山田ガーデン

庭から、学ぼう。

ダービー開花とバードハウスの静寂

 


f:id:y-garden:20170516203501j:image

英名 : abrahum darby "アブラハムダービー"

 

ピンクのどら焼きみたい(笑)

蕾の時は高さがあるのに、咲くと平べったい。だからいつもどら焼きを想像してしまいます。

アプリコット色は咲いてすぐにしか見られない貴重な色。あっという間にピンク一色に変わってしまいます。

半つるとしても育てられると言われていますが、山田ガーデンのダービーはシュートも出ないし、地上から40cm程しかありません。

地植えにすれば伸びるかな、でも鉢のままでいて欲しいような…ちょっと今は決められません。 

 

天気が悪い日が続いています。

ダービーはたった1日だけ晴れた、早朝に撮った1枚。

 

 

 
f:id:y-garden:20170516214046j:image

バレリーナの蕾たち

まだしっかり固そう。初めて見る花は本当に楽しみです。 

 

 

 

さて本題。

昨日の朝はバタバタしていて庭に出られず、夕方帰宅してからすぐ庭に出ました。

──── 静かすぎる。

バードハウスから幼鳥の鳴き声がありません。

つがいのスズメが近くの電線にとまってジュクジュクと鳴いています。きっと親鳥だわ。私が庭作業をしていても、せっせと餌を運んでいましたから、警戒している訳じゃない。

あぁ、何かあったんだ。まだ巣立ちするわけがないもの。おとといはバードハウスから身を乗り出して餌をねだっていたのに…

冷え込んだ雨の夜を乗りきれなかったのか、カラスに襲撃されたのか、はたまた蛇が来たのか、全て憶測でしかないけれど。

私の庭は安全だ、そう無意識に思い込んでいたことに気付かされました。

もちろん完璧な安全なんてどこにもないわけで、私の庭も自然の一部なのだと。