山田ガーデン

庭から、学ぼう。

大きくなったら

 

園芸店を開くために、貯金をしながら、園芸本を読み、種を蒔き、苗を植え付ける…

今の山田ガーデンには、まだこれしか出来ません。

経営資金は助成金の助けもありますが、そんなものをあてにして始められるほど、開業するということは楽じゃないことくらいは解ります。

それにもっと植物のことを勉強しなくては。

 

息子が小さかった頃、こんなことを聞かれました。

「ねぇねぇ、ママは大きくなったらなにになるの?」 

 

ハッ、としました。

ママはもうずいぶん大きくなったんだけど(笑)そうか、これから何を始めてもいいんだね、幾つになっても夢を叶えていいんだ、と思ったものです。

病気になった時のために保険に入ったり、お財布にいっぱいポイントカードを持ち歩いたり、そういったことがバカらしくなる。

そんなものは純粋に将来を夢見る子供達にとって、どうでもいい話。

ただ真っ直ぐに、今と未来だけしか見ていないのだから。

 

日本テレビで放送していた「おおかみこどもの雨と雪」は大好きな映画なのですが、昨夜の私にはちょっと重かったなぁ。

2人が我が家の子供達と重なるからです。

この映画を観ると苦しくなります。 観る度に苦しさが増しているように感じます。

 

 

種蒔きをしたいと思いつつ、なぜか気分が乗らなくて足踏みしています。

3月も終わるというのに、冷たい風。

 

 
f:id:y-garden:20170325090548j:image

ムスカリが咲き出しました

青のグラデーションがキレイです。