山田ガーデン

庭から、学ぼう。

種のF1って、なぁに?

 

大阪の国華園さんより、注文していた春蒔き種が届きました。

こちらでは、大量に仕入れた種を小袋に詰めているのでしょう。袋に品種の写真はありません。 

だから安く販売できるのですね。



f:id:y-garden:20170207205240j:image

ところで、袋をよく見ると、何やら記号が。

F1。

そういえば、ビオラF1って苗を見たことがあったのを思い出しました。F1とは何のこと?調べました。

 

 
◎ 交配種(F1)
現在、一般に市販されているのが、この"交配種(F1)"というものです。異品種の交配から生まれるので、"雑種"(英語ではハイブリッド)と呼ばれます。

 

 違う品種の株を二つ掛け合わせると、子は雑種1代となります。1代は、両親の性質のうち優性のほうが現れ、劣性の性質は現れません。両親のどちらよりも丈夫でよく成長し、品質もよくそろい、収量も多くなります。この現象を「雑種強勢」といいます。

 

しかし、親の優れた特性が子に出るのは1代かぎり。そこから種を採っても、親と同じようには育たず、形や性質が不揃いになってしまうため、種苗会社は雑種強勢を利用して毎年同じように交配させた雑種1代を作らなければなりません。そして農家は毎年その種を買うことになります。昭和40年を境にこの交配種が主流となりました。

種のことを知ろうhttps://nijinotanetori.jimdo.com

 

 

メンデルの法則の優性遺伝だよ、ということですね。カタログ通りの花が咲きますよ、の印。

特に新種には表記されるようです。

 

 

 

実は、抜粋させていただいた上記の記事には続きがあります。

書いてあることが真実なのだとしたら…ちょっと怖くなる、考えさせられる内容が。

正直「園芸業界ってなんなのだ?」と思いました。

軽々しく"園芸店をやりたい"と口にした私は、あまりにも種のことを知らなさすぎでした。

楽しんでガーデニングをされたい方は読まないでください。知らないほうが幸せです。

私も知りたくなかった。

 

F1という記号に疑問を持つことが、こんなにも重いことだなんて───。

 

 


f:id:y-garden:20170208073733j:image
忘れるべきか、忘れざるべきか。

届いた種の袋を眺めながら、複雑な気持ちになってしまいました。

 

私は、それを生業としてやっていきたいと思っているからこそ、裏側を知らなくてはいけない。

それを人に伝える必要があるのかどうかまでは解らないけれど。