山田ガーデンも天候や季節にとても敏感になりました。 皆様、お気づきですか?日没が少し遅くなってきていることを。 山田ガーデンの住む北関東は、夕方5時でも西の空に夕焼けが少し…

どうぞ良いお年を

1年の締めくくりにふさわしい、眩しいほどの真っ白なとちおとめの花! 2016年3月からブログを始めて9カ月。初めての年の瀬を迎えます。 本日までお読み頂いた皆様、本当にありがとうございました。今日で終わる訳ではありませんが(笑) 時期柄、今年1年の…

クリスマスプレゼント

Carnie Wilson & Wendy Wilson-"Hey Santa" The Beach boysのリーダー、Brian Wilsonの娘達も歌手として活躍しています。 ハーモニーが美しいトリオグループ「ウィルソンフィリップス」と聞いて、ピンときた方!きっと私と同年代です(笑) 安定した美しい歌声…

同居はつらいよ

ようやく方向性が定まり、庭の立水栓の水受けはレンガで作り直すことにしました。 これまでのいきさつは、是非下の記事をどうぞ。 DIYすると決めた途端、宿敵である主人はヤル気満々です。要は自分で作りたかったのね…笑顔でそうハッキリ言ってくれればいい…

コンクリートで固めてしまえ

昨日は、隣県に住む主人の妹の所へ行ってきました。 外出するので、子供を見ていて欲しいとのこと。西野カナのライブに行くのだそう。若いね~(笑) 今時の若い夫婦にぴったりな、かわいらしい一軒家。家の南側に広く庭があり、陽当たりは最高です。 しかし残…

初雪にしもやけを想う

11月に雪が降るなんて、記憶を辿っても思い出せません。 子供の頃に降ったかなぁ…わからない。 山田ガーデンの住む地域は、毎年さほど雪は降りません。年明けに2~3度くらいで、ひどく積もることもなく。 でもここ数年は、温暖化の影響で例年通りとはなら…

山田流 お金をかけずに庭作り

ガーデニングはお金がかかる。 だって、季節ごとに売っている花を植え替えなきゃならないでしょ。 そう思っている方がいるかも知れません。 実はそれ、一番大変で、一番お金のかかる庭作りなのですよ。 山田ガーデンは、庭のために毎月遣えるお金は多くあり…

見えない良さ

1年前の今頃は、一体何をしていたのだろうか。思い返してみました。 鉢植えのバラ、ラ・フランスがたくさん咲いたんだった。黒点病が酷く、葉をほとんど落としながらも、たくさんの蕾を付けていました。 今年は日陰に置いているので、蕾はひとつ。黒点病は…

球根到着

引越しをして、現在の場所へ移動してきてから3年になりますが、表札を出していないこともあり、デリバリーピザも宅配便も、すんなり届いたためしがありません。 昨日も宅配業者から「家がわかりません」と連絡がありました。 市の区画整理事業で、山田ガー…

ロストマン

山田ガーデンはすっかり秋の色。 ノゲイトウの葉までも紅葉しています。 コキアは、この1週間でぐっと赤く染まりました。 ゴミではないですよ 大量に落ちたコキアの種です。 来年に繋がる、命の粒。 冬から春に季節が変わる時はそわそわするほど嬉しいのに…

秋の種蒔き

私が注文したチューリップの球根は、きっと今現在、神戸港に仮置きされている山のようなコンテナの中であるとの予想。 または港に入れず、海の上をゆらゆらと揺られているのかも知れません。 先日、通勤中に聴いたラジオのニュースでは、経営破綻したことで…

「韓進海運」経営破綻の余波

よく晴れた朝。いちじくの収穫。 柔らかくて少し割れ始めていたら食べ頃です。 昨日仕事から帰ると、チューリップの球根を注文している大阪の園芸会社 国華園さんから1通のハガキが届いていました。 全く知らなかった… 父曰く、1カ月前にニュースになって…

鬱には庭

季節の変わり目は、 気分も浮き沈み変わる時。 精神的な不調が出る方も多いそうです。 私も秋は調子が上がらない。行事も多いので、賑やかな場所に足を運ばなくちゃなりません。憂鬱です。 同居している私の母が鬱病になってから、かれこれ15年が経ちます。 …

フタバアオイへの憧れ

久しぶりに日光を訪れました。 山田ガーデンが育ててみたい植物に非常に関係のある場所です。 子供が夏休みでも私は休みがなく、天候不良も多くて、全くどこにも連れて行ってあげることができませんでした。 ちょっと遅い、小旅行です。暑かった! 日光東照…

亡き人を想う

久しぶりのアブラハムダービー 小さな小さな花です。 先日お線香をあげに、叔父の家へお邪魔してきました。 「あの子は不器用でとても心配だ」と私のことを言ってくれていた叔母が亡くなって、ずいぶん経ちました。 奇しくも叔母の趣味はガーデニングでした…

バラから日本の今後を考えてみる

昨年の夏は、ほとんどの葉を落とし丸坊主になってしまったバラ、ラ・フランス。 それでも半日陰に移動させていたのです。余程、短時間でもコンクリートの照り返しがキツかったのでしょう。 今年は早目に日陰に移動、それもほぼ朝陽しか当たらないような場所…

暑中お見舞い申し上げます

やっと撮れた青空とプルメリア 建物が写り込んでしまったので、ハワイの雰囲気は出ていないです(笑) 蒸し蒸しと湿度が高く、心なしか体も重いけれど、青空と黄色が元気をくれます。 暑さに負けず、あなた様にとって素敵な夏になりますように。 山田ガーデン

夏空とシステム不具合

関東・甲信越地方の梅雨明けが発表されました。 暑いのは嫌だと言いながら、それでも梅雨が明けるとなんだか嬉しいです。 山田ガーデンは、記事をスマートフォンでアップしています。 昨日からシステムの具合がよくないのか、カーソルがランダムに大きくなっ…

登校渋りとバケツ稲

子ども達の待ちに待った夏休みが始まりました。小学校で観察している、バケツ稲を持ち帰ってきました。休みの間は山田ガーデンでお世話をします。もちろん私が(笑)1カ月前、このバケツに稲を植えた授業の時は息子が登校渋りの真っ最中で、頑なに心を閉ざし…