山田ガーデン

庭から、学ぼう。

寄せ植えと乾燥注意報

 

少し前のこと。ストライプのプリムラを買った園芸店に、ギャザリング体験教室の申し込みをしてきました。

月末の開催でまだまだ先なのに、定員20名がすでに満席!キャンセル待ちとなりました。はい、前日まで待ちますよ。ギャザリング、思った以上に人気のようです。

 

"ギャザリング" とは、ポット苗を分解して小さくした様々な植物を花束のように混ぜ込みながら、こんもりと植え付けるという、今大人気の新しい植え込み方法です。 

未知の世界、ギャザリング。今年は一歩踏み込みます。是非とも参加できますように。

 

山田ガーデンはフローラ黒田園芸の黒田健太郎さんの寄せ植えが大好き。ふわふわで全ての植物が生き生きと調和していて、アンティークで重厚な鉢をよく使用するところも好き。上品にまとまった寄せ植えなのです。


f:id:y-garden:20180110140052j:image

365日の寄せ植えスタイル : 株式会社グラフィック社 出版

 

庭の植栽が進み、目指すスタイルも固まってきたからか、寄せ植えに目を向ける余裕が出てきたことが自分でも驚きです。

冬のパンジーやビオラしか寄せ植えをしたことがなく、小さな空間に作り込むことに、今まで興味がありませんでした。

 

 

関東地方は乾燥が続いており、連日乾燥注意報が発令されています。湿度は20%を下回っており、髪が静電気で逆立ちます。

寄せ植えの鉢も渇き気味なのは解ってはいるけれど、出勤前も帰宅後も寒すぎて水遣りができません。根が凍結してしまうから。

そこで、帰宅後に鉢を玄関の中に入れ、水をあげる。一晩そのまま玄関に置き、仕事へ出掛ける時に外へ出す、という方法をとっています。

 

 

今日も寒さは厳しいけれど、センター試験、みんな頑張って。