山田ガーデン

花や葉から、種まきから球根から。心地よい庭を作り上げる喜び。庭作りから学ぼう。

心の余裕で、庭が美しく見える



花いっぱいで賑やかな庭。陽射しが暑い。
ビオラは種を採り、いつ片付けてもいい状態ですが、この左下に写る紫のパンジーだけがまだ採れずにいます。



大好きなペンステモン ハスカーレッド。半日陰に植えた親株よりも、株分けして日なたに植えたものの方が、当たり前だけれど断然元気です。あちこちに咲く親株、少し整理しようかな。



そして開いてきたラ フランス。私の庭作りは、誰も世話をせず放っておかれていたこの古いラ フランスをたくさん咲かせられないだろうか、というところから始まりました。バラに詳しい方ならご存知のとおり、バラの歴史に名を刻む、由緒正しきバラだということは後から知りました。名前さえ分からなかったのですから。
調べまくってラ フランスだと分かった時、とても申し訳ない気持ちになったものです。



コルデスのカフェ。花弁が少なく、決まった花型にはとらわれないラフな咲き方をします。シベが美しいのもポイント。



バッサリと剪定したその後のつるバラ 新雪。強健の言葉通り、病気知らずです。濃い葉色に白い花が気に入って植えました。白いバラ、といえば有名なアイスバーグがありますが、優しい雰囲気のアイスバーグではなく新雪にしたのは、日本で生まれたバラを育ててみたかったから、と、息子の名前の一文字が入っているから。



シャンテ ロゼ ミサトをゆっくり眺められるのも久しぶりです。半日陰の我が家では一季咲き扱い。




バレリーナも随分剪定しましたが、以前と変わらぬ花の数。


実はバレリーナを誘引していたDIYのフェンスが倒壊しちゃいまして(笑)。2月のことでした。柱にしていた木の杭が腐って折れてね、フェンス半分を撤去したのです。だから今は応急処置した状態で。冬には大きなトレリス仕立てにするつもりです。



今年は黒点病を秋まで抑えるのが目標。




今年も開花時期がぴったりなブラッシュ ノアゼットとクレマチス ミケリテ。


ブラッシュノアゼットの葉の裏には、やっぱり虫こぶが。見つけたらすぐ葉ごと切り取り処分しているのに、毎年見つけてしまうのです。



昨年の写真を見ていたら、同時期にはバラがかなり散っていました。暑さで1日しか花が持たないようなこともありましたね。今年は気温が低めだったり、曇りや雨で、バラをゆっくりと心穏やかに楽しむことができています。
バラゾウムシにやられた蕾は、新しい蕾を付け、これからが一番花。
それと消毒ね。やることをやって、心の余裕があるからかも知れません。







まだまだ咲くバラ、ペチュニアの植え付け



20個以上の蕾を付けたマダムアルディ、花のサイズは小さくなってきましたがまだまだ咲きます。花持ちは良い方かなぁ。3〜4日は持っています。



毎年種を採って咲かせているアグロステンマは別名ムギナデシコ。だからナデシコ好きなクロウリハムシに食べられてしまいます。優しい雰囲気の河原ナデシコも植えるのを控えています。ボロボロにされるのは目に見えているから…。



嬉しいことに、バラゾウムシにやられたピエールが再び蕾を上げてきました。山田ガーデンのバラの中でトリを務めるのは、このピエールになりそうです。
今年のバラの開花はゆっくりで、精神的にも穏やかに眺めていられます。


バラシーズンですが、次の季節の準備もしないと。すでにペチュニアを咲かせていますが、値下げした夏花のポットをまた少し買い足しました。


真ん中のPWのスーパーチュニアは、昨年に引き続き今年も選びました。細い茎がしっかりしていて好きなんです。小振りな花も好みです。
そして初めて買ったサントリーサフィニア。暑い夏は強い色がいいよね。左の小さい苗は大人ペチュニア ミスマーベラス



スーパーチュニアは単独で鉢植えに。



サフィニアは以前買っておいた白いペチュニアと紅白寄せ。こう見ると花弁のひらひら具合が全く違うんですね。



ミスマーベラスはユーフォルビアと。このユーフォルビアは、冬の間はビオラと寄せ植えにしていたもの。いつもの如く使い回します。ステキなペチュニアなので早く伸びてきて欲しい。



ラ フランス、間もなく開花です。



水挿しをしたクレマチス ミケリテの開花には丸2年かかりました。ガーデニングは本当に時間の掛かるものですね。









一般的な朝顔ってなんだ?


