山田ガーデン

花や葉から、種まきから球根から。心地よい庭を作り上げる喜び。庭作りから学ぼう。

植物全般

寒さ知らずなブロッコリー

薬を全部飲みきったので腎盂腎炎の治療は終了しました。温かなコメントをくださり、皆様ありがとうございました。正直なところ、少し無理をしていたのは確かで、疲れが抜けない毎日でした。勤務を始めたばかりなのにとにかく仕事が忙しくて、1カ月フルスピ…

ヨルシカのように強く

ヨルシカ - 盗作(OFFICIAL VIDEO) いつも年始に聴く1曲を真剣に選んでいます。新しい1年の始まりに意味を持つ1曲であって欲しいと思っていて、今年はヨルシカのこの曲を大音量で聴きました。"思想犯" もそうだけれど、思いを強くぶつけてくるヨルシカの…

初めてのリーガースベゴニア、変わる意識

先日の宣言どおりにリーガースベゴニアを我が家に持ち帰りました。もちろんお代はちゃんと払ってきましたよ。これで12月の庭費が確定。1年間を通した庭費支出は17,920円となりました。 初めてのリーガースベゴニア。かわいいのに売り場の大量な植物の中に埋…

寒くてもあえて厳しく育てる〜冬の園芸のコツ

年末恒例、フレンチラベンダーの剪定を済ませました。かなり大きくなっているので、半分くらいの高さになるように。連日の寒さで新芽も出ていないので、芽の位置を無視してバシバシ剪定しましたが、まぁ大丈夫でしょう。 久々に庭を掃除すると、こんなに寒い…

氷点下、バンザイ!〜山野草 シモバシラの霜柱

転職して半月が過ぎました。どんなに寒くても朝から晩まで屋外仕事ですから、HCの中で園芸部門は1番過酷なところ。今の時期は寒さに弱い蘭やシクラメンの鉢花を閉店後に店内に非難させ、翌朝オープン前に屋外へ戻す作業を毎日毎日繰り返しています。この作…

ダッチアイリス・ムスカリ球根の植え付け

チューリップの球根は先日植え終えましたが、もうひとつ買っておいた球根があります。初挑戦のダッチアイリスです。 初挑戦と言っても、ミニアイリスが好きで、年明けにはポットの芽出し球根を2年ほど連続で買っています。大抵のそれは売り場での真冬の管理…

アイスチューリップの植え付け

冷蔵庫で冷やしていたチューリップ バレリーナの球根の存在を忘れかけておりました。いやはや、すっかり遅くなってしまいました。 なぜ球根を冷蔵庫で冷やしていたのか?詳しくは過去記事をご覧ください。 冷蔵庫から取り出した冷え冷え球根を、いつものよう…

小春日和に穏やかな時間が進む

庭から空を見上げたら、2階の軒に届きそうな位置に新雪が返り咲いていました。春にどっと咲いた後は、寒くなるまでぽつりぽつりと返り咲きます。 秋に咲くとツバキと間違えられそうなセンチメンタル。柚の木の後ろでひっそりと開いたこのバラに気付いている…

40代主婦の転職が急展開!

なんと、先日面接を受けた会社から、契約社員採用の連絡をいただきました。トントンと話が進んで驚いています。ホームセンターの園芸担当です。今まで以上に大きな売り場で、たくさんのお客様を接客することになるので楽しみです。 家からも割と近場で、フル…

ビオラの植え付け、動き出した転職への道

いよいよ冬が近づいているニュースが耳に入ってくるようになりました。初氷ですよ。今朝の気温はもっと下がっているはずです。 我が家の種蒔きビオラは、いつも言っていますがいつ咲くかわからないくらい小さい。でもさすがに1輪も咲いていない冬の庭は寒々…

農業高校の販売会へ〜今年の戦利品は?

今月から娘の通う農業高校で放課後、花苗の販売が始まりました。今年は新型コロナウイルス感染防止のため文化祭が中止になってしまったので、こういった販売方法になりました。 自宅から学校が遠いこともあり、送迎でよく学校を訪れています。保護者の中でも…

ペチュニアを冬越しさせてみる

色褪せたトレリスに合わせて体の色を変えているカエルを見つけて、ほっこり。丸々としていて可愛らしい。癒やされます。 ビバーナム オノンダガの紅葉。実は逆側の方がもっと赤くてキレイだったりする。 庭木は花の素敵さで選ぶのもいいけれど、紅葉がキレイ…

ビオラに続く秋の種蒔きとこぼれ種の発芽

今年の10月は雨や曇りの日が多くて、東京では雨が降らなかった日が3日しかないのだそうです。こちらも同じ関東地方ですから、同じように天気の悪い日が多いです。 陽射したっぷりな良い天気の日はもうじっとしていられない!やることはたくさんです。 ビオ…

イチジクはカミキリムシを呼ぶ木、は本当だった

何年も前になりますが、千葉県にある京成バラ園のヘッドガーデナーでいらっしゃった鈴木満男さんのバラ講習会に参加した時に、「イチジクの木を植えるとカミキリムシが来るので気を付けたほうがいい」と聞きました。 実際に植えてみると、来るわ来るわ…毎年…

ハマギクが仲間入りした秋の庭

来春の楽しみにしよう、とブロッコリー栽培を始めています。2株というささやかな数ですが大事に育てていきます。これはゴロッと大きな蕾が付くのではなく、菜の花のように細い茎がたくさん出るタイプ。スティックセニョールのような品種ですね。我が家は皆…

