読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山田ガーデン

庭から、学ぼう。

オダマキの代わりに~ゲウム リバレ

 

去年咲いた花が、今年また同じように咲くとは限らない。

うまくいっていたことは、いつか終わりがくる。

ううん、うまくいっていると思っていたのは自分だけで、本当は綱渡りだったのかも知れない。

もしくは本当にうまくいっていたのに、たった一度の何かしらの原因が取り返しのつかないダメージとなったのかも知れない。

どちらにしても、もう仕方のないこと。

 

 

昨年咲いたオダマキの株が消滅してしまい、こぼれ種も花が咲けないほど小さいので、オダマキのように花首が上に伸びるものを、と選びました。

 
f:id:y-garden:20170328181753j:image

ゲウム リバレ

 

 

オダマキの株は寿命が短いというのは本当でした。


f:id:y-garden:20170328214804j:image

お正月までは葉を確認できていたのに…

こぼれ種の発芽率がいいので、うまく赤ちゃんを育てながら、株を更新した方が絶えることがなさそうです。

 

このゲウム、和名は"ダイコンソウ"と言って、ホームセンターで売られているほどポピュラーな植物です。

葉が大根に似ているから、この名なのだそう。

暑さが苦手とのことなので、柚の木の枝で影ができる場所に植えてみました。

雪に埋もれても大丈夫なほどの耐寒性が、安心して植えられる決め手となりました。

 

オダマキが持つ、繊細な細い茎や愛らしいハート形のような葉。

何とも言い難い芸術的な花の作りには敵わないけれど。

縁があったら、またね。