私の子供たちは大きくなった。金髪の専門学校生と自由を謳歌している通信高校生。2人は自由に、毎日を楽しく過ごしています。振り返れば、縛りがきつかったのは小学校時代だったかも知れない。そんなことを思い出した出来事がありました。


朝顔のことで聞きたいことがある、とお客様がお待ちです。」
園芸売り場から電話で呼ばれ行ってみると、若いお母さんと小学生の息子さんが、朝顔の種を何袋か持って、何やら話をしています。
「学校で朝顔の種を持ってくるように言われたのですが、一般的な朝顔が咲く種はどれですか?」
「一般的…?」
「私もよく分からないんですが、一般的な朝顔を持ってくるようにって。」
そのお母さんが持っているのは大輪咲きと書いてあります。たぶん、大輪咲きではかわいいラッパの姿にはならない。べろーんと萎れたように咲く姿が想像できます。
「こっちの白い縞模様が入っているのはどうですか?これは大輪咲きではないようですよ。」
「線が入っていると、皆と違っていてよくないかも知れないので…。」
これで分かりました。お母さんにとって一般的な朝顔は、どうやら無地の中輪咲きのようです。
中心から放射状に白いラインが入る朝顔は、一般的ではない。それはクラスの中で浮いてしまう花になるかも知れない、とお母さんは心配している…。


今は学校で種や苗を準備してくれることが少なくなっているようで、週末になると、学校に持参するための野菜苗を選びにくる親子連れの方がいらっしゃいます。好きな野菜を選ぶ自由があって、今の学校って随分変わったな、と感じる反面、これでいいんだろうか、うちの子だけみんなと違うものを選んではいないだろうか、そんな親御さんの不安が強くあるのも感じます。自由だけれど、自由じゃない。自由が怖いのかな。


一般的な朝顔。それはきっと、西洋朝顔琉球朝顔ではない朝顔。学校はそう言いたかったのではないでしょうか。ラインが入っていようが、水玉模様だろうが(?)そんなことは指定していないはず。ただ、一般的な朝顔という言葉だけでは、分からない人には分からない。
結局そのお母さんと息子さんは、白い縁どりの朝顔の種を買って帰って行きました。



今年は昨年とは違う朝顔の種を蒔きましたが、なんと芽を出したのは8ポットのうち2ポットだったという、発芽率は驚きの25%(笑)。余っていた種を再度蒔き直しました。


それがもし我が家だったら、どんな朝顔の種を選んだだろうか。
「わぁ、これなんかいいんじゃない?白い線が入っててかわいいじゃん!」
「え〜でも線が入っててもいいのかな…?」
「みんなと違う花が咲くから面白いんだよ。大丈夫、浴衣の柄にもなってる昔からある朝顔だから、心配することはないよ。」
「うん、じゃあこれにする!」
たぶんこんな流れになると思う。私が誘導している感はありますが、私は皆と同じじゃなきゃいけない、という考えはないの。日本朝顔なら良し。つまらないことは考えない。
まだまだ多様性が叫ばれ始めたばかりのこの国、目には見えない縛りが、皆の心の中にはあるんだな。







花はタグ通りに咲かない


シャクヤクの蕾が大きくなってきました。ポット苗を植え付けたばかりの昨年は、蕾が上がったと思ったら、膨らまずに黒くなって終わり。まだまだ花を咲かせるほど株が充実していなかったのでしょう。
380円の小さなポット苗ですもの、期待はしていませんでしたが、開花までは長い道のりになりそうだと思ったものです。


その後は気付いた時に有機入り化成肥料や鶏ふんを蒔いたりしてきました。


丸1年が経った今年は蕾も膨らみ、開花間近。
しかし、問題は色です。


2021年1月、玄関のたたきでじっと春を待っていたシャクヤクにはこんなタグが付いていました。品種名は書いてありませんでしたが、このタグを見てピンク色の花が咲くと思ってしまった私。




蕾は白。そうです、このタグは「シャクヤクだよ」ただそれを知らせるだけのタグで、色を保証するものではなかったんです。
白いつるバラに白いアジサイ、白いシャクヤク…。なんだか葬儀用の花を育てているような気すらしてきました。380円に目がくらんだ私のバカ。








栃木県下都賀郡壬生町 海老沼邸の5月のバラの庭



4月頭のオープンガーデンから1カ月半が過ぎた、壬生町の海老沼邸。クリスマスローズがメインのお庭なので、オープンガーデンは少し早い時期に開催されています。
バラの咲く時期に、再びお邪魔させていただきました。





