山田ガーデン

庭から、学ぼう。

新雪 秋のシュート

 

「落ち込んでいる間に、シュートはどんどん伸びてゆく」


f:id:y-garden:20160921182624j:image

すごい…

超元気なつるバラ新雪のサイドシュート

この元気、あやかりたい。

 

シュートとはバラ用語でして、超立派な脇芽のこと。脇芽と言っていいのかしら?

主の枝や根元から出る、その株の主枝。来年花を咲かせる大切な太い枝になります。

株の根元から、時には土の中からにょきにょき出るのがベーサルシュート。

枝の中ほどからにょきにょき出るのがサイドシュートと呼びます。

花がらを剪定した後に葉の付け根から出る芽とは違い、どこから出るか分からない恐ろしさもあり、

「ヤバイ、こんなところから出てきちゃった!」ということもしばしばです。

 

 

山田ガーデンに植えてある強健な新雪は、サイドシュートもベーサルシュートも区別できないほど極太。左脇に写る園芸用の棒と比べれば一目瞭然ですね。

誘引するスペースもあまりないし、にょきにょき伸ばし続けてもなぁ…

さて、これらをどうしましょうね…

 

一晩、布団の中で考えました。


f:id:y-garden:20160922064035j:image

奥のシュートは、今後伸びてゆくと出窓にぶつかり、どうしようもないのでピンチします。

ピンチ=切る、ということです。

手でポキッと折ります。若い芽は気持ちがいいほどポキッと折れますのでお試しあれ。

 

この作業で、一本だけ鞭のように伸び続けることはなくなります。ピンチをした下から、落ち着いた太さの枝が出てくるはずです。

もう1本、手前のシュートは、もう少し伸ばしてから同じようにピンチをすることにします。

 

 

明日は土曜日。天気はぱっとしないようですが、庭作業できるかしら?