読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山田ガーデン

庭から、学ぼう。

おばあちゃんとクレマ

薄紫色の大輪クレマチス。しべはクリーム色。
品種はわかりませんが、今でもよく似たクレマを見かけると、何とも言えない複雑な気持ちになります。


子供の頃、クレマチスとテッセンの違いが判らなかった。
母はクレマチス、おばあちゃんはテッセンと呼んでいました。
当時住んでいた家の庭は日当たりが悪く、そのクレマも日陰に植えられていました。それでも花が咲くと、おばあちゃんは喜んでいた記憶があります。

働き者だったおばあちゃんは、ヤクルトを自転車で配達する仕事をしていて、それもあって、あちこちにたくさんの知り合いがいました。
家に茶飲み友達を連れてくるので、小学生だった私はリンゴをむいたりしておもてなしをし、あらぁ偉いわね~などと誉められていたものでした。


いつからか、おばあちゃんは仕事中にお釣りをよく間違えるようになりました。
配達を忘れてしまったり、違う商品を届けてしまうことも多くなりました。


認知症のはじまりでした。


庭のクレマはいつの間にか姿を見せなくなりました。



f:id:y-garden:20160330205827j:image




おばあちゃん、クレマのつるがこんなにも細いものだったなんて、私知らなかったよ。