敷地に入ってすぐ、" 江戸時代の幻のバラ "がお出迎え。赤い庚申バラのような姿を勝手に想像していましたが全く違った(笑)。
葉の感じから木イチゴなのよね、のお言葉通り、家に帰ってから調べたところ、名前はトキンイバラといい、バラ科キイチゴ属。中国から1700年代に日本に入ってきた植物なのだそう。



あちらこちらから地下茎でニョキニョキ出てきて、増えて増えて…とのこと。初めて知りました。



その反対側には、私が育てたアグロステンマ 桜貝が花を咲かせていました。我が家ではない庭で大きく育ててもらって、なんだか嬉しいよね。




大きなトレリスにはクレマチス グリーンアイズ。



ER ゴールデンセレブレーションだったかな。




ブル ドゥ パルファム。花を見ずに買ってしまい、がっかりしている、と先生は言っていたけれど、シックで素敵です。カップの中を覗いたら、広がったシベがとてもキレイでした。



一重のドルトムントに小輪のバラを合わせて。



バーガンディーアイスバーグ



木立性クレマチス ヘンダーソニー。山田ガーデンに植えたものは枯れてしまった…(遠い目…)。



そして立派なハニーサックル テルマニアーナ。花のサイズがとにかく大きい!普通のハニーサックルの3倍はあるのでは?
北海道の上野ファームで見て、こっちで売っているのを見つけた時は嬉しくて嬉しくてね、と。植物って手に入れた時の思い出が一緒に育っていくものなんですよね。




大きなアンジェラのアーチ。まだ咲き始めだったけれど、たくさん咲いたらすごいだろうなぁ!



後ろのお宅がシンプルでスッキリとしているから、良い借景になっています。



庭主さんの好みが小物で分かります。先生は可愛らしいものが好き。いつもニコニコと少女のように笑っている。



奥にもテルマニアーナ。オレンジ色がデルフィニウムの青によく合う。私の好きな色の組み合わせ。



山田ガーデンにはない広い空の下に、みんな生き生きと育つ植物。選ぶ植物、組み合わせ方が勉強になります。やっぱり広い庭っていいなぁ!
今でも近県のオープンガーデンに足を運び続けて、勉強し続ける姿勢に頭が下がる思いです。幾つになっても好きなことに情熱を持ち続けるって素敵です。



また季節が変わったら、お邪魔させてください。ありがとうございました。







噂のグリーンアイ〜マダム アルディ



つるバラ 新雪が徐々に咲き始めました。いよいよバラの開花が本格的に始まりました。




マダムアルディは切れ込みの美しいガクが割れて、真っ白な花弁が伸び出しています。蕾が20個以上あって、ちょっと驚き。

同じ白色の新雪とは白さが違う。純白という言葉がぴったりです。新雪は咲き始めはアイボリーで、咲き進むにつれて白さが増します。



そして今朝開花!小さくて愛らしい花です。レモンのいい香りはルイ14世と同じ。そして噂のボタンアイ。ほんのりピンクがかったクオーターロゼットの中心にはグリーンの目が。本当だったんだ!という喜び。



きちゃない色になっちゃった名無しのバラ。でもこの花の形が好き。小さくて厚みのある花弁は枚数がたっぷりです。



オールドローズバレリーナが大きく伸びて、その根元にいるチャイナローズのルイ14世はすっかり日陰になり、滅多に咲かなくなりました。久しぶりに蕾を見ました。




ペンステモン エレクトリックブルーの爽やかな青い花


GWの仕事の疲れがとれずにいました。気温のアップダウンも激しくて、なんだか気持ちまでが急下降して。GWの初日から仕事がうまくいかなくなり、結局ずっとモヤモヤしたままで…。理由は先日、先輩パートさんがズバッと代弁してくれました。
「人事異動でチーフが変わって、やりづらいんでしょうよ。」
そうなんです。その通りなんです。

