山田ガーデン

庭から、学ぼう。

バラ

夏のバラたち

昨日は幾つかホームセンター巡りをしてきましたが、植えたくなるような植物は見つけられませんでした。 売り場には、すでに夏バテ気味の鉢がたくさん…自分の庭にはしっかりと水を遣ろう、と心に誓ったのでした。 お気に入りのバラ カフェも、2日前に2番花…

不完全な縞模様~マリーゴールド ジェスター

ダブルデライトの2番花です。 暑い中、体力を使い果たしながらも、しっかりと咲くところがこのバラの素晴らしいところ。香りも残っていますよ。 葉も全体的に色が薄れてきていて、ここから一気に具合が悪くなってしまったのが昨年のこと。今年は秋にも咲い…

今日も夏日の予報

暑い。 実は梅雨が開けているんでしょ?って言いたくもなります。 額にかかる前髪がうざったくて、お笑い芸人のみやぞんよろしく、山田ガーデンもリーゼントにして生活しています。 リーゼントの主婦がガーデニング(笑)もうワケがわかりませんね(笑) コガネ…

ツール ド フランスに夢中

また職場内での引越し。3カ月の応援を終えて、7月からもとの古巣に戻って仕事をしています。 そのまま移籍してもいいくらいの気持ちでしたが、連れ戻されました(笑)長くいるところは、やっぱりほっとします。肩に余計な力が入っていないのがわかります。ゆ…

雨の季節がすぐそこに

夏花のジニアが眩しい輝き。 からっとした暑さも本日までの予報。今週半ばからは雨になるようです。 いよいよ来ますね、例の季節が。 雨に濡れて蕾が変色しながらも、天気は良いので花弁を開くことができている、オールドローズのブラッシュ ノアゼット。 こ…

バードハウス 再び

嬉しい休日の週末。 部活の大会に出掛ける娘にお弁当を作り、庭に出ます。 先日の夜中の雷雨で、ほとんどのバラは散ってしまいました。小輪のブラッシュ ノアゼットとバレリーナはまだ咲いています。 昨年同時期のブログを読み返して笑ってしまった。ブラッ…

6月1日の山田ガーデン

もう時期的におしまいだとは判っていて購入した西洋オダマキの蕾が、しっかりと開いてくれて、山田ガーデンを彩ってくれています。 宇宙人みたい。それとも深海生物?オダマキの花って、とっても複雑な作りをしています。 山田ガーデンのオダマキは、株が消…

いつの間にか クレマチス

英名 : clematis : クレマチス "アラベラ" いつの間にかクレマチスの咲く時期。 まだかまだかと心待ちにしていたら雨続きの天気になってしまい、気付けば満開に。 1番わくわくする場面を今年は見逃しちゃったね。 こちらもかなり開いてきたオールドローズの…

踊り出す~バレリーナ

春は忙しい。 進級に合わせての学校関係の集まりも多いし、授業参観、家庭訪問、予定の読めない部活の送迎当番…そこに習い事や通院の予約が入ってくる。 全て私のことではなく、子供たちの予定。こちらは疲れが取れる暇もなく、慢性肩凝り。体調だけがぐずぐ…

目に焼き付ける

開花に気を取られて、すっかり忘れていたウドン粉病は、葉がしっかりと硬くなったからか治まったみたい。 はたまた季節外れの真夏日が続いたからかも知れません。 花首にはしっかり粉が付いていますが(汗) インフィニティローズはこれから咲く準備。 出開き…

シャンテ ロゼ ミサトの開花

朝から庭に出ると、バラの新しい蕾ががたくさん開いていて、すぐにゆっくり眺めたいところですが、現実は地面に這いつくばりながら散った花弁を掃除しつつ、時々顔を上げてバラを眺める。 しばらくはこんな朝が続いています。 chant rose misato "シャンテ …

待ってました、カフェ!

