山田ガーデン

庭から、学ぼう。

共存

 

台風が近づいてきた昨日午後。雨は降ったり止んだりの繰り返しで、時折太陽が顔を出したりしていたので、強風に備えて背の高いカルドンの花がらをカットしました。

 

f:id:y-garden:20180728150737j:image

カットして初めて解った、カルドンの花の重いこと!あれだけ大きな花だったから、想像はしていましたが。いったい中に何が詰まっているというのでしょう。

普段は植物をドライにして飾ることは絶対にしませんが、この花がらを見て「なんてカッコいいんだろう!」と、破棄できない気持ちが芽生えました。種を採るまでの間だけ…と誰に聞かれたわけでもなく言い訳しながら花瓶に飾っています。種を採っても蒔く気なんてないのに、種が種が…と種に翻弄されている自分も可笑しいです。

 


f:id:y-garden:20180728160119j:image

バラのアーチには、クレマチス ミケリテの3番花。嵐の前の静かなひととき。

 


f:id:y-garden:20180728224358j:image

そのアーチの主であるブラッシュ ノアゼットは、チュウレンジハバチの餌食になって、こんな骨組み姿になっている部分も。


f:id:y-garden:20180728225044j:image

それでもシュートをガンガン伸ばして、こんなにかわいらしい花をたくさん咲かせています。

 


f:id:y-garden:20180728225839j:image

ボケて写っていますが、オミナエシが咲き出しました。ポット株を植え付けること、丸2年。陽の当たる場所に移植してようやく花を見ることができました。

すっきりとした黄色が鮮やかで、小さな花なのに目を惹きます。奥に咲いているルドベキア タカオは黄色だと思っていたのに、オミナエシと比べたらこんなにもオレンジ色でした。

 

 

昨晩から雨風の中、キジバトさんが巣に留まり続けています。太陽が出てきて良かったね。そっと出窓のカーテンを開けると、目が合ってしまうほどに近距離です。しばらくはカーテンは開けられないな。

今日は庭作業はお休みします。山田ガーデンはキジバトさんと共存する道を選びます。