山田ガーデン

庭から、学ぼう。

カンナの存在感

 

山田ガーデンには、未だに手をつけていない、なんとなく植栽が進まないスペースがあります。そうです、デッドスペースはまだあるのです。

縦横1m四方の北向き。奥にはわさわさとホトトギスが茂る。奥行きが1mもあると、もちろん奥に植えたものには手が届かないので、足を一歩二歩と踏み入れることになります。それがなんだか嫌で。北側なので陽当たりもイマイチ、花ものは難しい… 


f:id:y-garden:20170802071127j:image

 

今年の梅雨の頃はとても暑い日が多くて、ふら~っと寄ったホームセンターでカンナの株を購入しました。

 

カッと強い夏の陽射しを受けて鎮座する神々しい姿、そして赤や黄色の派手な花。あのデッドスペースにどーんと植えたらカッコいいだろうなぁと考えました。暑さのせいです。

 

お釈迦様の力をねたんだ悪魔が釈迦に怪我をさせ、その時流れた血が土に染み込み、そこから生まれたのがカンナだという。だからカンナの花は血の様に赤いのだそうです。

何種類もあれこれ植えるのではなく、潔く1株。陽当たり?背が高くなれば、なんとかなるでしょ(笑)

ちょうど銅葉の苗があったのでそれをチョイスして、穴を堀り、ポンッと植栽完了。まぁなんて簡単なんでしょ。あら、湿ったところが好きなのね、このスペースはあなたにピッタリよ。

まずは150cm目指して上に上に伸びていきましょ!

 

 

ところが、植えてから2~3枚の葉を伸ばした後、あっさりと蕾をつけてしまったカンナ。

小さい。小さすぎる。これではイメージと違う。私が期待していたのは、デッドスペースにどーんと根を張る、夏の庭の中心となるような、見上げる程の大きな神々しい姿…

それが見下ろして写真が撮れるようなミニサイズだったなんて!

 


f:id:y-garden:20170804065113j:image

 

がらんと空いたままのデッドスペースに、ド派手な赤い花を咲かせるちびっこカンナ。

空は毎日曇り空。太陽なんて出やしない。

あぁカンナ、やっぱりあなたは大きいほうがいいみたい。