山田ガーデンはコーヒー中毒。 朝飲んで、帰宅後に飲みながら夕飯の支度をし、食後に飲み、お風呂後に飲む。 だから手に入れた訳ではありませんが、カフェ、咲きました。 いきなり花弁が落ちる寸前の写真ですが(汗)、楽しみにしていたブラウン系のバラです。…

朝日が嬉しい

園芸店の写真コンテストの締め切りは6月4日。 天気が悪い日が続けばバラも開花が遅れます。カッと晴れれば、ゆっくり見ることもままならず咲き進んでしおしおのくたくたになってしまうし、なかなか上手くいかないもので悩ましい日々を過ごしています。 し…

ダービー開花とバードハウスの静寂

英名 : abrahum darby "アブラハムダービー" ピンクのどら焼きみたい(笑) 蕾の時は高さがあるのに、咲くと平べったい。だからいつもどら焼きを想像してしまいます。 アプリコット色は咲いてすぐにしか見られない貴重な色。あっという間にピンク一色に変わっ…

ちょっと古いバラ好き

山田ガーデンは古いバラが好き。 古い、と言ってもシックなオールドローズという訳ではなく、ちょっと古いバラ。 イメージではおばあちゃんの住む静かな平屋の庭にそっと咲いている、昔から植えてあったようなバラ。 それらを現在の庭に違和感なく溶け込ませ…

ブラッシュノアゼット開花と小さな白花

小さなブラッシュノアゼットの咲き始め 下を向いて咲いていたので持ち上げてみると、美人顔で驚きました。 まだ一斉に開花とはいかなくて。来週中頃にはあちこちの蕾が開きだしそうです。 今朝はびっくりするほどの大雨で、かなり強い降り。庭には出られませ…

新雪 開花の始まり

とても信頼しているバラ、新雪。 どんなにウドン粉病になっても、強いことはよく解っているので、心穏やかでいられます。 ウドン粉病にはかかりますが、黒点病にはなりません。 今年は雨が少ないのか、乾燥していて、ウドン粉病だらけ。 そして葉をたくさん…

おいしそう

英名 : double delight "ダブルデライト" この蕾、何かに似ている。 と、思いついたのは、ストロベリーチーズケーキアイス。 もしくは、ベリーソースがかかったチーズケーキ。

GW最終日~レース葉とルイ14世の開花

山田ガーデンは、割とサワサワした細かい葉の植物は好みではなく、庭にもあまり植えてありませんでした。 わかりやすい形状の葉が好きで、さらに銅葉・斑入りには目がありません。皆様のご想像通り、そればかりではくどくなるのは目に見えていまして。 それ…

GW8日目~バラの近況

チャイナローズ ルイ14世は、毎年山田ガーデンで1番最初に咲くバラです。 ゴールデンウィーク中に開花すると予想していましたが、咲きそうで咲かない。 しかも、今年はそのトップの座を奪おうとしているものが。 ER アブラハムダービー 新雪 ルイ14世は花弁…

GW 初日

今年もこぼれ種からたくさんのコキアの芽が出ました。 大きめなものは移植を始めていますが、この量…嬉しい悲鳴。 茨城県の国営ひたち海浜公園の広い敷地に、秋にはコキア、今の時期はネモフィラ インシグニスブルーがわーっと咲くのですが、ネモフィラの下…

燃えるような赤~チューリップ スラワ

チューリップ スラワが元気よく咲き揃いました。 赤が強いですが、外側の花弁には紫色があって、ちょっと毒々しい雰囲気さえあります。 陽の光を浴びてしまうと、単色のように見えてしまうのが残念。 それにしても鮮やか! たまにはこんな赤を咲かせるのもい…

君の名はピエール ド ロンサール

本葉の出てきたジニアのプラグ苗を片手に、山田ガーデンを出発。 トコトコと5分ほど歩くと、尊敬しているご夫婦ガーデナーさんのお宅です。 グラウンドカバーのセダムや斑入りのミツバ、デルバール社のバラ"シャンテ ロゼ ミサト"の挿し木苗などは、以前こ…

スタンダード仕立ての悩み

いつも庭に対してダメ出しばかりする主人に、「花が増えてきて、見られる庭になってきた」 と言われました。 嬉しくなって、「キレイなスイセンが咲いたから見てみて!」と無理矢理に窓から見せたところ、 「ひとつもこっち向いてないじゃん」と笑われました…

