山田ガーデン

花や葉から、種まきから球根から。心地よい庭を作り上げる喜び。庭作りから学ぼう。

ガーデニングは要らぬ苦労?


休日明けに出勤したら、何やら会社に動きが。来月から閉店時間を早めることが決まっていました。マジか…
原材料の高騰で商品も次々と値上げされ、以前より倍の金額になってしまったものもあります。ものが売れなくなってきています。閉店を早めて、電気代や人件費を削減して厳しい状況を乗り切ろうということのようです。
働き方改革で閉店後の残業がしづらい雰囲気になり、人事異動でマイナスになった人員は補充されない。人手が足りないから、今までのように工夫したポップ制作ができず、売り場に温かみがなくなりました。店全体の士気が下がってきている感が漂い、あまり良くない流れですね。
勤務時間が短くなるので、時給で働いている私も給与が減ります。それでも淡々と、売り場を良くするにはどうしたらいいか、を考え続けたい。そう思いながら、箒とちりとりを握る毎日です。



仕事休みと天気がうまく噛み合わず、雨の中植え付けた芽キャベツ。売り場の売れ残りの野菜苗を、ほんの僅かな数ですが育てています。食べたことのないもの、見たことのないものを選ぶ傾向にあるのは、その方がワクワクして楽しいから!



悲しいかな野菜を植えるスペースはないので、いつもコンテナや大きめの駄温鉢で育てることになりますが、それでも充分育てることができると判れば、お客様にアドバイスできます。広い庭を持っていないけれど、何か育てて収穫してみたい、そういった方もたくさんいますからね。


ちょこちょこと売れ残りを買っても、植え付けが間に合わないもの多数。一応、どこにどんな風に植えるか考えて買うものの、持ち帰ると考えが揺らいでしまう。これを移植してからこれを植えて…なんて考え始めたら、すぐに済むものも終わらない。しかも培養土が足りないとかアクシデントがもれなくついてきたり。
こんな姿が、傍から見ると「要らぬ苦労をしている」ように見えるらしいです。周りが言わんとすることは分かりますが、それを楽しんでいる自分もいます。
植え付けてハイおしまい、ではただの作業。私にとってガーデニングは心地よい場所を作り上げる楽しみなんです。あれこれ考えて、要らぬことまで考えて想像して手を動かす。そこには嫌だなぁとか、やりたくないなぁという気持ちは一切ないんだよな。




3カ月以上、買ったままになっていた鶏尾アヤメ。これは地植えでは存在感がなさ過ぎる。それくらい小さいから、カゴに植え付けてみました。
立派な塊茎?塊根?詳しくは分かりませんが、確認できました。来春が楽しみね。


庭には嬉しいニュースが。
まだかまだかと待っていたリコリス ラジアータが花茎を伸ばしていました。


ポンポン菊やらの影になっている。これは植え替えか?また苦労しちゃおうか(笑)。







ギボウシの株分け〜ブルーマウスイヤー


今年の夏もアイスコーヒーをよく飲みました。ステンレス製のタンブラーが活躍した夏でした。氷をたっぷり入れても溶けないし、容器に水滴がつかないから、庭作業をする時も外に持ち出せます。水筒とコップの良いとこ取りで、買ってよかったもののひとつでした。
昨日は朝9時前から汗だくでした。でも今日の北関東は曇天で肌寒い。気温が25℃に届かず。氷たっぷりのアイスコーヒーもそろそろ終了かな。



涼しいので庭作業がはかどります。古株のカレックス フロステッドカールの枯れた部分を引っ張ってごっそり抜いたら、一回り小さくなりました。陽当りが悪く枯れてしまったバラ ルイ14世の株も引き抜きました。



ギボウシ ブルーマウスイヤーを植えていたプラ鉢が割れてしまったので、植え替えついでに株分けしてみました。



ゆっくり引っ張り分けるようにしてみたら、根も切れずに上手くいきました。元は鹿沼土だけで植え付けてあったから、分けやすかったのでしょうね。
しかし意外なものを発見しました。ハカマ近くの根に、カイガラムシが付いている!きっと鹿沼土の隙間から入り込んだのでしょう。根にもカイガラムシが付くことがあるなんてゾッとしました。



培養土にオルトランを混ぜ込んで植え替えました。表面にも追いオルトラン。これでなんとか退治できるといいのですが。



鉢で育てている明るい葉色のギボウシも、ちょっと株分けして地植えにしてみました。これは戴き物で品種不明。



新入りのフランシス ウィリアムズ。本当にフランシスなのか?葉の感じが違うような気がするので、鉢で成長を見守ります。たとえ本当にフランシスだったとしても地植えにするスペースはないので(大型のホスタだから)、結局鉢植えにするしかないね…



