山田ガーデン

庭から、学ぼう。

剪定~ロシアンオリーブ

 

今の時期がベストな剪定時期だとは思えませんが、もう我慢の限界だったから。

天気の良かった週末に、ロシアンオリーブの剪定を行いました。


f:id:y-garden:20170903185734j:image

元気がいいのは嬉しいんだけれど、すぐにワサワサしちゃうの。

長く伸びる枝はもちろん素敵なんですよ、風に揺れる銀葉の美しさったらない。

しかし黒い穂のペニセタム ミレット パープルマジェスティが囚われの身に…


f:id:y-garden:20170903185747j:image

一回り小さく剪定しました。ちょっと陽が強く、光って見えにくいですが…

ロシアンオリーブは上向きに強く伸びる枝が出てしまうので、山田ガーデンはその部分は必ず切るようにしています。ただ、上向き枝でも細ければ、しなだれてはくれますよ。

枝がしなだれるくらいが1番美しい気もしますが、ここまで剪定しても、3カ月程でわさわさと伸びてしまいますので、それを考慮して剪定した方が良いと思います。


f:id:y-garden:20170903190030j:image

中の細かい枝を抜いたので、株元のホトトギスに木漏れ日が。いい感じです。

 

 

晩秋には、楽しみなイロハモミジの剪定が控えています。

モミジといえば、日本庭園の美の頂点に君臨する植物。山田ガーデンのイロハモミジはまだ若いので、徒長枝がびゅんびゅん出ていて美しさには程遠い姿です。どう形作ったらいいものか見当もつきません(笑)

今はYouTubeで剪定の動画が見られる時代ですので、それを見ながらひたすらイメージトレーニング中。

ポールスミザーさんがモミジの剪定をする動画もありましたが、こちらはナチュラル過ぎる感じの剪定だったので、今回はパス。

 

あぁ、剪定を済ませると気分もスッキリ。

嫌なことは全部枝に乗せて、切る。ストレス解消。