読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山田ガーデン

庭から、学ぼう。

マリーさんは今日も笑う

山田ガーデンでひときわ賑やかな一年草、マリーさん。 マリーさんを毎年夏に咲かせるようになったのは、息子が学校で理科の時間に育てたマリーゴールドの種を持ち帰ってきたことから始まりました。 昔から変わらないマリーゴールドの姿に、少し飽き飽きして…

ロシアンオリーブの実

ロシアンオリーブこと本名ホソバグミの記事です。 ご無沙汰しておりました! 8月末に台風対策で剪定をしたことをチラッと記事にしてから、もう1カ月半が過ぎようとしています。時が経つのは本当に早い! クレマチス マダム・ジュリア・コレボン ロシアンオ…

みんな、早く元気になあれ

近所の空き地が一面黄色に染まっています。 セイタカアワダチソウです。 北アメリカ原産の困った外来種ですが、群生するととても美しい。 アメリカにいる気分で 風邪気味だった息子がついに発熱してしまい、昨日は午前中だけ仕事に行き、早退して買い物を済…

秋の種蒔き

私が注文したチューリップの球根は、きっと今現在、神戸港に仮置きされている山のようなコンテナの中であるとの予想。 または港に入れず、海の上をゆらゆらと揺られているのかも知れません。 先日、通勤中に聴いたラジオのニュースでは、経営破綻したことで…

メリニスの花穂

出ました! イネ科植物のメリニスの花穂です。 1カ月前の記事では、花穂は来年かしら~と書いていましたが、ここ数日、ちょっと他とは違う、太めの葉があることに気付いていました。 何かが包まれているような、わくわくするような… 言い方は悪いですが、雑…

あなたの虜 ゼラニウム

ヨーロッパではとても人気のある定番品種、ゼラニウム。 スペインでは、家中の外壁という外壁にゼラニウムを植え付けたテラコッタをたくさん飾って楽しんでいる、そんな写真を見たことがあります。 昨年の今頃、小さな花屋さんで赤いゼラニウムを買い求めま…

通行止め

庭を歩き回る際に、ちょっと気を遣う場所があります。 狭くて体の向きをかえないと通れない。ほぼ通行止め。 9月24日 真上にある、つるバラ新雪の枝からは雪のように花弁が降ってきます。 毎年この場所にコキアのこぼれ種が芽を出し、すくすくと大きくなり…

秋晴れの日曜日

こんな休日をずっと待っていました! 只今、大掛かりな作業中なので、ささっと庭を見回り。 マリーゴールド キリマンジャロホワイト ガンガン咲いています。 最初の頃に咲いた花がらを残しておき、種を採取しておきました。 普通サイズのマリーゴールドの倍…

久しぶりに植栽

ここ3日間、毎晩雷雨です。 水やりしなくて済むけれど、ちょっと降り過ぎではないだろうか? ヒューケラの枯れてしまった駐車スペース西側の花壇に植栽をしました。 いつもは母の車が停めてあり、隠れてしまっている場所ですが、いつまでもこんな土だけの状…

チューリップの組み合わせ あれこれ

春咲き球根を通販にて注文しました。 もう9月になりましたから、店頭でも売り出しが始まっているでしょうね。 大阪の国華園さんのチラシ ワクワクです。 チューリップだけでもこれだけ種類があれば、組み合わせ方は何百通りにもなりそう。 色味と花弁の形の…

まだまだ暑い日々

コキアに小さな小さな花がつきました。 1mm程のオレンジのような朱色のような花です。 目を凝らして見ると、花弁は5枚あるようです。 このつぶつぶな花がやがて種になるのですから、それはそれはたくさんの種が落ちるわけですね。 ですので何もせずに、ま…

赤い花たち

ワレモコウが色付き始め、ここ一帯は秋の風情が漂います。 朝早く起きると、まだ秋の虫が鳴き続けています。 庭にしゃがんでいるだけで、とても涼しくて落ち着きます。気持ちがよいです。 クレマチス マダム・ジュリア・コレボン 山田ガーデンの最後のクレマ…

