山田ガーデン

庭から、学ぼう。

フランス王の蕾

山田ガーデンのバラ、今年一番に蕾をつけたのはチャイナローズのルイ14世
またお天気が崩れるようなので、一度消毒をしておこうかと昨日見回っていたところ、見つけました!
この竹串のような細い枝に、栄養をたっぷり蓄えているんですって。


f:id:y-garden:20160414070442j:image



だから、冬支度もいらない。
栄養たっぷりだから、寒くても葉が落ちない。冬の剪定もいらない。
知らずに冬に全て葉をむしり取ってしまったのですが、それが"栄養たっぷり"をこの目で知るきっかけとなりました。



f:id:y-garden:20160414065735j:image



やっと株全体の芽が展開し始めたばかりで、葉も赤みが強く、まだまだ赤ちゃんの葉っぱが多いです。
そうです。小さな赤ちゃんの葉を広げながら、同時に蕾をつけているんです。
これってすごいこと!


決して目立つ品種ではないかも知れない。
けれど、細い枝先に一年中絶え間なく蕾をつけるあなたは、私にたくさんのことを教えてくれます。

私達は100年も前からこうして生きてきたの。
自然のままにいればいいのよ、って。