バラの話が久しぶりになった理由

3月25日の様子 枯れ枝をカットしてスッキリ ワレモコウが始動しています。 今年はウドン粉病にならないで欲しい… 背が高くなりすぎると倒れてしまうので、肥料はあげていません。 ワレモコウはバラ科の植物なので、ウドン粉病になりやすいのでしょうね。 チ…

つるバラ新雪の誘引

久しぶりのぽかぽか陽気だった昨日。 予定があり仕事を休みましたが、結構時間が空いたので、つるバラ新雪の誘引作業をしました。 なぜこの時期にその作業をしなければならないの?簡単におさらいです。 バラは朝顔やゴーヤとは違って、自分で支柱に枝を巻き…

バラの冬剪定

バラHTの2鉢を手始めに剪定しました。 春に美しく咲かせるために、余計な枝を切り、樹形を整え、新しい芽を伸ばすための作業です。 生育が止まる冬のこの時期は、剪定に適していると言われています。 しかし、昨年も同じように剪定したはずなのに、1年経つ…

ナエマのナマエ

昨日は一昨日よりも北風が冷たく、お正月休みの最終日だったのに無駄な過ごし方をしてしまいました。 屋外でしかできない杉板のヤスリ掛けも、粉が舞うのでダメ。 油性ニス塗りももちろんダメ。 何となくホームセンターへ出掛けたものの、人もまばら。だって…

スッポンフックなるもの

仕事始めまで、日が迫ってきました。 庭作業をしない日がこんなに長く続いたらもったいない。だって、過ぎた時間はもう戻って来ないから、何かしら意味のある1日にしなければ、と思ってしまいます。 お年寄りみたいな考えだけれど、仕事が始まると本当に時…

ブラッシュ ノアゼットで締め作業

昨夜の関東地方の地震には驚きました。 震源地は東日本大震災と同じくらいの揺れだったのでしょうね。 こちらは揺れは強くはなかったけれど、テレビとスマホからの警報音に体が凍りつきました。 年末だというのに、もちろん自然は私達の都合など考えてくれる…

クリスマスプレゼント

Carnie Wilson & Wendy Wilson-"Hey Santa" The Beach boysのリーダー、Brian Wilsonの娘達も歌手として活躍しています。 ハーモニーが美しいトリオグループ「ウィルソンフィリップス」と聞いて、ピンときた方!きっと私と同年代です(笑) 安定した美しい歌声…

バラの植え替え~番外編

昨夜は季節外れの大雨。 寒くはないので、今朝は霧で真っ白です。 気をつけて通勤しなきゃね。 先日、山田ガーデンのすべての鉢バラを植え替えたことを記事にしました。 その時にちょっと嬉しかったものを番外編として書いておきます。 その前に、来年は11月…

鉢バラ 冬の植え替え

完全に週末ガーデナーになってしまった山田ガーデンです。冬季限定です。 昨日朝のバケツの画。水がこんなに凍っておりました… 午前10時でこの状態よ 陽が短くなり、庭作業ができないためブログ更新のペースを落としていますが、シーズンオフでも引き続き読…

ローズにそわそわ

ローズと呼ばれるもバラではない、クリスマスローズ 午前中だけですが、良く陽が当たって嬉しそう。 花芽も順調に大きくなっています。 毎年この時期にバラの品種を調べて、咲かせてみたい株の予約をしては植え付けてきました。1~2本のささやかな数です。…

突然ですが「バラの家」へ

埼玉県にあるバラの専門店、その名も「バラの家」。 バラをネット通販で買おうと検索すると、必ず出てくる有名店です。 行ってみたいなぁとは思いながらも、いつも思っているだけでした。調べてみるとさほど遠くない、ということで、時期外れではありますが…

仮誘引

日に日に朝晩の冷え込みが強まってきているのは、気付けばもう12月だから。 山田ガーデンの植物達は春までの眠りについていたり、ロゼット状に葉を広げ、お日様の光を一生懸命に浴び、寒さに耐えています。 ここ数日は暖かいですが、これからますます冷え込…

ラ フランス 秋の蕾

やっと蕾が緩んだ、ラ フランス 開かないかも知れないと思っていた花弁が、昨日の暖かさでほどけていました。 優しく、ゆっくりと。 秋のラ フランスがとても好きです。

予約、どうする?

