読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山田ガーデン

庭から、学ぼう。

バラの話が久しぶりになった理由

 

 
f:id:y-garden:20170404205615j:image

3月25日の様子



f:id:y-garden:20170404205808j:image
枯れ枝をカットしてスッキリ

 

 

ワレモコウが始動しています。

今年はウドン粉病にならないで欲しい…

背が高くなりすぎると倒れてしまうので、肥料はあげていません。

ワレモコウはバラ科の植物なので、ウドン粉病になりやすいのでしょうね。

 

 

チッ素が多く含まれる肥料を与えると、ウドン粉病になりやすいと言われています。

それが本当なのか確かめたくて、今年からバラの肥料に"バットグアノ"を使い始めました。

BAT=つまりコウモリの糞から作られた、100%天然有機リン酸肥料なのです。

昆虫を主食とした栄養価が非常に高い糞を、洞窟から集めて高温処理して作るそうです。(パッケージ文より)

バナナの皮の栄養価に興味津々な山田ガーデン。同じリン酸ということで、バットグアノを使ってみたくて、ホームセンターで購入しました。

匂いが全くありません。粒状で使いやすく、しかもなぜか価格が激安!

効果を見る前からべた褒めですな(笑)

足りない栄養素は油かすや液肥で補うとしましょう。

 

 

 


f:id:y-garden:20170408100131j:image 

 

しかし、今年なぜだかわからないけれど、芽吹いてきたバラに対して踊るような気持ちが湧かなかった。

バラを含めた山田ガーデン全体像を考えるようになって、バラ単体よりもバラに合う植物をあれこれ考えることの方が多くなりました。

嫌いになったわけじゃないのですよ。

 


f:id:y-garden:20170408100237j:image

 

写真を撮るためにそれぞれの鉢のバラを見ていて、やっぱり嬉しかった。嬉しいという気持ちが湧いてきたことに安堵したという感じです。

 

今年もゴールデンウィークにはダブルデライトが1番に咲いてくれるのを心待ちにしているし、カフェもバレリーナも成長が楽しみ。

 

やっぱり、バラは素敵です。