追肥をしたので、サマーミストが元気に満開。かわいいです。






虫が多いのは秋だからなんだろうな



夏と秋が隣同士に咲く図。遂にルドベキアが100円で買えるいい時代になった。この色味を見ていたら、なんだか焼き芋が恋しくなりました。
9月始めは花が出回らない時期です。先日もお客様に売り場に花が少ないと言われてしまいました。ちょうど季節の変わり目だから仕方ありません。



ツマグロヒョウモンが直ぐ側まで飛んできてくれました。メスのほうが美しいという変わり蝶。大抵はオスの方がキレイだったりしませんか?それか模様は一緒で大きさが違うとか…野鳥なんかもそうですよね。
幼虫の写真は載せませんが、漫画に出てきそうな、それはそれはおどろおどろしい姿をしていてスミレの葉が大好物。見かけたら捕殺しないであげてください。


そんなわけで、春に種を採っておいたビオラの種蒔きをしました。早く蒔かないと年内の開花に間に合わないのは解っているのだけれど、なんだかいつも遅くなってしまう…
サントリーミルフルとタイガーアイ。ミルフルはパテントの関係上、勝手に増やしたりしちゃいけないのでしょうが、庭で楽しむだけなので許してください。



そして分からないコレ。本のタイトルみたいな、自分で書いたのになんだろか(笑)。冬の写真を見返してもピンとくるビオラがいないの。
連結ポットは場所をとるので、今回は盆栽用の鉢を3つ用意して、品種別にバラ蒔きします。育ってきたらビニルポットに植え替えるつもり。ま、今からじゃあ年内には咲かないだろうけどね!(笑)




ブドウはつるや葉を整理してスッキリさせました。丸々としたイモ虫が何匹かいましたよ。
欲張らずにつるの数を少なくすれば、伐採することもないよなぁ、とやっぱり残す方向に気持ちが動いています。実がなるまでの長い年月を考えると、ね。



これも虫がつく代表のクチナシ。オオスカシバの卵らしきものが産み付けられていたので、全部取りました。蕾が再び現れてきているんだけれど、クチナシって四季咲きじゃあないよね?



マイヤーレモンにもアゲハの幼虫。柚の木に引越しさせたいけれど、終齢幼虫だから大目に見ようか。
困る虫、大事にしたい虫。いろいろいる秋だな。







草花の写真を撮るときに気をつけていること



ベゴニアには興味がなかったけれど、この品種に出会っていいもんだな、と思うようになりました。
暑さが落ち着いて、再びたくさんの花を咲かせています。
このカゴ、ゴミ捨て場から拾ってきました(笑)。たぶん仲良くしてもらっている近所のあのおばちゃんの家かな?かわいい!まだ使える!って拾ってきて使っているんだけれど、考えようによっては気持ち悪い人かも知れない。40才半ばを過ぎ、恥ずかしいと感じることが少なくなってます(笑)。



園芸売り場でケースに並べられているベゴニアは、雨続きで多湿になり、腐って溶け出すものもあります。かろうじて生きている小さな苗を引き取って育ててみることにしました。赤い花に茶色の葉。いかにも昭和って感じです。


庭で撮った写真について、先日お褒めの言葉をいただいて!嬉しくなりました。素敵なものを皆さんと共有したい、だからキレイなものはキレイに撮らなきゃ説得力がないだろうと。
カメラに助けられている私が気をつけていることは2つだけ。水平に気をつけることと、膝を使って撮ることです。
花をアップに撮ったりすると背景を蔑ろにしがちですが、ちょっと写り込んだ背景の天地がきっちりしていないと、気持ちの悪い、酔ったような写真になってしまいます。
特に山田ガーデンは外構フェンスで囲んでいるので、写り込んだそれが歪むのは絶対に避けたい。
膝を使う、とは棒立ちで上から見下ろす写真ばかりを撮らないように、しゃがんでみたり、時には太腿が痛くなるようなスクワット途中の姿勢で撮るべし、ということ。この2つに気をつけるだけで、幅広い写真が撮れるようになりました。



昨年植えたウインターコスモスが冬眠から目を覚ましませんでした。確か根がかなり張っていたような記憶がうっすらと。もっと崩して植え付けるべきだったか。花が咲いているポット苗は根の崩し方が甘くなりがちなのです。再びリベンジします。



