山田ガーデン

庭から、学ぼう。

縄ばしご


クレマチス ミケリテのつるの伸びが一段落しました。
私の身長と同じくらいまで伸びましたよ。

f:id:y-garden:20160502071930j:image
f:id:y-garden:20160502071940j:image
f:id:y-garden:20160502072016j:image
f:id:y-garden:20160502072034j:image
   
鉢も入れて、約150cm超え。
ただ、つるをきれいに絡ませようと毎朝誘導してきた結果、なんだか縄ばしごのようになってしまいました(笑)いや、あみだくじかも(笑)
ある程度は自然に任せたほうが宜しいようで…一番花が終わって剪定したら、誘導し過ぎないようにしようと思います。
ミケリテは新しく伸びた枝に花が咲く"新枝咲き"なので、花が終わったらバッサリ剪定することができます。


f:id:y-garden:20160430223515j:image

反対に、"旧枝咲き"もあります。こちらは剪定すると花がつきません。古い枝からつるが伸びて花を咲かせるからです。
庭にクレマチスを迎える際には、こんなことにも注目してくださいね。


つるで絡まる植物には様々な種類がありますが、クレマチスの巻き付き方はユニークで感心させられます。
朝顔みたいなものでしょ?
いえいえ、とんでもございません。
えっ?そこで巻き付きますか!?という部分からくるり、と。これはつるではなく、触手と呼ぶに相応しい。

育てて初めて知る、植物の不思議です。


f:id:y-garden:20160503065910j:image