山田ガーデン

庭から、学ぼう。

ほどほどに

 

アブラハムダービーの鉢からコガネムシの幼虫がたくさん出てきた一件から、心がざわついて落ち着きません。

今すぐ点検しなきゃ、バラが枯れてしまうんじゃないか、と焦ってはいるけれど、雑用に追われて上手く時間がとれなかったり、逆に気持ちが上がって来なかったり。

"ほどほどに" が難しい性分なので、いつも自分で自分を苦しめてしまう。

 

 

プラ鉢に植えてあるスタンダード仕立てのピエール ド ロンサール。頭の重いスタンダード仕立ては倒れやすいので、空いたテラコッタ鉢に植え替えしました。 


f:id:y-garden:20171008102759j:image

プラ鉢からそっと抜いてサイズ合わせ。ぴったり。この後、縁の土を少しほぐしてみましたが、コガネムシの幼虫は出てきませんでした。

 

カフェの鉢は、底にナメクジがたくさん入り込んで越冬の準備をしていました。スリットをふさがないと、また侵入されちゃうでしょうね… コガネムシの幼虫は小さいものが2匹出てきました。

葉を全て落とし、とても弱っているカフェ。

新芽、動かず。次はどんなバラを迎え入れようか、なんておこがましくて言えません。

 


f:id:y-garden:20171010074331j:image 

ブラックティーは逆に新芽を元気よく出しています。白根もそこそこあり、こういう状態を見ると救われた気持ちになります。

朝6時半から穴を堀り、地植えにしました。

 


f:id:y-garden:20171010074353j:image

この辺りはもう少し改造するつもりです。

バラ鉢チェックは、残り2鉢!