山田ガーデン

庭から、学ぼう。

男の植物


女性的な植物。男性的な植物。
フランス語に男性名詞・女性名詞があるように、植物にもそんな分け方がなんとなくあるような気がしています。
(フランス語は関係ないか…女性の身につけるスカートが男性名詞だったりする)

小さな花がたくさん咲いたり、ひらひらした花弁のものは女性的に感じます。

f:id:y-garden:20160719225808j:image

f:id:y-garden:20160720063240j:image

f:id:y-garden:20160720063354j:image



逆に葉ものは、間違いなく男性的。大株なら尚更です。
ギボウシ、ヒューケラ、コリウスなど。
この3種類だけで庭を作ったら、絶対カッコいい!庭の持ち主に惚れてしまうかもです(笑)

f:id:y-garden:20160720063255j:image

f:id:y-garden:20160720063307j:image

多肉植物は中性的な魅力がありますね。
山田ガーデンは育てたことはありませんが、少しずつ大きくなるかわいさは、他の植物と同じでしょう。


そして、これなんてどうですか!?


f:id:y-garden:20160720063338j:image
レックスベゴニア 群雀
これぞ、男の植物!

葉のデザインも豊富で、全部集めたくなりそうです。
外で冬越しができないそうなので、そこはギボウシに軍配が上がりますが、それにしてもこの貫禄!

f:id:y-garden:20160720063736j:image

f:id:y-garden:20160720063756j:image

がさがさした大きな葉、これぞ男性的!
早く鉢に植え替えたい!