読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山田ガーデン

庭から、学ぼう。

バラの植え替え~番外編

 

昨夜は季節外れの大雨。

寒くはないので、今朝は霧で真っ白です。 気をつけて通勤しなきゃね。

 

 

先日、山田ガーデンのすべての鉢バラを植え替えたことを記事にしました。

その時にちょっと嬉しかったものを番外編として書いておきます。

その前に、来年は11月の霜が降りない頃に植え替えるのが望ましい、ということも忘れずに書いておきます。 

 

 

まずはデンマーク ローズフォーエバー社のインフィニティローズ。

ミニバラよりも一回り大きなサイズのバラです。園芸店では、ミニバラコーナーに一緒に置かれていたりしますが、真っ直ぐ枝が伸びてかなり大きくなります。



f:id:y-garden:20161219185044j:image
7月29日の様子
 

根については全く期待していなかった。水やりもサボり気味で、バラと言うより、その他植物のひとつくらいにしか考えていませんでしたから。

鉢から抜く時も、土が乾いていて簡単に抜ける感触だったので、こりゃマズイかも…と。

 

 
f:id:y-garden:20161219150937j:image

ところがなんと!

白根がそこそこあって、結構いい具合。

ということは、他の鉢バラは水のやり過ぎだったのかしら?と思うほど。

根を洗い、同じ鉢に植え付けし、水をたっぷりと与えたら、鉢の重さが倍になりました(笑)

ミニバラのように4株まとめて1鉢となっているので、そろそろ株を分けた方がいいような気がします。

 


f:id:y-garden:20161219153318j:image
 

 

そしてお次は、何となく挿し木しておいた絞りのセンチメンタル。


f:id:y-garden:20161219152543j:image

ちゃんと根が出ていました!

ビニルポットから、プラスチック小ポットへ格上げです。嬉しい~


f:id:y-garden:20161219152927j:image

 

 

やっぱりバラは面白い。奥深いです。

虫との格闘、病気、植え替え、剪定…やらなきゃいけないことがたくさんあって、その時々は大変だけれども、反面、手を掛けただけの成果が判りやすいから。

手の掛け方がダメなこともあるのは、ちょっと脇に置いておいてね(笑)

 

 

バラは存在感が大きいので、どうしても庭では中心的な位置付けになってしまいます。

山田ガーデンは、バラを中心とした庭作りをしたいとは思っていなくて、他の植物の中にバラがある、そんな庭作りをしていく筈だったのに、鉢の数は増える一方。

あんなこんな派手なバラを5月の開花時期にどう調和させてまとめていくか、がこれからの向かうところとなりそうです。

ちなみに、今年選んだバラは地味目にしてみました(笑)