山田ガーデン

庭から、学ぼう。

秋への準備

 

台風が過ぎてからというもの、天気はかなり不安定。夜中に激しい雷雨がやってきて眠れなかったので、音楽を聴きながらしばらくの間稲光を眺めていたら、すっかり寝不足です。

 

 

寝静まった町の空に光る稲光。どうしようもない自然の大きな威力…そして藤原基央の胸に刺さる声。

 ちょっと不思議な時間でした。

お陰で庭の水やりは心配がなくなりました。

 

少し早いかも知れませんが、ハイブリッド(木立性)のバラのみ、軽く剪定をしました。

全ての枝にハサミを入れて、秋咲きに向けての処理です。伸び過ぎた枝を約15cmカットして、蕾をつける時期をコントロールします。

 
f:id:y-garden:20160819013003j:image

ブラッシュ ノアゼット 

元気に伸びてブッシュらしい姿になってきました。この苗にはハサミを入れずにこのままで。

病気知らずで葉もきれいです。

 

 
f:id:y-garden:20160819091631j:image

アブラハムダービーはいつも咲いている

よくもまぁ、こんな細いステムで、こんなにボリュームのある花を咲かせられるものだと感心してしまいます(だからうなだれてしまうのだけれど) 。

夏でも蕾を付けるスピードが全く落ちないのは素晴らしい!

いつも花がら切りをしているので、ダービーもこのままにしておきます。

 


f:id:y-garden:20160819091714j:image

シャンテ・ロゼ・ミサトの大きな蕾

これも切るのはやめにしよう…

地植えにしてから出たベーサルシュートも1mを越えて元気です。

久しぶりにあの赤い蕾に会えるかと思うとワクワクします。