山田ガーデン

花や葉から、種まきから球根から。心地よい庭を作り上げる喜び。庭作りから学ぼう。

DIY

小さな反抗〜玄関に青い壁

玄関壁のリフォームも残すは1面となりました。 なぜここに手を付けていなかったのかと言いますと、ここはペンキ仕上げではなく、有孔ボード(パンチングボード、ペグボード)をビス留めして、収納壁にする予定でいたから。

昭和の板壁にタイル風シールを貼る

玄関のリフォームは続きます。ベニアの板壁はまだまだあるのです。

昭和の板壁のペンキ塗り完成

ペンキを2度塗りしても、どうも塗りムラが消えないので、もう1缶買い足して3度塗りしました。元の木目プリントベニア板が濃い色なのも影響しているのでしょう。

昭和の板壁のペンキ塗り〜その2

ポカポカ春の陽気が来たと思ったら天気が悪くなって、雪が降ったり、雨が降ったり、強風だったり。天気は毎日目まぐるしく変化する初春です。それでも出勤前に築古の家に寄っては、少しずつ作業しております。

雨樋も日焼けする

築古の我が家の外観は、長い年月太陽にさらされて塗装が傷み、あちらこちらがくたびれています。 「こりゃあ、ペンキ代がかなり掛かるぞ」最初に主人が言った一言がこれでした。

昭和の板壁のペンキ塗り〜その1

そう言えば、先日パテ埋め作業を頑張っていた日のこと。近くから男性数名の話し声が聞こえてきました。どうやらお隣さんにどなたかが訪ねてきた様子。 玄関ドアを全開にして黙々と作業していた私の耳に入ってきたのは…

昭和の板壁のパテ埋め完了

ばかみたいに長いこと溝のパテ埋めに時間が掛かってしまいました。ようやくサンディング&微調整が終わって、下地が整った状態になりました。 溝の数、39本。素人には難しい作業でした。

昭和の板壁のパテ埋め〜その3

まだパテ埋めしています。

セルフリノベ、進まず

フロアタイルとは?小さめのサイズの床材。並べて貼り付けていく。厚みは2mm前後の、複層で底面は塩化ビニル製、表面の素材は様々。フロアパネルとも言う。

フロアタイルはヤフオクで購入

前回からの続き。 安いものはそれなり。メーカー品は手が出ない。しかし主人はどうしても床を貼り替えたいと言います。どうしたらいいのだろうか…

フロアタイルのサンプルが届く

電気の新規契約を済ませ、明かりがつくようになりました。東京電力ではない、新電力会社を利用します。

昭和の板壁のパテ埋め〜その2、暖冬の庭

さて、年末に作業した壁のパテは硬化していました。試しにヤスリで平らに削ってみます。釘やネジで開いた小さな穴はきれいに塞がりました。パテの表面が傷よりも低いところは、再度上からパテで埋める、を繰り返します。

セルフリノベは来年も続く〜2023年もありがとうございました

主人はどうやらグレーがかった床のクッションフロアをどうにかしたいみたい。私はこのままも明るくていいと思っていたのですが。

昭和の板壁のパテ埋め〜その1

ブレーカーカバーに引き続き、スイッチカバー、コンセントカバーもキレイに仕上がりました。

ブレーカーカバー、スイッチカバーを塗装する〜その2

あれから3日が経ちました。かなり気温が下がって、ようやく冬らしい日々がやってきています。高台の家の室内もしんしんと冷えております。

ブレーカーカバー、スイッチカバーを塗装する〜その1

まずDIYしやすいところから手を入れよう、と選んだのは、かわいい壁紙が魅力半減している古いブレーカーカバー。さすがに新築当初から使われているわけではなさそうですが、かなり年期が入っています。

家の中の小さなセルフリフォーム

先日ジモティーに出品したもの全ての引き取り先が決まった。処分したいものは大きな花瓶があとひとつ。これも後に写真を撮って出品する予定。

街灯風ガーデンソーラーライトの掃除

DIY

お正月の話しに戻りますが、我が家は、お正月用のお餅は餅つき機で作ります。この東芝製の機械、半世紀以上現役で頑張ってくれています。懐かしい昭和の家電を特集していたテレビ番組に映っていましたもの(笑)。 母がお餅の準備をしていた時代は、「もち米…