寒い時期になると予約がスタートする、花の女王と言えば─── そう、バラです。 山田ガーデンはこの時期に大苗(充分に成長している株)を取り寄せています。 さて今年の冬はどうしましょうか。 軒下なのに黒点病 インフィニティローズ つるバラ新雪の成長も著…

まだまだうどん粉病

今朝は、大雨です。 ほとんどの花が終わりつつある庭に、ダリアが色を添えてくれています。 ベージュピンクのお値下げ品のダリアも、一日中陽をいっぱい浴びて気持ちが良さそう。 開きかけの蕾も、きっと開いてくれるはずです。 ブラックナイト すっきりした…

寛大な季節

秋って、本当に不思議な季節で。 このブラックティーというバラ。完全に開ききっているのに、美しいとすら感じてしまう。 春だったら、きっとこんな気持ちにはなれない。 次から次から咲いてくる花に追われてしまうから。 葉が黄色になっていても、枯れてチ…

涙のバラ番組

絶え間なく咲き続けるオールドローズ、ブラッシュ・ノアゼットです。 黒点病もうどん粉病もなく、本当に元気いっぱいです。 まだまだ咲きます! 枝も良く伸びて、わさわさとブッシュらしい姿になりました。 以前から気になっていたとはいえ、出会いは突然。…

新雪 秋のシュート

「落ち込んでいる間に、シュートはどんどん伸びてゆく」 すごい… 超元気なつるバラ新雪のサイドシュート この元気、あやかりたい。 シュートとはバラ用語でして、超立派な脇芽のこと。脇芽と言っていいのかしら? 主の枝や根元から出る、その株の主枝。来年…

9月のルイ14世

7月末に鉢から引き抜き地植えにしたルイ14世は、すっかり元気を取り戻し、たくさんの蕾をつけています。 新しい葉が出揃って、美しい姿に生まれ変わりました。 ホントに目も当てられない状態だったけれど。 よく見ると、ところどころハキリバチに葉を切り取…

雨だから

雨に当てたくなかったので、部屋で楽しみます。 (左から)ブラッシュ・ノアゼット、ラ・フランスとローズマリー いつもの元気印の顔ぶれです。 昨日の夕方に切ったところ、夜から雷雨が。 降りも激しかったので、間一髪でした。 今朝も外は雨です。

ハムシが憎い

悩まされている。 昨年からずっと。クロウリハムシに。 なでしこ系の植物がお気に入りらしく、ダイアンサスもカーネーションも食べられてしまって、ボロボロ。 蕾にまで穴を開けて、花弁をムシャムシャ。 見つけ次第、シュッシュと殺虫剤をかけるけれど、次…

早起きの決意表明

8月も下旬。夜には秋の虫の鳴き声が聞こえてきたりと秋の気配が感じられるようになりました。 (もう台風は来ないで欲しいのに、また来週上陸するのだそうです) これからの季節、仕事をしながら庭をどう維持してゆくかとあれこれ考えた結果、寒くなるまでは…

秋への準備

台風が過ぎてからというもの、天気はかなり不安定。夜中に激しい雷雨がやってきて眠れなかったので、音楽を聴きながらしばらくの間稲光を眺めていたら、すっかり寝不足です。 寝静まった町の空に光る稲光。どうしようもない自然の大きな威力…そして藤原基央…

亡き人を想う

久しぶりのアブラハムダービー 小さな小さな花です。 先日お線香をあげに、叔父の家へお邪魔してきました。 「あの子は不器用でとても心配だ」と私のことを言ってくれていた叔母が亡くなって、ずいぶん経ちました。 奇しくも叔母の趣味はガーデニングでした…

王の復活

葉が黄変し、無惨な姿になってしまったルイ14世に復活の兆しが見えてきました。 柔らかな新しい葉が開いてきています。 蕾までお目見え。 地植えにして良かった… 7月28日の様子

強い子

昨日で3日連続の夕立がありました。さすが雷都と呼ばれるだけあります。 北部の連山で積乱雲が発生し、それが山田ガーデンの住む所へ下りてくるというわけです。 夏の風物詩ですので、私は好きですが、ただ災害になるほどに暴れられると困りものですね… つ…