ハムシが憎い

悩まされている。 昨年からずっと。クロウリハムシに。 なでしこ系の植物がお気に入りらしく、ダイアンサスもカーネーションも食べられてしまって、ボロボロ。 蕾にまで穴を開けて、花弁をムシャムシャ。 見つけ次第、シュッシュと殺虫剤をかけるけれど、次…

野鳥の来る庭

台風の過ぎた午後。 庭は雨風に負けることなく、いつも通りの穏やかさです。 東北の皆様は大丈夫かしら… よく晴れた空を見上げていたら、ウメモドキの実がもう赤く色付き始めていて、慌てて写真を。 この赤い実は、鳥たちにとって寒い季節の大切な食糧になり…

ブドウ収穫

朝から雨と風がやってきています。 心配ですが、この台風が通り過ぎるのをじっと待つしかありません。 さて、台風対策に合わせて収穫を済ませました。 山田ガーデンのマスカットです。 昨年はたった1房だけの収穫でしたが、それでも初めて実がなったので、…

今度こそ 台風対策

二度同じ間違いを起こさないように、きっちりやりました。 台風対策です。 前回より大型ということは、前回以上の被害が出る。 近所でも風で倒れないよう、ルドベキア タカオをビニル紐で固定しているお宅がありましたよ。 みんな心配ですよね… まず、昨日気…

球根を買いに行き、撃沈

来年の春のために、インターネットで球根を検索していたら、無性にワクワクして興奮してしまった山田ガーデンです。 「まだ時期が早いから、後にしよう」とのんびり構えていると、素敵な春の球根はあっという間に売り切れてしまいます。 チューリップだけで…

さよなら バケツ稲

いよいよ学校も新学期が始まります。 1カ月前に学校から持ち帰ってきたバケツ稲。たくさん思い出がありますがお別れです。 この1カ月は、バケツの中の水がなくなれば足す、を繰り返してきました。5日に一度くらいの頻度でしたので、全く苦ではありません…

早朝作業

昨日夕方も雷雨で、庭には出られず。 南隣の市では記録的な豪雨となってしまいました。 台風の被害にあった植物たちを紐で誘引したり、根元を土でしっかり固めたり、いろいろ作業をしたいのです。 でも、今までより朝の出勤時間が1時間早まってしまい、もう…

台風が通り抜けた庭

会社に行きたくない…

育てやすい子、気難しい子

山田ガーデンのこぼれ種コリウスです。 今年は植えなかったのですが、昨年植えたもののこぼれ種から発芽した芽が、庭のあちこちで育っています。 手をかけなくとも育つ強い植物です。 しかし今現在、4.5号ポット、100円で買える位のサイズしかありません。寒…

マリーゴールド カウントダウン

待ちに待った開花が始まりました。 種から育てた、マリーゴールド キリマンジャロホワイト。 完全に開くまでのカウントダウンのスタートです。 大きいです。きっとマリーゴールドの中の王様です。 膝丈?そんなものじゃありません。 葉がわさわさしているの…

夏日のサルスベリ

とてつもない暑さの中、一足早いお墓参りへとお寺に行ってきました。 立派なサルスベリ このサルスベリの木を小さな頃から見ているからか、私にはサルスベリ=お寺のイメージ。 山田ガーデンの小さな鉢植えも、半世紀後にはこんなに立派になるのでしょうか。…

暑い…

1番花よりも一回り小さいけれど、再びたくさん咲き出しています。 クレマチス ミケリテ クレマチスの花弁は、6枚だったり4枚だったりと様々。5枚のものも。 なぜなのでしょうね。 サルスベリ鉢植えの小さな花。 暑い…

貴重な蕾

1週間前にぽつんと現れた蕾が、いつの間にか。 マリーゴールド キリマンジャロホワイト 横から見ると、花首がすらり。 日陰に置いたカーネーションからも蕾。 花が少なくなった庭の貴重な蕾たち。

