山田ガーデン

庭から、学ぼう。

鬱には庭

 

季節の変わり目は、 気分も浮き沈み変わる時。

精神的な不調が出る方も多いそうです。

私も秋は調子が上がらない。行事も多いので、賑やかな場所に足を運ばなくちゃなりません。憂鬱です。

 

同居している私の母が鬱病になってから、かれこれ15年が経ちます。

不眠と気分の落ち込みで、1年の半分以上はベッドで過ごしています。

 

鬱病になりやすいタイプの性格というものがあるようでして、真面目で手を抜かない、正義感の強い人が我慢を重ねた結果、発症してしまうと言われています。

 

そんな母に育てられた私も、同じようにいつか倒れる日が来るんだろうなと、ここ最近は考えることが多くなりました。

 

鏡に映る自分の顔が、母に似すぎていて怖くなる。 

同じようになってなるものかと、あがいてみたりする。

 

ネガティブな母の思考を受けて育っているからには、私も同じような思考癖を持ってしまっている筈だから。

 



f:id:y-garden:20161121004345j:image

日が短くなるのが本当に寂しい

毎日楽しみだった庭作業の変わりに何をしろと?

 

 

でもそれは、私で終わりにしたい。

私の子供たちには、笑顔で明るく活発に生きていって欲しいから。

 

言葉の裏側を読み過ぎなくていい。

謙遜し過ぎなくていい。

無理なことは助けを求めていい。

気持ちを押し込める必要はないんだよ。

 

それを教えるには、私が変わらなきゃいけません。

これが一番難しいこと。

 

 

庭作りを始めたのは、母に花を眺めて穏やかな気持ちになって欲しかったからでした。

でも最近わかったのは、誰の為でもなく、私自身の心の安定の為だったのだということです。

 

週末ガーデナーになんてなりたくない。

強く強く思います。