新しいチーフは前任チーフとは違って、植物に関する仕事は何でも自分で動く。だから徐々に私が居る意味がないような気がしてしまっていました。
チーフが自分でやるって言っていたから手を出さないようにしよう。
それがいつの間にか、どうせチーフが自分でやるんだから、私には関係ない。と思うようになってしまっていました。
私以外の社員らで話し合って決めていることも多々あり、疎外感も感じていました。40半ばにもなってこんなことで悩むとは…。
こんなんじゃイカン!と気持ちを切り替えて、目に付いた仕事をひとつずつ処理していくと、あら不思議。モヤモヤが晴れてきました。気づいたことはどんどん片付けてゆけばいい。わからなかったらどんどん確認すればいい。以前の仕事の仕方はこうだった、と思い出しました。
せっかくのバラの開花が、暗い気持ちじゃあ勿体ない。今日も1日頑張って、明日は花に囲まれて静かに過ごそう。







ゆっくりとバラの開花が始まる



手前のゲウムと入れ替わるようにオルラヤが咲いてきました。



何もかもが上へ上へと、ぐんぐん伸びる5月です。



ペンステモン ハスカーレッドの隣に、これまた新入りのペンステモン。エレクトリックブルーです。
ハスカーレッドは庭作りを始めて真っ先に植えた花です。強健でアブラムシだけ気を付けていれば、なんの心配もありません。そんな信頼のおけるペンステモンの別品種をこの春買い足しました。ハスカーレッドに比べると柔らかくて華奢な印象です。さて、どう育っていってくれるかな。



毎年種を採って育てているアグロステンマ 桜貝が、自由気ままに踊る姿。



まだまだ咲いているプリムラ キューエンシス。強い黄色が、ユーフォルビアの黄色によく合います。地味だった日陰が華やかになりました。


今年はバラの開花がゆっくりで、バラの咲くお庭を見せてもらう約束だった職場の寄せ植えの先生宅も、まだ咲いていない、とのことで延期に。今週の天気予報はびっくりするくらい毎日雨マークで、どうなることやら…



でもGWの忙しいさなかにワーッと咲かれたら愛でる余裕が全くなかった。ゆっくりでよかった。名無しのバラ。





つるバラ 新雪もぽつぽつ咲き出しました。たくさん剪定して寂しいくらいになってしまったのに、シュートがこれでもかと出てきて困惑しています(笑)。肥料ゼロ、薬剤散布なしです。ホントすごいよね。












大好きな朝の庭、バラの消毒



昨年、金魚草の可愛さを知り、これからはどんどん庭に取り入れたいと思っています。一年草だけれど、一部は多年・宿根させることもできると聞いて冬越しさせてみたナイトアンドデイ。長く垂れ下がった枝に花が咲きました。



休みの今朝は7時からバラの薬剤散布。今回はベンレート。液体ミニボトルの方がたくさん使えてお得ですが、値段がなにせ高いので、6回分の分包を買いました。他の薬剤と交互に使えば1年間充分に足ります。
4Lの水に溶かすだけで2,000倍に薄めた薬剤ができる。計算しなくていいから楽チン。



朝晩の冷え込みが戻ってきたからか、今年はバラの開花が若干遅め。それでもぽつぽつ咲き始めました。一番乗りは小輪房咲きのブラッシュ ノアゼット。



例年になく蕾を付けたコルデスのカフェ。



名無しのバラもガク割れしてきました。


バラゾウムシに枝の先端を全てダメにされたラ フランスは、脇から蕾を上げてきていました。執念を感じます。



朝は気持ちがいい。写真はいつも朝に撮っています。東側の庭なので、午前中しか陽が入ってこないから。




スズラン。



最後のチューリップ。賑やかな春の庭だったなぁ。ありがとうね。



ーーーーーーーーーーーーーーー
先日の記事にブックマークコメントをありがとうございました。

今年のGWはいろいろなことを考えながら仕事をしています。めちゃめちゃに荒らされる売り場を淡々と直しながら。結論は人って勝手だな、と。自分さえ良ければ他はどうでもいい、私は客なのだからいい思いをして帰らなければ損だ、そんな考えが目に見えるようだよ。売れるのは嬉しいことなんだけど、我先に…はみっともない。そう思うのも私の勝手。
昨晩は湯船に浸かりながら寝落ちしそうになりました。頑張ります。







ダッチアイリス アポロの開花


何だかおかしな連休初日。ずっと落ち込み気分で仕事をしていました。午後から大荒れの天気予報だったので、午前中にお客様が殺到。ちょっと怖いくらいの混みようで、イライラしたお客様に当たられること2回。どちらも男性。悲しくなる。どんなにおかしなことを言われても、我慢するしかない。
お昼休憩に読んだブログでさらに気分が落ち込む。書いた人は何も悪くない。
雨が強くなる中、もう自分がどう動いたらいいのかどこまで何の仕事をしたらいいのか、分からなくなってしまった。靴の中は雨水でぐしょぐしょ。早く家に帰りたかったけれど、結局残業になった。




