山田ガーデン

庭から、学ぼう。

ガーデナーのイメージ

 

趣味のカテゴリーによって、不思議と似ている雰囲気の人が集まります。 

例えば、無印良品が好きな人だと、そのファッションを見ただけで分かる。無印感がすごく出ていたりする。手芸の好きな人は、ロングスカートを履いていることが多い、といったような。

イギリスが好きな人は、どことなくクラシカルで知的な雰囲気を持っていたり、オープンカー乗りはキャップを被ったオジサマをよく見かける気がします。だからオジサマのイメージ。

では、ガーデナーは一体どんなイメージで見られているのでしょうか?

 

今年の夏、山田ガーデンは生まれて初めて真っ赤なTシャツを買いました。

それにダメージジーンズ、ハイカットのスニーカーを合わせるのが定番スタイルです。夏はタイパンツ(タイの巻きズボン)を履くのも楽しみにしていたのですが、今年は暑くならないので出番なし。

そして私は不器用。手先は器用だけど、人付き合いが苦手。生き方に不器用とでも言えば解っていただけるでしょうか。

"嫌いな人・好きな人"というくくりすら作りたくないので、人とは群れません。

ウワサ話、女子トークなんて気持ち悪くて大嫌い。それでも必要な情報はちゃんと耳に入ってくるのだから、困ることなんてひとつもありません。

一匹狼ゆるゆるスタイルを貫いています。

 

私が持つガーデナーのイメージを平均年齢50歳くらいで考えてみます。まず社交的で、まっすぐ芯が通っていて、ハッキリものを言う。とっても早起き。家事はテキパキとこなし、そして案外、目が鋭い(笑)そして深めのつばの広い帽子を好むといったところでしょうか。

世間は「ガーデニング=やさしいふわふわ感」というイメージを持っていると思うけれど、私は真逆で。花を育てるには、思い切って切り戻しをしたり、虫を踏み潰したりしなきゃならないし、計画通りに庭を作り上げるには強い意志と行動力が必要だもの。

 


f:id:y-garden:20170826075137j:image

山田ガーデンには小さな小さなミサトが開花中。

 

 

皆様はいかが?私のイメージ通りでしたでしょうか?

え、私?社交的じゃないし家事嫌いだもん。おばあちゃんになってもゆるゆるスタイルで行くつもり(笑)