植木鉢のリメイク、再び

いつの間にか溜まってしまったプラ鉢を処分しました。プラスチックの鉢は紫外線で劣化してしまうので、ほとんど使いません。グリーンか黒の決まった色、もしくは庭に違和感を与えないものだけを厳選して使うことに決めています。 なんだか気持ちがモヤモヤす…

ホトトギスの咲く庭

英名 : toad lily : ホトトギス " 東雲 " 山田ガーデンの秋の代表花、ホトトギスの開花です。日本原産の山野草ですが、園芸品種はたくさんあるので、洋風なお庭にも必ず合うものがあるはずです。 日陰・半日陰の場所にオススメですよ。 こっちは駐車スペース…

レンガ敷き終了

なんとなく分かったような気がする。ペチュニアはピンチすることで生き返るってこと。だってピンチした後に咲いた花はこんなに色模様をキレイに出してくれたんだもの。ピンク色の面積が大きくて、買った時と同じペチュニアとは思えないくらい。北欧デザイン…

庭にお茶を飲むスペースを作ろう

DIY

私はコーヒーが大好きで、以前はよく起き抜けにマグカップ片手に庭に出ていました。木陰にしゃがんで、緑を眺めながらコーヒーを飲むことがとても好きでした。それをしなくなったのは、周りにたくさんの住宅が建ってしまったから。しゃがんでコーヒーを飲ん…

2基目のバラアーチ~新雪のために

「立てるしかないか。」 主人とホームセンターへ急ぎました。お目当ては120cm幅の手軽なもの。突然ですが2基目のバラ用のアーチ、立てちゃいました。 冬の間にろくな剪定が出来なかったつるバラ 新雪は、恐ろしいくらい大量なステムを伸ばして蕾を付け、そ…

28日、お正月飾りを手作りする

DIY

山田ガーデンが働くイチゴ農園の奥さんはリース作りがとても上手で、農園の作業終わりの夜に友達を集めては皆でリース作りをして、イベントに出店したりしています。 その影響もあって、私も玄関に飾るお正月飾りを初めて手作りしました。 いつもはチープな…

フェンスパネルでDIY

DIY

格子扉です。 ホームセンターによくある格子のフェンス用パネル、実はあまり好きではないです。薄い板が格子状に留めてあるだけなので、数年で割れたり外れたりするのが目に見えているから。 それでも今回はお財布の関係上、仕方なくこのパネルを使って扉をD…

レンガの小路をDIY 、再び

DIY

寒い3日間となり、山田ガーデンの住む北関東ではみぞれが降りました。 3月中旬までは湿った重い雪が降ることがよくあるので、驚くことはないのだけれど、例年より寒い冬だっただけに、もう勘弁してよって言いたくもなります。 さて、先日どうも上手く使え…

本命トレリスのDIY

DIY

先日、青いトレリスをDIYしましたが、あれは準備運動みたいなもので。ご存知の通り、本命はまだ作っていなかったのです… 昨日はは朝早くに予定があり有給休暇をもらったので、早速空いた時間に取り掛かりました。 Pinterestで見つけたこの画像に一目惚れ!ヘ…

フォーカルポイントを作ろう~ミニトレリス作り直し

DIY

フォーカルポイント。庭の中で目を引き付ける重点的な場所。山田ガーデンにはあるかしら。 ソーラーの白い街灯風ライトは目立ちますが、その周りを何か工夫しているかと問われれば…言葉に詰まります(汗) バードバス周辺も同じく、フォーカスするにはちょっと…

寒い冬は駄鉢のリペイント

DIY

昨夜テレビを見ていたら、元AKB48の篠田麻里子ちゃんが、包装紙で花束のようにラッピングされた長ネギの束を抱えて都内を歩いている光景が映し出されてビックリしました。 "野菜を寄せ植えに混ぜ込む"、は流行っているようですが、都内では野菜そのものの花…

冬の予定

いよいよ師走です。 咲き終わったルドベキア タカオの株に1輪の花が咲いた山田ガーデンです。隣のもうひとつは咲けるかな?花芯が小さくてタカオではないような花です。 ルドベキアは寒さに強く、チェリーブランデーなどは厳しい寒さの中でも株元に葉をもし…