お正月明けにアイリスの芽出し球根を植えています。寒さに強いアイリスは、真冬に植えつけても葉が傷むことがありません。
待ちに待った開花が始まりました。ダッチアイリスのアポロという品種です。




もう庭が狭くて、陽当たりのいいスペースは先客あり。ここはブドウのつるが伸びるまでの期間限定の陽向スペース。5月くらいまでに咲く花だけを植えることができます。もうそうやって開花時期や周囲の植物の生育状況を考えながら植えてゆくしかありません。




白い部分には薄っすらと青味が。背が高くても強風に耐えてくれるし、凛として素敵。ジャーマンアイリスのようなどっしりとした重厚さではなく、葉も花弁も細くて軽やかな印象。たった100円でこれから毎年この花が見られるのだよ。純和風の住宅にも洋風住宅にもよく合うと思うのだけれど、毎年人気がありませんね。



今年で2度目の開花となるシルバリービューティーは、開花まであと1週間くらいかな。


気分転換に髪を切りに行ったら、予約してくださったのに待ち時間があり申し訳ない、とヘッドスパをサービスで付けてくれました。他のお客さん、若い女のコたちの楽しそうなお喋りが聞こえてきて、それにも元気をもらいました。いつも年配の方ばかり接客していて、若い女のコが集まるような場所に行くことをしていなかったな、と気付きました。若い女のコが集まるお店にもたまには行かなきゃな(笑)。
中年男性のつぶやきのようになりましたが(笑)。




ーーーーーーーーーーーーーー
先日の記事にブックマークコメントをありがとうございました。

バラゾウムシ(ケシツブチョッキリ)は本当に憎い。ゴマより小さいのに、ちゅーっと樹液を吸われたら一発で蕾や新芽がダメになるんだから。
山田ガーデンのバラの被害を見ると、比較的大きな蕾をつけるHTが多くて、房咲きのつるバラはほぼ無傷です。あとは鉢の置き場所かなぁ?目立つ所に置いてあるとやられる気がします。赤い新芽の品種もやられるような気がします。
こういった心配事に頭を悩ませるのが嫌になり、育て始めたのがシャクヤクです。バラと比べても見劣りしない、ステキな花が咲くんですって。切り花として部屋で楽しむこともできて、冬は地上部が枯れてなくなるから、見苦しい幹が残ることもない。もしかしたらバラよりいいかも(笑)。








バラとシャクヤクの近況報告



バラの開花があちらこちらから聞こえてきます。いよいよこの時期が来たなぁ、と気忙しくもあり、楽しみでもあり。ドキドキな毎日です。精神的にのんびりできないのが本音。だって何もかもが毎日変わってゆくんだから。



走るように季節が進む…



強剪定したつるバラ 新雪は、残した幹から芽が吹き出し、あっという間に外壁が緑に覆われました。" 吹き出す " という表現がぴったり。もの凄い生命力です。




可哀想なのはHTのラ フランス。数年ぶりに植え替えをし、陽当たりのよい場所に移動して開花を楽しみにしていたのに、飛んでくる虫はどうすることもできない。バラゾウムシに枝先をみんなやられてしまいました。開花は絶望的。ピエールも同様。無念。
チュウレンジハバチやバラゾウムシの被害は防ぎようがない。オルトランが効いていたとしても、その前にバラを傷つけられちゃうんだから意味がないよね…



対照的に無傷で美しいマダム アルディ。なぜ?




ガクがフサフサしていて、蕾っぽくないところが面白いんです。たくさんの蕾が上がっています。今のところは…。



名無しのバラも絶好調です。今のところはね…。害虫予防にベニカスプレー吹き掛けておこうかな。



やっぱりバラの開花より一足先に咲いてしまったジギタリスです。チューリップ終わりからバラが咲くまでの繋ぎとして、いい仕事をしてくれています。大型植物はカッコよくていいね。



品種不明、380円で購入したシャクヤクには蕾が。小さいから開くかどうかは分かりません。でも、植え付けてから丸1年、ようやく蕾を上げられるほど株が大きくなったことが嬉しいです。



昨年とは芽が違いました。新芽の色が全く違う!赤い芽から真っ黒な新芽を伸ばしてきたのです!これが小さい株を地道に育てる醍醐味ってやつです。本当に嬉しい。