山田ガーデン

庭から、学ぼう。

山火事の原因~ユーカリ

 

カリフォルニアの山火事で、広大なブドウ畑が焼失してしまったニュースは、かなりショッキングでした。

山田ガーデンはお酒はほとんど飲みませんが、カリフォルニアが有名なワインの産地だということは解ります。

そして頻繁に山火事が起きていることも。なぜなのでしょう?自然発火してしまうということですよね。


f:id:y-garden:20171013061545j:image

テレビのニュースで聞き「えっ?」と驚きだったのは、実はカリフォルニア州にはユーカリの木が多くある、ということ。

すぐにピンときました。火事の原因はユーカリだったのです。

 

  

ユーカリは油分の多い木で、葉からは引火性のあるガスを出すことを、小さなユーカリ グニーの苗木を買ってから知りました。

太陽に届きそうなほど高く伸び、自然発火を引き起こします。"燃えてしまう"のではなく、自分で"燃やしてしまう"のです。

では、何のために?

それは子孫を残すため。

ユーカリの種は、高温に晒されて初めて弾け飛びます。山火事を起こすことは、ユーカリが生き残るためには必要なのです。

 

炎とは切り離すことはできない木だとすると、カリフォルニアの山火事は、ユーカリを選んで植えてしまった人間のミス、だということになります。

どんな風に育つのか、どんなことに利用出来るのか、また逆にどんな弊害が生まれるか。昔の人間は知らずに良かれと思って植えたのでしょうが、無知ほど恐ろしいことはありません。

軽々しくあれこれ調べもせずに植えてしまうのは、やっぱり怖い。せめて自分の庭には計画的に植物を植えよう、と思ったのでした。