立ったまま上から撮るとこうなります。花はよく見えるけれど、高低差が判りにくいですね。生き生きと伸びる感じを伝えられない気がします。昔はこんな写真ばかり撮っていました。周りが写り込むのが嫌だったのもあります。
でももうごちゃごちゃした庭なのは皆さんに隠すことでもないから(笑)、恥ずかしくもないです。変な格好でカメラを構えている姿をご近所さんに見られてもへっちゃらです。これが私の好きなことですから。








秋が始まる庭



黒ピーマンが鈴なり。重たそうだけれど、茎がしっかりしているから大丈夫。
ミニトマトは早々に終了し、代わりにブロッコリーを1株だけ植え付けました。


夏は棚卸で幕を閉じ、9月の声と同時にチューリップの球根を売り場に並べる準備をしています。早い。1年が過ぎるのが本当に早い。チューリップの球根をひたすら補充した日々が、ほんの少し前のことのよう。でもとっても楽しみ。
昨年、ウチの各店の中で私の職場がチューリップの球根売上1位だったそうです。今年は…チーフが代わったからどうでしょうね。お客様の目を惹きつけるような陳列をしない人だから…何でもひとりで決めてやりたがるし…。ちくり。
チーフが代わるとこんなにも仕事のやり方が変わるのかと、驚くことばかりです。そして今後の売り場がどうなってゆくのか、不安でなりません…




花の日々草は花が途切れることなく咲き続けています。


今年の夏はいろいろと心配事が多かった。猛暑の中、30年使用していた子供部屋のエアコンがとうとう壊れて。それでも部屋から出たがらない息子が熱中症になってしまうんじゃなかろうかとアイスノン枕やら大量の保冷剤を、工事日までの間フル活用して暑さをしのぎました。朝は息子に息があるかどうか部屋に確認しに行くこと数日。
その後、これまた20年以上現役だった冷蔵庫も併せて買い替えることになって、真夏に中身を全部出す大変さを知りました。
車の免許を取得した娘は、私の軽自動車には目もくれず、大きなステップワゴンばかり乗り回して…とうとう自分の車が欲しいと言い出した。それもでっかいヤツ!
もう庭作業どころじゃない。あっちこっちと行きたくもないところに連れ回され、気づいたら大好きなソルティライチジュースが値下げされているのを見て、夏の終わりを知りました。
だから今日は庭作業に没頭。久しぶりの庭はやっぱり落ち着く場所です。



地植えにしたフジバカマに蕾が見えてきました。



こぼれ種のルドベキア タカオ。花が長持ちするので、ずっと庭を賑やかにしてくれます。



アイリスの球根を植えている鉢から、もうビオラが咲いている!朝晩は涼しくなったもんね。



毎夏わしゃわしゃするブドウのつるに心底疲れきりました。ナイアガラという古い品種で、祖父が育てていたものを引越し先まで持ってきました。でも家族もあまり食べないし、大変なものを義理で育てるのはもういいかな、と考えるようになりました。冬には伐採しようと思います。
代わりにブラックベリーを大きく誘引するつもり。



やっぱり歩くスペースがキレイになるとほっとします。








プリムラ オーリキュラの夏越し


観測史上最早で梅雨が明けたのは6月末。それから約2カ月、仕事にならないくらいの暑さが続いた日々が、先日の台風上陸で変わってきました。



バラを見るとすぐ分かる。新芽が出てきたり、蕾が上がってきたり。そう、秋がそっと近づいている。



日高ミセバヤには蕾。



夏用に作った寄せ植えが、秋が近づいていると感じた瞬間から、なんだか秋っぽく見えたりして。



ボックセージは茎が細くて倒れやすいけれど、しっかり陽が当たる部分はまっすぐに伸びてくれます。パンパスグラスもキレイな穂が出ました。


「夏の終わり」そんな言葉をあちこちのブログで目にするようになって、それならばあの植物の夏越しがどうなったか?もうまとめてもいいかな、という気になりました。実は、寄せ植えの先生に「ねぇ、あのプリムラどうなった?」と聞かれていたところ。ハイライトでご紹介しましょう。あのかわいい高山植物ですよ。


