山田ガーデン

庭から、学ぼう。

最後の蕾


f:id:y-garden:20171209115614j:image

新雪の最後の蕾がポツポツと開いています。

只今仮誘引中。いきなりつるを曲げることができないほどの硬さのため、曲げたい方向へ癖付けをしているところです。

本格的な誘引は、毎年年明けに行います。

春とは違った表情に驚かされる秋のバラ。

山田ガーデンは秋のバラの方が好きかも知れません。上手く咲かせられないけれど。

 



f:id:y-garden:20171210151304j:image

冷え込む空気の中で、ゆっくりと開き散る。

傷んだ姿さえ美しいなぁと思えるのは、見る側にセンチメンタルな感情がプラスされているからだけではないはず。

冷たい空気が花弁の色を変え、葉の色を変え、静かにしっとりと。

 


f:id:y-garden:20171210131542j:image 

昨日は太陽が出て良い天気だったので、山田ガーデンの "センチメンタルなバラ" を地植えにしました。

もう植える場所がない、と思っていても、実際は上手く使えていない場所が多いだけ。あれこれ掘り起こして移植すれば、まだまだいい場所はあるのだけれど、それがなかなかできないのです。

特にバラは陽当たりの良い場所に植えたいもの。敷地を囲む低いフェンスにすら影ができるのだから困ったものです。

 


f:id:y-garden:20171210151515j:image

鉢植えのカフェの根元にオルラヤが! なぜこんな所に種がこぼれたのかな。

思いがけないカフェとオルラヤの共演、春の楽しみができました。