読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山田ガーデン

庭から、学ぼう。

自由に大きく クリスマスローズ

宿根草・多年草

 

10月はクリスマスローズを地植えにするには良い時期なんだそうですよ。

普通の植物と生育が真逆のクリスマスローズは、これから寒くなるにつれてが活動時期です。

不思議な植物ですねぇ…


f:id:y-garden:20160924092510j:image

今年で3年目の株です

 

 

1年目は花が咲けないほどの小さなビニルポット苗でした。

2年目である昨年、株も大きくなり、初めての花が咲きました。クリスマスローズを育てたことがなかったので、花芽が根元に出ていることすらわかっていませんでした(笑)

また葉っぱが出るなぁ~くらいに思っていました(笑)

 

鉢植えは、好きな所にいつでも移動できる気楽さがありますが、今年は全て地植えにします。


f:id:y-garden:20160923175905j:image

趣味のガーデニング 2006年秋号

地植えにすると、こんなにボリュームが出るんですって! 

 

 

寒くなると、なぜクリスマスローズが持て囃されるのか。それは育ててみて初めて解ること。

パンジー・ビオラ・葉ボタン一色になってしまう冬の庭に、彩りを添えてくれる貴重な存在なのです。

野性味のある立ち姿は、パンジー・ビオラでは決して出せない、独特な雰囲気を漂わせます。

 

雑誌の写真のように大株になるには、まだまだ時間がかかるでしょう。

何年かかってもいいのです。

それが庭作りを楽しむってことだから。

 

 

ということで昨日、ホームセンターへ腐葉土やらの買い出しに出掛けました。

クリスマスローズの苗も並んでいましたが、小さい。多肉植物が植えてあるような小さな小さなポットに、今年発芽した芽なのでしょうね。開花まで2年はかかりそうなサイズでした。

ダブル咲きは800円。とても手が出ませんね。

                               

 

そうしているうちにポツポツと雨が…

植え付け作業は来週に延期です。無念。