株分けして大所帯になったプリムラ オーリキュラは、梅雨明けしてからも1カ月は東庭の日陰で過ごしていました。
日の出から1〜2時間は陽が差します。日の出がすでに暑いので、毎朝水をバシャバシャ遣っていました。
その後は日没まで日陰になりますが、なにせ空気が熱い。どんどん葉が黄変してゆきます。日陰に置いたことで、私の大嫌いなナメ○ジやダンゴムシの住処になる始末…
毎日心配で、仕事中も大丈夫だろうかと気が気ではありませんでした。



8月には涼しい場所を探して右往左往。家の北側の軒下に置いてみたり、家の中に持ち込んで浴室の脱衣所の床に置いてみたり。
そして遂に、勝手ではありますが居間の床に置くことにしました。ここなら1日中父がテレビを観ているから、冷房が効いていて涼しい。ナメ○ジがいるかもしれない植物を家の中に入れてはいけない、遠慮している自分もいましたが、とにかく暑くてどうでもいいや!絶対死なせない!
しかし葉の黄変は止まらない。腐って枯れてゆく。よく見ると黒い斑点ができて、その周りから黄色くなってゆくみたいだ。カビ菌の仕業かも?ベニカスプレーを掛けたら斑点が治まりました。




現在も葉の黄変はありますが、明るい兆しも見えてきていて。真ん中の新芽が伸びだしてきたのです。なんとかなったんだな。いやいや、大変でした。
寒さに弱い植物を家の中で冬越しさせるように、最初から涼しい家の中で夏越しさせればよかっただけのことでしたね(笑)。オーリキュラに翻弄された、今年の夏でした。


しかし、オーリキュラの故郷であるヨーロッパもとてつもない熱波で川が干からびたり、ガーデナーにとっては大変な夏になっているようで、私のようにオーリキュラの夏越しに苦労している方もいるに違いありません。
日本ではまだまだ知られていないオーリキュラですが、少しでもどなたかのお役に立てる情報になりますように。





こぼれ種で増えすぎる時は



今までいろいろと植えてきたルドベキア、ルビールビーやチェリーブランデー、トトゴールドは姿を消し、山田ガーデンに唯一定着したのはルドベキア タカオ。お盆のこの時期には小輪のかわいい花がたくさん咲きます。
もちろん宿根もしますが、こぼれた種でよく増えて。今年は庭のあちこちに5カ所だけ芽を残して大きく育て、残りの芽は見つけたら抜き取ってきました。すべてを育てたら、タカオだらけになっちゃうから。
小さな庭でも、こうして種から発芽しやすい植物は抜いて調整しないと大変なことになります。



秋には風情のある姿を見せてくれるミズヒキ。これも細かい種が落ちて、どんどん発芽します。増えすぎたらとにかく抜くしかありません。




しばらく忙しくしていたら、秋明菊の蕾が上がってきているのも気付きませんでした。これもまた綿毛でよく増えるよね。
葉がガサガサ固くて場所も取るし、かなり抜いてしまいました。


先日の除草ボランティアは、私がこうして庭を維持するのと全く同じ作業でした。
皆、解っているのだと思うのです。どんなにオオハンゴンソウを抜いても終わりは来ないし、変わってしまった過去の自然は完全には戻らないでしょう。広範囲に拡がったものを根絶するのはもう不可能だけれど、せめてこれ以上増やさない努力、それをずっと続けてゆくことが大切なことなんだ。


奥日光に行ってから、何か庭に対する意識が変わってしまった感じがあります。勉強のためと参加したけれど、勉強になりすぎちゃったのかも(苦笑)。今の地球の現実を目の当たりにして、出ない答えをぐるぐる考えている感じ…結果、楽しく庭作りを続けられなくなっています。
暑いからっていうのもあるけれど、もしかして行かないほうが良かったのかもね。







花後のミディファレノプシス


我が家にやって来たミディファレノプシス胡蝶蘭チョコビッツは20日間もの間、かわいい花を見せてくれました。
我が家に来る前に店頭に置かれていた時間、出荷されて店頭に置かれるまでの時間も考えると、1カ月は咲いていたのではないでしょうか。蘭の花って次々と咲くわけではないから、長い間眺めていられる面白さがあります。




そんな花もついに終わりが。いつも置いているのは玄関の下駄箱の上。玄関ドアの窓から光が入る、明るいような薄暗いような場所で、上がっても室温30℃くらい。



花茎を支えていた棒を抜いて、洗ったきれいなハサミで枯れた花茎を切り取りました。うまくいくと残した花茎の脇からまた蕾が出るらしいです。期待しすぎない程度に待ちましょうか。
光の加減か、写真では葉の色が良くないように写っていますが、つやつやしたきれいな深緑の葉は今のところ健在です。
毎日仕事に出掛ける前、靴を履くと同時に葉に水をスプレーするようにしています。水滴を載せた分厚い葉を見ると気分が落ち着きます。玄関ドアを開ける前の、ちょっとした現実逃避。







