読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山田ガーデン

庭から、学ぼう。

山田流 お金をかけずに庭作り

 

ガーデニングはお金がかかる。

だって、季節ごとに売っている花を植え替えなきゃならないでしょ。

そう思っている方がいるかも知れません。

 

実はそれ、一番大変で、一番お金のかかる庭作りなのですよ。

 

山田ガーデンは、庭のために毎月遣えるお金は多くありません。育ち盛りの子供達にもお金がかかるし、愛車はおんぼろで修理費もかかる。

出来るだけお金をかけずに、素敵な庭を作りたいと思っています。

ではどうするか。あれこれ工夫するわけです。

 

①まずは宿根草を。

読んで字のごとく、根っこが宿る=何年も枯れることなく楽しめる植物を植えます。

冬には上部が枯れてなくなりますが、春の芽吹きは最高に嬉しいもの。


f:id:y-garden:20161121001638j:image
アジュガ  レプタンス

冬でも葉が残り、放任で花が咲きます。
 

 

一年草は、ちょっとだけ。

季節ごとに園芸店に並ぶ一年草は、寿命が短いので、宿根草の間にポイントで植えたり、鉢で楽しみます。

大量に一年草を植えてしまうと、一斉に寿命が来た時に抜き取る作業が膨大になってしまい大変です。

また、一年草を抜いたスペースが寂しくなるからと別の一年草を大量買いすることで、お金もかかってしまいます。



f:id:y-garden:20161121001715j:image
先日作った寄せ植えは…

パンジー  ¥120 × 2株=¥240

ワイヤープランツ  ¥300

合計¥540でした。

 

パンジーは一年草ですが、ワイヤープランツ宿根草。来春パンジーに寿命がきても、ワイヤープランツは別の寄せ植えを作る時に、再び活躍してくれます!

 

 

③お値下げ苗を有効に。

花が咲き終わった苗や、しばらく店頭に置いていて売れなかった値下げ品もの …

見た目は寂しく思えますが、よく考えてみて。まだ生きているんです。

これは宿根草に限ってのお話ですが、花が咲き終わっていても、またいつか咲く日が来るわけです。

小さなビニルポットから広い花壇へ植えた途端にのびのびと成長するものもよくあります。"根詰まり"というヤツですね。

タグを見て、植えてみたかった品種だったら即買いです。



f:id:y-garden:20161121001742j:image

このホトトギスは、花が終わった状態で¥100でした!

山田ガーデンに植えて2回目の秋を迎えました。

 

庭は時間をかけてゆっくりと作ってゆくものだと、私は考えています。

宿根草は大株になるまで時間がかかります。

でも時間をかけなければ出ない"味"がある。これは一年草だけでは決して出せないものなのです。

 

山田ガーデン流の庭作り。

他にも種蒔きや挿し木など、書きたいことはありますが、またの機会に。