山田ガーデン

庭から、学ぼう。

亡き人を想う


f:id:y-garden:20160814202255j:image

久しぶりのアブラハムダービー

小さな小さな花です。 

 

先日お線香をあげに、叔父の家へお邪魔してきました。

「あの子は不器用でとても心配だ」と私のことを言ってくれていた叔母が亡くなって、ずいぶん経ちました。

奇しくも叔母の趣味はガーデニングでした。

 

庭にある朽ちたパーゴラやウッドデッキ。

作って欲しいと叔母に頼まれ、全て叔父が手作りしたものだと初めて知りました。

「全部壊してきれいにしなきゃならないから大変なんだよ」

叔父は笑ってそう言っていました。

 

形ある思い出を壊すって、どんな気持ちなんだろうか。

 

私は今回、思いました。

叔母が今の私に、この道を引いてくれたのではないか、と。

(私は物事を重く考えてしまうふしがあるのでね。)

 


f:id:y-garden:20160814210020j:image

朝起きると、王様が開花していました。

蕾を摘もうか悩んでいたのに。

花弁が少ないからか、あっという間に開花します。全体的に何もかもが早い印象です。

 

亡くなった人を想う、想いすぎる程に想う。

歳を重ねる毎に、それは強くなっている気がします。