山田ガーデン

庭から、学ぼう。

オリーブがやってくる

 

オリーブの木、もらってくれない?」

 

ご近所さんから提案されたのはおとといのこと。

"ご近所さん"とは、スタンダード仕立てのピエール ド ロンサールを作り上げた伝説のオバちゃん。あれからも工具をお借りしたり、発芽した苗の交換をしたりと、お付き合いは続いています。

以前はお隣さんでもさほどお話することはなかったのですが、区画整理の引越しを期に不思議とお喋りする機会が増えたのは、庭の様子がよく見える距離までお互いの家が離れたからでしょう。

そんなご近所さんのお宅の駐車場を拡げるため、オリーブの木を処分しなくてはならなくなり、山田ガーデンにお声を掛けて下さいました。

もちろん鉢物ではありません。3mはあるでしょう。

返事の猶予は3日間。

植える場所は決めました。

この機会に他の植物の移植も考えているので、ちょっと大掛かりな楽しい作業になりそうです。

 

 


f:id:y-garden:20170616065614j:image

こぼれ種から発芽したラークスパー。美しい1輪のコバルトブルー。

 

 


f:id:y-garden:20170616065656j:image
f:id:y-garden:20170616065707j:image

英名 : red currant : 房スグリ

キレイでしょう?今年は豊作です。きっと春先に実のつかない枝を切り落としたから。

せっかく実がなっても、奥まった場所にあるため収穫しにくいのが悩み。結構場所をとるのですよね、横に広がるから。

明日の朝、収穫しよう。

良い天気になりますように。