山田ガーデン

庭から、学ぼう。

シャンテ ロゼ ミサトの開花

 

朝から庭に出ると、バラの新しい蕾ががたくさん開いていて、すぐにゆっくり眺めたいところですが、現実は地面に這いつくばりながら散った花弁を掃除しつつ、時々顔を上げてバラを眺める。

しばらくはこんな朝が続いています。

 

 


f:id:y-garden:20170522032616j:image

chant rose misato "シャンテ ロゼ ミサト"

仏名 : soeur Emmanuelle

シャンテ ロゼ ミサトは日本での呼び名です。

 

ビー玉のような真ん丸の黒い蕾は、ほどけて開いていくうちに、徐々に色を変えてゆきます。

バーガンディーから薄い紫のようなピンクのような…

 


f:id:y-garden:20170522100537j:image 

いつも悩みます。このバラは紫なのかピンクなのだろうか。

"ラベンダーピンク"とでも言っておけばわかっていただけるでしょうか。

開くとかなり大きいですね。今年は蕾がたくさんついて嬉しい限り。

本当は山田ガーデンに来る予定ではなかった、間違ってやって来たバラなのです。赤黒い蕾が現れた時は、そりゃあ驚きました。

こんな出会いもあるのですね。

 


f:id:y-garden:20170522100552j:image

 

「高芯咲きじゃなきゃバラって感じがしない 」と主人は言います。

逆に山田ガーデンは、高芯咲きばかりじゃないバラの品種の多さに驚き、一重バラから平咲き、ロゼット咲き、と気付けば様々な品種が咲く、現在の庭の姿となりました。

もうひとつ、バラに興味が湧いたのは"バラ栽培に関する専門用語の多さ"。

ベーサルシュートやサイドシュート、出開き、ボーリング…育てているガーデナーさんはよくご存知の専門用語ですね。

これらを覚えることが楽しくて仕方なかった。興味が湧くと一直線!な気質なので、あっという間にのめり込んでしまって(笑)

 


f:id:y-garden:20170522212832j:image

カフェの蕾も次々に開きます。

 

さて、コーヒーでも飲むとしますか。