山田ガーデン

庭から、学ぼう。

ミカニア デンタータのハンギング

 

雨の日の園芸店ほど空いている場所はない。ましてやお盆期間中、鉢物を見に行く暇人は私くらいでしょうな。

 

冗談抜きで、太陽が出ない日が続いています。日中でも半袖Tシャツでは寒いくらい。なんでも都内では8月に入ってから昨日まで16日連続雨が降っており、これは40年ぶりの異常気象なのだそうです。

庭のバラたちは、涼しさから勢い良く新芽を伸ばして蕾を付けているのは嬉しいけれど、 オールドローズ黒点病やウドン粉病も同時に勢いづいてしまって、もうなんだかなぁ…

 

 

園芸店も夏花から秋花へと商品をシフトする抜け時期のようで、葉ものが多く並んでいました。 

そんな中で、一際目を惹くダークグリーン!紫色のつるが美しい植物が!

 
f:id:y-garden:20170816152810j:image

ミカニア デンタータ

 

ほふく性であまり寒さには強くないことから、ハンギングにしようと思い立ちました。

ハンギングなら垂れるつるを楽しめるし、寒くなった頃に内鉢のミカニアを室内に入れ、別の植物を入れ替えて飾ることができます。

山田ガーデン、ハンギングは初めてです。



f:id:y-garden:20170816154800j:image

ちょうど柚の木の枝下ろしをした切り口部分に、ハンギングを引っ掛けることができました。

おおぉ、今までとちょっと違ったことを取り入れると、見た目にも新鮮でいいですね。何度も庭を眺めたくなります。

しかし、土の入った内鉢はかなりの重さ。バーミキュライトにすりゃ良かった…

鎖が切れたりしないよね?大丈夫かしら。