読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山田ガーデン

庭から、学ぼう。

7月のバラ


バラ センチメンタルの1番花のステム(花茎)を、何気なく土に差しておいていました。
根が出たら嬉しいな、くらいの軽い気持ちで差したので、メネデール無し、土も庭を掘って集めたものです。
これで、成功しちゃったみたい!

f:id:y-garden:20160705082349j:image
ビギナーズラック!


HTブラックティーのサイドシュートが鋭く伸び出しています。
切り花品種だけに、真っ直ぐ過ぎるくらいのシュート。
蕾がついていますが、この気温で美しく咲くことはないでしょうし、枝を充実させたいので、摘み取ります。

f:id:y-garden:20160704115145j:image
f:id:y-garden:20160704115427j:image
7月4日

f:id:y-garden:20160705093031j:image
7月5日
一晩で次の蕾が現れたので、再ピンチしました。



f:id:y-garden:20160704134046j:image
f:id:y-garden:20160705083030j:image
暑くなると毎年葉を落としてしまいます。
鉢を日陰に移動しても駄目。古株なので仕方がないのだと思うようにしています。
暑さが過ぎれば、また新芽を出すはずです。


f:id:y-garden:20160705084147j:image
f:id:y-garden:20160705084126j:image
ブラッシュノアゼット
やっとひとつ開きました。
無病で葉を落とすことなく、次々と蕾をつけます。
シュートが伸びてきたな、と思うとすぐに蕾がつく感じです。
どうしてもかわいらしい花が見たくて蕾をそのままにしているのですが、腐って開かないことも多いので、カットする決断も重要ですね。

咲き終われば潔く切れるけれど、咲こうとしているものを切るのは気持ち的に難しい。
これからの努力項目のひとつです。