山田ガーデン

庭から、学ぼう。

ホトトギスの気持ち

 

まだまだ暑さの厳しい庭で、小さい秋を見つけました。


f:id:y-garden:20160819165723j:image

秋の花 大好きなホトトギスが1輪だけ開花していました。

 

この花弁の模様と株全体の雰囲気が、"地味なおばあちゃんの花"というイメージを植え付けて。

私が小さい頃、庭に植えてありましたが、好きでも何でもない植物でした。

 

そのイメージが一変したのは、何気なく読み返した園芸雑誌の1ページでした。

「私はホトトギスです。」で始まるこの文章に、ホトトギスの気持ちが全て詰まっていました。 


f:id:y-garden:20160819210552j:image

 趣味のガーデニング 2006秋号

 

主は、田舎でひとり暮らしをしているおばあさん。私のことを地味で愛想のない花だと言います。

でも頑張って咲いたらおばあさんは、綺麗ね、と誉めてくれた後、私も頑張ろうと呟きました。

私はちょっと嬉しくなりました。

来年もまた次の年も、たくさん花を咲かせようと思う次第であります。

 

 

 

無性にホトトギスと再会したくなって園芸店へ探しに行くと、雰囲気のある山野草コーナーに並んでいました。

今は格上げされているのかな? 


f:id:y-garden:20160820102056j:image
 

地味だなんてごめんなさい。

きっと目に留めてもらえる日を、じっと待っていたのかも知れないね。