山田ガーデン

庭から、学ぼう。

まるで釣竿~新雪

 

春に出た葉が紅葉し、ハラハラと落ち始めました。葉の養分が根に戻っている証拠。冬眠の合図です。

そろそろ、つるバラ 新雪の大仕事、やりますか。


f:id:y-garden:20171202072138j:image

このつるバラの誘引は本当に大変です。今年伸びたシュートを家の壁面に収めるには、流血覚悟で挑みます。


f:id:y-garden:20171202103330j:image 

もうね、麻紐が1年持たずと切れてしまうのです。つるが風に揺られて重みに耐えられないのでしょうね。

そのため、太いつるを誘引するにはゴムの被覆の付いた柔らかワイヤーで、重さがかからない枝先にだけ麻紐を使うことにしています。

しかしワイヤーを張るために壁面に使っているスッポンフックも、テンションがかかる部分は取れてしまっているという始末。火で炙って接着させるものも役に立たないなら、もうどうすりゃいいのよ。 

  

バラの本には "昨年縛った紐を全て解きます" と書いてありますが、誘引を全部外すなんてとても出来ません。太くて固い主枝がボキッといっちゃうもん。

古い枝と余計な枝を切り、空いた部分に伸びたシュートを固定していきます。

 
f:id:y-garden:20171202180840j:image

問題は南側に長く伸びたシュートをどう収めるか、です。この長さ…まるで釣竿のよう。

残す枝を決めて、他はバッサリ切りました。


f:id:y-garden:20171203103752j:image

今週はここまで。