ビオラの種蒔き

久しぶりに種蒔きです。毎年冬には欠かせないビオラ、早いところではもう店頭に並んでいました。色とりどりのかわいいビオラを見かけて、久しぶりの再会に嬉しくなりました。毎年どれにしようか迷ってしまうほどの種類があり、見ていて飽きません。 山田ガー…

アイスチューリップに挑戦〜バレリーナを冷蔵庫へ

ここのところ、今を楽しむ花苗を植え付けながら同時に、冬〜春にむけての準備を始めています。毎年欠かせないビオラのことは後ほど記事にするとして、もうひとつ欠かせないもの。そう、チューリップです。 いろいろ咲かせてみたいのですが、今回はぐっと数を…

庭に難癖をつけられる

台風の影響で不安定な天気が続いていた北関東です。雨が降るぞと言われていながら一滴も降らなかったり、かと思えばいきなり土砂降りになったり。雲が南から北へ早いスピードで流れてゆきます。台風が通過した地域では40万人以上、と驚くほどの人数に避難勧…

秋庭へシフト

暑い暑いビニルハウス内の作業も区切りが付き、イチゴのベビー苗を畝に植える作業に入るまで束の間の休息。ことさら暑かった今年の夏も、老化の進む身体に鞭を打って本当によく頑張りました。週末はまた暑い中、園芸店での仕事です。 ゆっくりする時間ができ…

ブドウ泥棒、イチジク泥棒

台風の影響か、雨が降ったら急に涼しくなりました。夜の散歩が肌寒く感じるほど。ビオラの種を蒔きたいのだけれど日中の気温は30℃前後とまだ高めで、どうしたらいいか週間天気予報とにらめっこしています。 今日のブログのタイトル、気になりますよね。犯人…

猛暑のガーデニング

連日、気温35℃だの36℃だの、バカみたいに暑い夏が今年は特に堪えます。デスクワークに慣れてしまい全く汗をかかなかったこの私でも、屋外で働くようになって文字通り滝のように汗を流しています。体の働きとしては正常になったわけですが、この年になってこ…

心洗われる夏の花〜朝顔

先日イチゴの新品種について記事を書きました。その名前の決まっていなかったイチゴに、遂に名前が!候補は6つありましたね。人気品種とちおとめの後継種という重要任務を背負っている割にはパンチのない名前ばかりでしたが(泣)。 投票の結果、ぶっちぎり…

特別支援学級からの高校進学

私は嬉しい。早朝に昇る太陽が眩しくて晴れ晴れした気分。梅雨が明けた途端に気温が恐ろしく高いけれど、こんなにも嬉しいとは。今年の梅雨は長く、そしてよく降りました。梅雨明けが8月になったのは13年振りだそうです。まるで冬のように庭作業を放置せざ…

ガーデニングには、覚悟しなきゃならない気持ちの悪いものがある話

【お断り】 この記事には気分が悪くなるような写真や文章があります。全てガーデニングをするにあたり起こりうる真実ですが、閲覧にご注意ください。 雨降りが続き、庭で作業すると頭上から滴が落ちてきて濡れるので、家の玄関先でちまちまと作業することが…

古臭い花?昭和な花?〜ベゴニア セネタホワイト

今年は本当に雨降りが多くて、柔らかい花弁が溶ける、溶ける。特にバラ咲きタイプのインパチェンスや日々草、ガザニア、ベゴニアの類いはひどいものです。 夏の花の代表格が軒並み溶けていくのを毎週末の売り場で手入れし続けてずいぶん経ちますが、この作業…

アサガオ苗の定植

見て見て! "ちいさいおうち" のTシャツを見つけました!Virginia Lee Burtonの絵本の傑作 "The Little House(ちいさいおうち)" のTシャツです。春夏秋冬の幸せなおうちが描かれています。これを着て農作業に励んでいますよ。先日セネシオ(id:cenecio)…

素敵な名前をつけてあげたい〜イチゴの新品種 i37号

イチゴ農園ではポットへのベビー苗挿しが終わりました。しっかり根付くまでの間は暫しお休み。次のシーズンには新品種を含めた3品種を収穫することになります。 " とちおとめ " は未だに根強い人気品種ですが、品種登録は1996年とかなり以前の品種のため、…

狭いカーポート脇の花壇に選んだ植物

我が家の狭い駐車スペースに植えていた古木のローズマリーを処分してからというもの、ストレスなく車を停められるようになりました。スッキリしたフェンス沿いに風が抜けるようになり、光が通ります。もう細かな虫が舞って嫌な思いをすることもないし、水遣…

夏花ペチュニアをまたまた追加

陽射しが夏のように強烈なので、愛犬きなこの散歩は朝早く6時台に行っています。先日公園のブランコがひとつだけ、誰も乗っていないのに揺れていたんですが、あれは何だったのでしょう? ホームセンターで夏場の仕事用にと帽子を新調しました。数年前に買っ…

さよなら古木ローズマリー〜伐採を決めたお話

このブログのよく読まれている記事の中には、幾つかの剪定モノの記事があります。伸びまくるロシアンオリーブと今は亡きロータス ヒルスタスの剪定についてのこと。さて、今回の主役はどうでしょうか。小さい時はシュッとしてかわいらしいですが、大きくなる…