読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山田ガーデン

庭から、学ぼう。

みっちゃんはノックアウトが好き

本日は再び、バラの講習会へ参加してきました。
昨年も参加した会場である園芸店まで、片道2時間。遠いので朝7時半には家を出発です。
着いた頃には真夏のような暑さ!

f:id:y-garden:20160611161420j:image

本日の講師は、京成バラ園の元ヘッドガーデナーを務めていた鈴木満男さんです。
現在は、村上敏さんがヘッドガーデナーを担当していらっしゃいます。




f:id:y-garden:20160611162632j:image

我が家では、鈴木満男さんのことを勝手に「みっちゃん」と呼ばせていただいています(笑)
年配の方からの数々の質問をバッサリと斬るその口調に、すっかりファンになってしまいました。
「そんなこと、やらなくていいんですよ!」なんて平気で言いますから、聞いていて爽快です(笑)

バラの黒点病やうどん粉病に悩まないよう、病気に強くて土地の気候に合った品種を育てなさい、と彼は一貫して言い続けています。
どうしても「私になら育てられる!」と勘違いしがちですが~、と。
しっかり消毒しろ、とも言いません。
消毒のいらない品種を選べと言います。
そんな彼の考えに私は同感ですし、それによって"バラ栽培は難しい"という初心者を遠ざけるような呪縛が解ける気がするのです。


f:id:y-garden:20160611194554j:image
つるラ・フランスかな?


みっちゃんのお気に入りはノックアウトという品種のアメリカ作出のバラです。
必ずこのバラを例えに出し、話は進んで行きます。
バラ栽培の初心者にはピッタリの品種で、様々な兄弟もいるので、楽しんで選んでくださいとおっしゃっていました。

講習会の最後に、新苗がプレゼントされるじゃんけん大会がありました。
山田ガーデン、あと一歩のところでビブ・ラ・マリエの苗を逃がしました…


f:id:y-garden:20160611200907j:image
ブラッシュノアゼットのオベリスクツリー仕立てがかわいらしかったです