読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山田ガーデン

庭から、学ぼう。

たかが断捨離、されど断捨離

その他

 

良いと思って庭に植えてみたものの、想像していた通りにならず、なんだか庭に合わない。ハッキリ言うと「いらない植物」。皆様のお庭にはありますか?

山田ガーデンにもある…かな。引越し時に移植したものの、花があまりつかないシャクナゲの木が。


f:id:y-garden:20170121102349j:image
 

 

不必要な物を整理し、自分の本当に好きなものだけに囲まれたミニマリスト生活。とても興味があります。

しかし、それが庭の植物となると簡単にはいかない。なぜなら命があるからです。

 

抜いてゴミ袋に入れるのは簡単です。

でもその前にちょっと考えてみませんか?

その花苗、欲しいと思って買ったのではないの?

 

うーん、この辺りの話は非常にグレーな部分。

ガーデナーによって考え方は様々だと思いますし、様々で良いと思っています。

悩んで悩んで、本当は触れたくないけれど、私の考えを書くことにします。

 

山田ガーデンに植えるからには、庭の一員として、他の植物とうまく調和して欲しい。いつか寿命が来るまで一員でいて欲しい。だから私は衝動買いはしません。

とにかく下調べをします。花の色、背丈はどのくらいになるか、冬越しはできるか、そして山田ガーデンに植えるとしたら、どの植物の隣にどのように植え込むか…

そして、植えてみたい植物名を頭の片隅に入れておく。いつか偶然園芸店で出会えたら、迷うことなく連れて帰ることができます。

 

庭に植える前に、まず考える。

これが大切です。

宿根草であれば尚更です。

 

では、売り場で一目惚れをしてしまったら?

どうしても庭に欲しければ、一晩経っても欲しいと思うもの。ちょっと頭を冷やして、冷静になる時間が必要です。

 

 

欲しい方に差し上げる、という手もありますが、手放したいタイミングで欲しい人が現れるかどうかは…?これはなかなか難しい。

 

では、庭に合わない植物を処分せずに、こういった使い方はどうでしょうか。

鉢に植え替えて、玄関先などで単体だけで楽しむ。

または、隣に別の植物を植え込み、その引き立て役に徹してもらう。花が好きでなければ、刈り込みを強めにして花数を少なくさせる方法もあります。

 

植えてみたものの、やっぱりいらないから抜いて捨てる。 それには罪悪感と切ない気持ちがついて回ります。

犬や猫ならこんなことはできませんよね。

でも植物ならできるんだ…なんだか悔しいよ。

庭に合わないかもしれない植物は、買わない。それが理想的だと思います。園芸農家や園芸店の売上の話は置いておいても。

 

 

花が咲く度に、思い出すことがあったりもします。

あのガーデナーさんに教えてもらって植えたんだよな、とか、去年はあの人がキレイだと褒めてくれて嬉しかったな、と。

植物の裏にある思い出は、ゴミ袋には入れたくない。

 

庭に合わない植物がいるなら、それを逆手にとって、何がなんでも上手く組み合わせてみせる!そんなチャレンジ精神を持っていたいと思う山田ガーデンでした。