山田ガーデン

庭から、学ぼう。

最悪のオリーブ移植作業

 

とうとうこの日がやってきました。

話があってからこの日までが早かった…頭をフル回転して、庭のことばかり考えていました。いつものことだけど。

ある意味幸せな、濃い数日間だったと思います。


f:id:y-garden:20170618115548j:image

 

植える場所は山田ガーデンの北側。

その外側は売り地になっており、何もないので、勢いよく風が庭を吹き抜けて困っていました。

 


f:id:y-garden:20170618144917j:image

朝から掘りました。

掘っても掘っても砂利。おまけに向かいに住んでいる子供たちが邪魔をする…カレンジュラ、踏みつけられる。言ってもきかない。山田ガーデン父が一喝。

もう頼むから自分の家の庭を掘って遊んでくれ。

しかも、オリーブを掘り出す作業を仕切ったのも父。

記事の文面から、嫌な雰囲気が漂っていることでしょう。

そう、結果はお解りですね。最悪なことに太い根が切れてしまったのです。そして写真のように枝を切り落とさなくてはならなくなりました。

ジューンベリーは植える場所がないため、遠慮させてもらいました。

 

想像とはかけ離れた移植作業となってしまいました。

こんなに刈り込んだオリーブなんて欲しくなかったし。私にさせてくれた作業なんてなにひとつなかったもの。

もっと丁寧にやれば、こんなことにはならなかったでしょう。

これじゃあ根付くかどうかもわからないわ…

 

 

時間が経つに連れて、モヤモヤした気持ちが晴れてきました。

力仕事だから大変だろうと、父は率先して作業してくれたのだから、悪くは言えません。

それに、父は執念で根付かせる!と言っています。

私は、根付かなかったら執念でお金を出して、また植えます!(笑) 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする