山田ガーデン

庭から、学ぼう。

変わる農業高校

 

土曜日。暇をもて余した娘が「何か、庭作業ないの?」と言うので、残りのフェンネルの芽を一緒にビニルポットへ植え替えてもらいました。

これでフェンネルはさらに16ポット増え、その他のポットと合わせて92ポットにもなりました。

大量の種を全部蒔かずに、香辛料として料理に使えば良かったのだ、とCoCo壱番屋のスパイスカレーを食べながら気付きました…

 


f:id:y-garden:20181119080505j:image

娘が受験生なので、最近は様々な高校受験のための説明会に参加しています。向かう先は決めているようですが、密かに農業系の学校へ進んでくれないかな~と思っています。押し付けることはしませんので、口には出しません。そっと心の中でだけね。

 

私の住む県では、数年前に学区が廃止となり、県内のどこの高校へでも進学出来るようになり、選択の幅が広がりました。

高校も合併や名称変更が進んでいます。

気付いたのは、農業高校が「◯◯農業高校」といった名前ではなくなっていること。大人になった今は何とも思いませんが、"農業高校" ってちょっとカッコ悪い感じがしたものです。表面でなんでも判断してしまう年頃でしたから。

 

説明会に参加して眼からウロコだったのは、普通科でも農業の授業が必須科目として組み込まれている学校があったこと。その学校は、普通高校と農業高校が合併してできた新しい高校なので、普通科もあり農業科もあります。

「せっかく農業科があるのだから、普通科にも農業を知ってもらって、興味を広げてもらいたい」と科にこだわらない方針を打ち出していました。普通科に入学したとしても、必須科目の農業に興味を持ったならば、その後も選択授業で農業を選んで学ぶことができると言うのです。

 

 

家が農家でない限り、15歳やそこらで「農業を学ぶぞ!」と決心する子供は少ない。ましてやこの時代、農家を継ぎたくないと思う子供が多いくらいなのだから。

それは私たち大人が、農業は自然の力を借りて命を育む素晴らしい仕事なのだと伝えて来なかったから。社会全体が利益ばかりを追いかけ、ついてこられない人間を死に追いやる方向に舵を切っているからだと私は思っています。

希望者が少ないならば、その枠外からやってきた人を取り込むことで、農業に目を向ける人がひとりでも増えて欲しい。

農業高校ならではの悩み。それを打開する策を打ち出した高校が、私にはとても魅力的に見えました。

 

 

「今は園芸が好きだから、そう思うんでしょ」完全に娘には見透かされています (笑)。

でもね、私も考えたことがあったのよ。授業でメロンを栽培したり、馬の世話をするなんて、面白そうだなって。

あの時、農業高校を選んでいたら、今とは違う人生があったのだろうな。まさに人生の岐路だね、高校受験は。

 

 

 

 

 

 

 

合計76ポット~赤ちゃん苗の移植

 

1カ月前に種を蒔いて発芽した苗が、先日までの暖かさでかなり成長しました。本葉も出てきたので、連結ポットからビニルポットに移植するにはいい頃です。

ぽかぽかと暖かい陽気の中、作業を始めました。

 


f:id:y-garden:20181115104812j:image連結ポットから抜いた図。後ろにぼんやり写っているのは、移植を終えたもの

 

これは一年草のセリンセ。芽が出なかった時のために、連結ポットの1区画に複数の種を蒔きましたので、全部発芽した現在、根が絡んでしまっているわけです。

優しく振って土を落とし、絡んだ根をほどいて1芽ずつビニルポットに植えます。焦らず落ち着いてやれば、細い根も切れることなく上手くほどけます。ほどけた時の嬉しさといったら、もう!

セリンセは発芽率が良いので、最初からビニルポットに1粒ずつ蒔いた方が楽だったね。

 

 

培養土を使いきってしまったので、ホームセンターへ買い出しに行き、仕切り直しです。

ビニルポットも足りなくなったので買い足しました。苗を買う度に、その入っていたポットをある程度ストックしていましたが、全く足りそうにない状況に。ちなみに100ポットで160円でした。安くて良かった。

 


f:id:y-garden:20181116073531j:image

次は見るからに大変な状態のラークスパー。1区画に10芽くらい出ています。こんなに発芽率が良いとは想定外でした。

同じように土をフリフリ振り落としながら、少しずつ根をほどき、1芽ずつビニルポットへ移植してゆきます。

もしこの苗を園芸店で買うとしたら1ポット100円ですが、自分で採った種を蒔いて育てるとどうなのか。計算は別の機会に書きますが、ビニルポットと培養土を買っても、なんとたった7円で済むことが判りました!

 


f:id:y-garden:20181116113315j:imageこれはホンの一部

出来上がったのは、セリンセ20ポット、ラークスパー46ポット、フェンネル10ポット。

合計76ポット!どうしましょうかね(笑)

 

フェンネルに至っては1芽ずつ植えるのはしんどく、挙げ句まだ終わっていません。ラークスパーも最後はギブアップ…70芽は地植えにしてしまいました。

細いものは間引きすればいいのでしょうが、せっかく発芽したのだもの、処分するのは心苦しくて。

 

 

今回の移植で気付いたことは、大きな種は最初からビニルポットに1粒ずつ蒔いた方が良いこと。

細かい種は、区画の小さな連結ポットを用意して1粒ずつ蒔いた方が良いこと。

次回の種蒔きは、楽に効率的に作業出来るようにしたいと思います。

 

しかし76ポット。この狭い敷地でどう管理してゆこうかしら。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

剪定~フレンチラベンダー

 

f:id:y-garden:20181110002158j:image

アメジストセージの中に佇むきなこを撮ろうとした途端に、あっちを向かれてしまった…まだまだ臆病なので、外へ出ると耳を立てて警戒しています。

 


f:id:y-garden:20181113101926j:imageお昼寝中

暖かい場所を選んでのんびり。家では耳を下げ、尻尾を振ってでろでろに喜ぶ姿も見せるように。もう何も心配はいりません。

 

 

さて、アメジストセージの紫色繋がりで、山田ガーデンのフレンチラベンダーの存在を思い出しました。春にしか咲かないので、存在感が薄いです(笑)


f:id:y-garden:20181114105650j:image 2018年5月の様子

枝が伸び過ぎると倒れます。少し倒れて動きがある姿が自然で好きですが、通路を塞いでしまうのが困りもの。

こちらも冬支度で剪定しておきます。にわか美容師、再び登場です。

 


f:id:y-garden:20181114122218j:image

先日記事にしたロータスのように、ラベンダーも木化してゆきます。剪定は全く同じやり方。ちなみにローズマリーもラベンダーによく似ていますが、花が咲くのはこれからなので、今は剪定はしません。

ラベンダーも内側の細い枝は蒸れると枯れるので、取り除いておいた方が良いです。何事も風通し良く、が鉄則です。

 


f:id:y-garden:20181114122303j:image

ちょこちょこ出ている新しい芽と芽の中間で切り戻します。

木化していくということは、それだけ時間が経っている古い枝だということ。思い切り切って新しい芽を伸ばしてあげることは、株全体の寿命を延ばすことにもなるのです。

 


f:id:y-garden:20181114122425j:image完成!

通路側は短めに剪定しました。もうちょっと切っても良かったかなぁ。この見極めがいつも悩むところです。

 

 

 

 

 

 

 

 

剪定~ロータス ヒルスタス ブリムストーン

 

宿根草は、1度植えれば後はちょいちょいとメンテナンスしてあげるだけで毎年楽しむことができるので、庭には欠かせません。


f:id:y-garden:20181113081126j:image

2年前に植え付けたロータス ヒルスタス ブリムストーン宿根草の扱いとされていますが、年月が経つにつれて茎は固くなり木化してゆきます。

新芽が柔らかな黄色をしていて美しく、1年中飽きることがありません。

良く伸びるので、なんだかデカくなってきたな、と気付くたびに小さく刈り込んだりはしてきましたが、冬支度のメンテナンスを兼ねて、この時期に剪定することにしました。

 


f:id:y-garden:20181113082117j:image

葉には細かな毛が生えていて、柔らかな手触りですがアブラムシが付くのですよ。毛が生えていたら虫は付かなそうに思えますが、そんなことはないのですね。それを見つけて「ええい、切ってしまえ~」と半分程に刈り込み。

伸びた上部をちょんちょんと切り続けていたこともあり、上の方だけ枝分かれして重みがあるのも気になったし。

 


f:id:y-garden:20181113083355j:image

大胆に剪定しても大丈夫だと確信したのは、全体から新しい芽が出ていたから。この新しい芽を生かすため、必ず芽を残すように切ります。

内側の細い脇芽は枯れがちなので、これも切り取ってしまいます。風通し良くしてあげることが1番。蒸れには弱いです。

 

この刈り込むという作業、美容師さんになったつもりで行っています(笑) ここが長い、こっちは切りすぎた、とかブツブツ言いながら。

にわか美容師の作業はもうちょっと続きます。

 

 

 

 

 

 

 

2018年 柚の収穫

 

f:id:y-garden:20181111171221j:image

朝からよく晴れた日曜日。今週半ばから寒さが戻るとの予報を聞き、柚の収穫をすることにしました。寒いと何かと作業が億劫になりますからね。

祖父が植えて30年以上経っている木です。今年は娘がヤル気満々で手伝いをしてくれました。

 

2016年が1番収穫量が多い年でした。まだ小学生だった息子が手伝ってくれましたっけ。この頃から学校をぽつぽつと休むようになっていたのでした。

学校に行けなくても、学校ではできない体験を。それがいつかいい思い出になってくれたら、または身を助ける何かに繋がるかも知れない。そんなことを考えていました。

 

 

昨年はほとんど実がなりませんでした。 2015年に引っ越しで移植した時もなりませんでした。それまでは気にしていませんでしたが、収穫は1年おきにしかできないものなのかも。実を結ぶことはエネルギーを使いますからね。

 


f:id:y-garden:20181112092017j:image今年は20個くらいかな

若い頃は柚のありがたさが全く解っていませんでした。ミカンだったら嬉しかったのに、と何度思ったか分かりません。地味だもの、柚って。

でもミカンにはミカンの、柚には柚の良さがあるものです。年を重ねてやっと気付きました。

柚にしかできないことがある。私はこの柚の木が大好きです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ビオラの調和力

 

f:id:y-garden:20181110083904j:image

雨上がりのビオラたち。珍しくもない花なのに、春以来の再会に笑顔になってしまいます。この小さな花には人を元気にする力がある。絶対にある。

 



f:id:y-garden:20181110102917j:image

パンジービオラが並ぶ売り場を見ていると、なんだか人間の集団みたいだな、と思ったりします。

ひとつひとつが個性を持っていて、集まるとそれぞれがそれぞれを引き立てる。色とりどり集まってもお互いを殺し合わずに調和する…ひとりでは寂しそうでも、たくさん集まると強くなれる。

スイミー?ちょっと違うか。

 


f:id:y-garden:20181110101338j:image

昨年は茶系のビオラをハンギングしていたけれど、今年は元気になれるビタミンカラーにしました。手作りの青いトレリスとビオラの黄色が良い組み合わせ。山田ガーデンの好きな組み合わせです。



本屋に行く用事があったので、ガーデニング雑誌を立ち読みしてきました。ごめんなさい、無職なので1冊に何千円も出せませんの(笑)

ガーデニング雑誌は季刊誌が多いので、今の時期の発行でも春先のバラが咲き誇る写真がたくさん掲載されています。

最初は楽しく読んでいましたが、徐々にお腹いっぱいになってしまって。ガーデナーさんの素敵なお庭の写真がてんこ盛りで、なんでしょう、「凄いでしょ、この庭も凄いでしょ!」って押し売りみたいに思えてきてしまいました。1冊の本の中身も調和が大切なんだなぁと感じました。

 

明るくて愛くるしい、かわいいビオラに教わることは、まだまだたくさんありそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

実る秋

 

ちょっと落ち込んでいる間にも、山田ガーデンに訪れた秋はどんどん進んでおりました。


f:id:y-garden:20181108231731j:image

ギボウシ (ホスタ)  ブルーカデットは眩しいほどの黄金葉に。今週は雨や曇りの日ばかりで、束の間の太陽に輝いていました。

そういえば少し前に、「庭に植えてくれたギボウシが黄色くなってきちゃったんだけど」と妹が心配していました。ギボウシ宿根草なので冬は葉が枯れますが、根っこは土の中で生きています。春になれば再びちゃんと芽が出てくるのですよ。

 


f:id:y-garden:20181108232902j:image

せっかく実を付けたイチゴは、油断していたらナメクジに食べられてしまいました。朝晩の気温が下がってもナメクジは案外たくましくて、植木鉢の下などで寒さをしのいでいます。要注意です。

 


f:id:y-garden:20181108234259j:image

見上げれば、柚。今年はたくさん収穫出来そう。

 


f:id:y-garden:20181108234442j:image

よく探したら見つかったロシアンオリーブの実。余りにも枝が早く伸びるので、1年中容赦なく剪定してしまっているから、実がならないのです。

 

過去にはこんなにたくさん実を付けていたなんて信じられない。

 


f:id:y-garden:20181109121132j:image

コリウスもミズヒキもそろそろ終わりです。

葉が落ちて、枝姿になってきました。

 



 

 

 

 

 

 

陶器市で再び花瓶を買う


f:id:y-garden:20181106231938j:image

今まで青森県の伝統刺繍 "こぎん刺し" を楽しんできましたが、ちょっと違うことがやりたくなって。裁縫の原点である、花ふきんを縫い始めました。

余計なことを頭の中から消して、無心で針を動かす。なみ縫いで模様通りに針を刺してゆくだけなので、簡単そうに見えるでしょう?ところがとっても奥の深い刺繍なのです。

まず、縫い目のサイズを揃えて、ばらつきなく均等に刺してゆかないと仕上がりがきれいに見えません。下絵が点線でプリントしてあるので、その通りに刺せばいいのですが、何せ機械での印刷ですから多少線が歪んでいたりします。それを微調整しながら。それから線の交わる部分や刺し終わりも、気を抜かずに丁寧に。

これは朝顔の図柄。アラが目立ちにくい、初心者向けの図柄なんだそうです。ちなみに印刷の下絵は水洗いすると消えます。

 

 

気軽に花を楽しむことができる小さな花瓶を少しずつ増やしたくて、週末は庭から離れて陶器市へ出掛けてきました。

場所は栃木県益子町の秋の陶器市。昨年も出掛けたイベントです。

 


f:id:y-garden:20181107001033j:image

この益子陶器市は毎年、春と秋の2回開催されています。いつもは春のGW時の開催に足を運んでいますが、今年は春に出掛けなかったので、この時期になりました。

益子焼は厚みのある素朴な風合いの焼き物で、土本来の色に艶やかな黒や茶色で色を付けるものが一般的でした。最近は若い作家さんが増えて、デザインも色も若者が好むような焼き物が増えてきています。

メイン通りは人と車がごった返していて、写真なんて撮れたもんじゃありません。山田ガーデンが好きな、この静かな裏通りの坂道で伊集院光さんをお見かけしましたよ。

 


f:id:y-garden:20181107002227j:image

坂を上がって行った広場には、地元の益子焼以外の全国の焼き物作家さんが出店するブースが並びます。

 


f:id:y-garden:20181108004927j:image

これは益子焼の椿の箸置き。オーソドックスな古いデザインですが、逆に温かみを感じて思わず買ってしまいました。

 


f:id:y-garden:20181107002732j:image

今年は、千葉県行田市の焼き物作家 岩田智子さんの一輪挿しに度肝を抜かれた!

縦横どちらにしても使えるキューブ型。なんて斬新なデザイン!

 

 

 

 

 

 

 

孤独なガーデナー

 

実は、ここのところ気分が優れない日が続いています。頭が働かない感じで、ブログ記事を書きたくても言葉が浮かんでこない。やっと書いても、読み返すと薄っぺらな内容に辟易してしまう。やれやれ、困ったものです。

 

 

先日偶然に、仲違いしてしまったブロガーさんの記事を見つけてしまいました。検索した訳ではなく、はてなブックマークを見ていたら関連記事として表示されたものです。

もちろん内容は読んでいませんが、そのブロガーさんの存在を目の当たりにして、何とも言えない気持ちになりました。まだ書き続けていたんだなぁ、と。書くことで精神が安定するって言っていたもんなぁ。読者もたくさんいる人気のブログだろうし、きっと私のことなんて忘れて楽しく書いているのだろうな。

 

あの時のことを思い返すと、やっぱりよく解らない。騙されていた。私のコメント欄を、他のブロガーさんといいように使っていたとしか思えない。仲良くできて嬉しかったのに────。

それが、最近気分が優れない理由。

もう乗り越えたはずだったのに、色々と思い出してしまい、急に苦しくなりました。

 

 

以前から言っていますが、私は人付き合いが下手です。仲良くなりたいと思いながらも、心のどこかで、ある一定の距離を保っていたい気持ちがある。全てを知られたくないから、ある程度仲良しの形になると、そこからするっと抜け出したくなる。

何故かは解らないけれど、そのブロガーさんにはその気持ちは起こらなかった。きっと彼女がとても正直に、細かな心の揺れ動きをさらけ出していたから。

そして、そんな彼女がとても自分に似ていると思ったから。

だから、悔しくて悲しい。今でもそんな気持ちになる。

たかがネット、されどネット。人付き合いはどんな世界でも難しい。

 


f:id:y-garden:20181104103300j:image

今日もひとり庭に出る。私は孤独なガーデナー。

 

 

 

 

 

 

 

命を繋ぐ種蒔き

 

f:id:y-garden:20181102221844j:image

ムクゲの落ち葉の中、オルラヤがすくすくと育っています。採り蒔きしたものはもうこんなに大きくなって、かわいいレース葉を広げています。

 


f:id:y-garden:20181103085818j:image

2週間前に種蒔きしたオルラヤも芽を出しました。

 


f:id:y-garden:20181103090121j:image

これはポット苗を買って咲かせたラークスパーから種を採り、蒔いたもの。薄い紫の花が咲きます。これが芽を出してくれたことが1番嬉しい。種から育てる初めての植物って、楽しみがいっぱいです。

これから1芽1芽ポットに植え替えるという、気の遠くなる作業が待ち受けていますが(笑)。

 


f:id:y-garden:20181103090935j:image

息子の通う学校の花壇は、もうすっかりキレイに耕されていて、パンジービオラを植える準備に入っています。凄いボリュームで咲いていたマリーゴールドは、ポリ袋いっぱいの種を採り、来年また命を繋いでゆきます。

山田ガーデンのマリーゴールド ジェスターも終盤になりました。数が咲いてくると、しましま模様が良く出てきます。

そうそう、「もう少し経ったらノースポールの苗を持っていって下さいね」と先生がおっしゃってくださいました!収入のないガーデナーにはありがたいお言葉です(笑)