強い子

昨日で3日連続の夕立がありました。さすが雷都と呼ばれるだけあります。 北部の連山で積乱雲が発生し、それが山田ガーデンの住む所へ下りてくるというわけです。 夏の風物詩ですので、私は好きですが、ただ災害になるほどに暴れられると困りものですね… つ…

柚の木

はてなアプリのシステム不具合が改善され、写真が自由に貼れるようになりました。 快適です。 山田ガーデンの柚の木は、植えてから30年ほどになります。 もうシンボルツリーのような位置付けの大きな木です。 今は亡き祖父が苗木を植え、実がなるまで15年。"…

雷雨を待つ

お化けアザミのカルドンはこんなに成長しています。 写真奥に見えるものと合わせて4芽。現在15cm程です。 山田ガーデンの庭の土は黒土なので、水分を保つのですが、ちょっと重い感じがします。 この場所はバーミキュライトと赤玉土を混ぜ混み、水捌けを良く…

葉が繁る

わさわさと葉を繁らせるマリーゴールドキリマンジャロホワイト。種から育てて、こんなに大きくなりました。これで4芽分です。現在、背丈が40~50cmもあります。こんなに大きくなるとは…通路手前に植えてしまったので、他の植物と高さが合わなくなってしまい…

怒りの仕立て直し

影がお化けのようジャングル?どうしようもなく伸びたモンステラプルメリアを小さく仕立て直したいと思った時、ふとこの存在を思い出しました。そう言えば、もうひとつ南国みたいな父母の植物がいたなぁ、と。ひどい有り様なので、手始めにこのモンステラか…

命が繋がる

採り蒔きしておいたオダマキの芽が出てきました。これはノゲイトウとてつもない数の芽が、毎年出てきます。更に種も採取してあります。どうしましょう…遅くまで咲かせていた鉢植えのビオラからも、種が落ちていたみたいこんなに暑い日が続いているのに、植物…

男の植物

女性的な植物。男性的な植物。フランス語に男性名詞・女性名詞があるように、植物にもそんな分け方がなんとなくあるような気がしています。(フランス語は関係ないか…女性の身につけるスカートが男性名詞だったりする)小さな花がたくさん咲いたり、ひらひらし…

我が家のハワイ

背伸びして腕を伸ばし撮った、渾身の1枚。プルメリアとっても良い香りがするのです。ハワイでもプルメリアのレイは高級な位置づけらしいです。2m越えていますので、脚立を用意しなくては香りを楽しめなくなってしまいました。冬越しができないので、秋にな…

グリーンが好き

去年頂き物の寄せ植えの中に入っていた、このフィカス プミラ。単体で植え替えたら大きく立派になりました。花が咲かなくても、斑入りのグリーンが涼しげ。決して珍しい植物ではないですが、気に入っています。カサカサした葉触りも不思議です。よく見かける…

久々の晴れ間

7月に入ってから曇り空が続き、肌寒いくらいの気温があったりと、初夏らしからぬ日々が続きました。太陽が出るのは1週間ぶりです。サルビア プラム大きくなって花穂に色がつきました。山田ガーデンの好きなバーガンディー色です。よかった、なんとか夏に間…

ムクゲが夏を告げる

県の緑化運動だったか、県民の日プレゼントだったか忘れてしまいましたが、県庁で苗木を無料配布することを知り、母がいそいそと出掛けて行ってもらってきたのがこの苗木でした。正直、嫌だなぁと思いました。ちょっぴり"昭和の香り"がするからです。もっと…

耕す

朝8時過ぎから、雑草と化したグレコマを引き抜き、1区画植物を植えられる状態にしました。1時間で汗が額から滴ります…ロシアンオリーブの足元辺り、タタミ約一畳ほどです。ロシアンオリーブを剪定したので、今まで使おうとしなかった土の部分が現れました…

チョココスの悩み

種から育てたクリーピングタイムを植え付けました。アブラハムダービーの蕾もきれいに開きました。いい天気だった昨日の朝のことです。花弁の中に潜り込んで、花粉を集めている蜂さん。よく見ると足に花粉団子を付けています。自然の生き物が活動場所に我が…

