山田ガーデン

庭から、学ぼう。

冬真っ只中の庭で

 

夕陽が沈む時間が遅くなりましたね。17時に仕事が終わって外へ出ると、まだ明るい。ちゃんと景色がカラーで判別できます。 

今日で1月は終わり、寒い冬も残り30日足らず。3月はたとえ寒くても、響きは春だから。

 

春までには欲しいミラーレス一眼レフ。買いたいモデルは決まっているのですが生産終了しているので、なかなか見つけられずにいます。それに、レンズ含めたセットで新品を買うお金は出せない。考えた結果、ネットオークションで、必要なものをバラで買い揃えることにしました。主婦は辛いわね…自分のことは後回しになる…しかも無い袖は振れない。工夫しながらやってゆくしかないのよ。

あまり新旧にこだわりはないので、誰かが使っていたものでも喜んで使えることが助かります。自分で言うのも可笑しいですが(笑)

この辺りは、中古ラテン車を乗り継いで培ったもの。手に入らない部品は中古で揃える、なんて日常茶飯事だったのですよ。

 


f:id:y-garden:20180130183724j:image

クリスマスローズの花芽は緩み始め、枯れ葉に埋もれた山田ガーデンにも鮮やかな色がお目見えです。

 


f:id:y-garden:20180130184008j:image

ほとんど放任なのに、咲こうとしてくれる。なんてたくましい姿でしょう。

宿根草にはパワーがあります。環境が合えば自分自身で力を蓄え、何年もかけて大きくなってゆきます。

これから庭作りを考えている方には、是非ともこのパワーを感じとって欲しい!

 


f:id:y-garden:20180130223815j:image


f:id:y-garden:20180130223839j:image

こちらは庭で採取した種を蒔いた、一年草ヤグルマギクとオルラヤ。たまに液肥を与えています。

どちらも寒さには強く、先日あれだけの雪を被ったのにピンピンしています。 3月になったら、楽しみな植え付けですね。

それにしても、種を鉢にワッとばら蒔きすると、一斉にワッと芽が出て来て、押し合いへし合いしながら伸びるので、1粒ずつ蒔くより威勢がいい気がします。