奥日光でボランティア〜外来植物の除草作業



昨日は山田ガーデンを留守にしていました。

朝早く家を出発して、着いた先は日光市世界遺産日光の社寺を通り過ぎた、さらに山の上。群馬県との県境に近い湖の畔。奥日光と呼ばれる所です。
なぜこんなに朝早くから車を駆って来たかと言うと、ボランティアに参加するため。
このボランティアの情報をなぜ知ることになったのか、実は私も覚えていない…ネットで何かを検索していて辿り着き、参加を決めるには時間は掛かりませんでした。



奥日光は自然に手を入れずそのまま残している国立自然公園に観光業を組み合わせている場所です。
菖蒲ヶ浜スキー場跡地。この奥日光には外来植物オオハンゴンソウが1960年頃から増え、在来種を脅かしているといいます。種がこぼれて発芽してしまうから、ずっと除草し続けるしかないのです。
それが今回のボランティア、というわけ。




ルドベキアみたいな黄色い花が咲くオオハンゴンソウ。それもそのはず、私達が喜んで庭に植えているのは、この園芸品種。どれがオオハンゴンソウかといいますと…



足元のほとんど全部!



このスキー場跡地は植林も並行して進め、ヒヨドリバナ(フジバカマの仲間)が自然に咲き広がるまでに。旅をする蝶のアサギマダラもやって来るようになりましたが、まだまだオオハンゴンソウの除草が必要なのだそうです。



シカが多いので、食べられてしまう樹木はネットで保護されています。足元にはシバみたいな草がびっしり。この中に生えるオオハンゴンソウを鎌でひとつひとつ掘り出します。



株が大きくなってくると、シダ植物みたいに根塊ができるみたい。この塊まで掘り出さないとまた生えてきてしまいます。時間の掛かる作業。




そしてコツを掴んで気持ちが乗ってきた頃に終わってしまい、ちょっと消化不良。まだまだ取り残しもあったしね。
企業で参加されている方、地元の高校生、ご夫婦、遠方からの参加者の皆さんお疲れさまでした。この方達の影の努力が美しい奥日光を作ってくれていたこと、初めて知りました。




山の天気は変わりやすい。早めに切り上げた理由は雨を心配してのこと。さすが地元の方は雲を熟知しています。


特定の植物を除草するには薬は使えません。根まで掘らなきゃいけないから、人の手で除草するしか方法がないのです。
小さな庭と、広大な国立公園。手を入れて美しさを維持するのはどちらも同じこと。でも同じだけど同じじゃない何かがある…
うまくまとまらない答えは、また今度書くことにします。







ミディファレノプシス(胡蝶蘭)に挑戦


もっぱら庭で育てる植物が好きな山田ガーデンです。観葉植物も幾つか育てていますが、なんかこう、動きが少ないので世話のし甲斐が感じられず、正直ちょっと退屈なのです。



室内でも楽しめる植物として目を付けたのは、ミディサイズのファレノプシス。実は一目惚れした黄色のサン・ラーという品種が欲しかったのですが、いつもの如くもたもたしている間に売れてしまいました。



なので第2候補のチョコビッツという品種、これを育ててみようかな、と。花が終わりかけていますが、もう少し楽しめそうです。
濃い目の紫は名前通りチョコレート色です。鉢底から花芽の高い所までは約40㎝。胡蝶蘭特有の蝶が舞うような花ではないので、華やかさはないけれどシックで良い感じ。株もしっかりしています。




2重鉢になっているのが気になり、ビニルポットから出すことにしました。元気な根で安心しました。




少々傷んでいる根は切り落とします。



こんな感じでいいかい?



中心には水苔が使われていて、周りにはバークが詰めてあった模様。そっくりそのまま化粧鉢に植え戻しました。水苔は輸入品が多く、現在かなり値上がりしているので、私はバークで管理してゆくつもり。
2日前に売り場で水を遣っているので、植え替えても水は遣らず、これにて終了。バークが乾いたらあげるようにします。

熱帯で生きている蘭ですので、多少の暑さは大丈夫。強い陽射しに当てないようにしましょう。
しかしこれ、ミディは値段も手頃で種類も多く、小さくて愛らしく、コレクションしたくなるのも解りますね。