山田ガーデン

庭から、学ぼう。

ジニアの発芽

 

連日、種蒔きに関する記事が続いています。

日曜日に蒔いたジニアの種が、早速発芽しました。たった3日でですよ!

朝、仕事に向かう前に観察したら、土が盛り上がっていたので、もしかしたら…と楽しみに帰宅。

嬉しくて、家族みんなに見せて回りました(笑)

「これ、何?」「百日草だよ!」

「これ、何の種?」「百日草だよ!」

 
f:id:y-garden:20170330064334j:image

百日草(ジニア)だよ! 

 

 

「種蒔きなんて、ちょっと暖かい時期に土に埋めて、水をやっていればいいんでしょ?」

 

山田ガーデンも最初はそう気楽に考えていました。

昨年1年間、色々な種類の種を蒔いてみて、簡単に発芽するもの・しないものがあることに気付きました。

真っ暗でないと発芽しないもの、またはその逆もあったりして。

小学校の理科の教科書通りにはいかない、その奥深さ。

だからこそ、芽が出た時は本当に嬉しいものです。

 

今回のジニアは、南向きの出窓に並べ、日中たっぷりと暖かい陽を浴びられるようにしました。うまく温度が20℃まで上がったようです。

比較的楽に芽が出る植物だと感じました。

 

まだ風が冷たい日が続き、外は太陽が出ていても、ポカポカ陽気までとはいきません。

ゆっくり庭作業をしたい週末も、残念な曇り空の予報です。

 



f:id:y-garden:20170330064736j:image

秋に種を蒔いたカレンジュラがようやく大きくなりました。

次の種蒔きもあるので、そろそろ小さなポットからお引越しさせましょうか。