季節が変わる

カレンジュラの花も、そろそろ終盤を迎えようとしています。うどん粉病が出てきたし、花も小さくなりました。ヒューケラ キャラメルとコキアに埋もれながらも懸命に咲いています。今までありがとう、また寒い時期に会いましょうね。ジギタリス イルミネーシ…

われも恋う

学生の頃、学校の図書館で読んだ、堀田あけみの"われも恋う"。花屋に勤める男の子が主人公の恋愛小説です。内容はすっかり忘れましたが、そのタイトルである"われも恋う"=ワレモコウがずっと気になっていて、山田ガーデンを作る際に真っ先に植え付けました…

カルドンの現在

お化けアザミのカルドンは、現在こんな具合に成長しています。ビニールポットから平べったい盆栽用の鉢に移植してみました。これならポットが風に飛ばされる心配もありません。最初からこの鉢に種を蒔けばよかった…他にも幾つかのポットの小苗は、すでに庭に…

定植

マリーゴールド キリマンジャロホワイトのベビー苗、そろそろポットから庭に下ろしましょう。大きく育ってポットでは窮屈になってきましたもの。本来は本葉が2~3枚出た頃がいいようですが、他にも蒔きたい種がスタンバイしていますので、ちょっと早目に定…

アジサイのない庭

皆さまのブログで拝見する素敵なアジサイを、とても楽しみにしています。山田ガーデンにはアジサイがないのです。以前の庭には植えてありましたが、私の苦手なナメクジやかたつむりがアジサイにはつきもの。どんなアジサイのイラストにも、必ずかたつむりが…

最強ベビー

種蒔きしたマリーゴールドには、本葉が出てきました。赤ちゃんの葉から、いよいよ戦闘開始的な勢いを感じます。どんどん大きくなって、山田母さんは嬉しい限りです。そして巨大アザミのカルドン。先日強風に吹き飛ばされ、拾い集めた種のひとつが発芽しまし…

みんな飛ばされた

強い風が吹き続けた昨日。朝はすがすがしい青空だったのに。お昼頃には徐々に風が強くなり、夕方仕事から帰宅する時には、自転車が進まないくらいの強風でした。種を蒔いたばかりの連結ポットは、無惨にも風に飛ばされ、山田ガーデンの隅っこに片付けられて…

ベビー苗たち

出てきましたもう、とってもかわいらしい!毎日眺めるのが楽しみで仕方ありません。しかし、こぼれ種はもう咲き始めようとしていますたくましい!ルッコラは、太陽に当てると葉が固くなってしまうので、しばらくしたら半日陰に移動して、おいしく大きくなっ…

巨大アザミ カルドンの種蒔き

勢いづいた時に一気にやります。夏の植物の種蒔き、続きます。本日はこちらです。お化けアザミのカルドン詳しくはよく分からないのですが、イタリアでは食用のものがあるようです。アザミなのでアーティチョークの仲間ですね。20cmもある巨大な紫色のアザミ…

蒔き、蒔き、蒔き

夏の植物の準備を少しずつ進めています。二週間くらい前に連結ポットに蒔いた初雪草、ひとつも芽が出ません(苦笑)それと、バーガンディー色のサルビア。こちらはチラホラと出てきましたが細くて心配になります。こちらは3月に蒔いてポットで育成中。左から…

父の植物

ベニウツギが満開です山田家の玄関前にあるこのベニウツギ、超特大の鉢に植わっています。引きで写真を撮ると、ご近所さんが写り込んでしまうので、アップで失礼します。引越しの時に、父母が苦労して庭から掘り起こした、と言っていますが、昔の庭のどこに…

雨の庭

本日は雨。週末しか開いている姿を見ることが出来ないガザニア。朝の光では、まだ開かないのです。咲いている姿を見ると、「なんだ、この花は?」と一瞬考えてしまいます。土佐水木葉の表面がかさかさしているので、雨粒が乗りますルイ14世レモンの香り強く…