山田ガーデン

庭から、学ぼう。

宿根草・多年草

雨続き

嫌になるほどの雨続きで、寒いわ、庭作業もできないわ、もったいない休日となってしまった週末。休んだ気がしないまま、また1週間が始まってしまうのはつらいです。 次の週末も天気が崩れそうなので、早めに購入したパンジーとビオラは手付かずのまま暫くは…

葉モノ、秋の姿に

10月11日。まだ雨が降る前の庭。 これから長雨が続く予報です。 寒さを連れてくる雨。 バラの葉がハキリバチにまあるく切り取られるのはよく見るけれど、ギボウシの葉を持ってゆくこともあるようで。 これはタマノカンザシ。もっと切り取られたらモンステラ…

ここは私の庭

最近はぐっと冷え込みます。朝は10℃くらいしかなくて、写真右の房スグリが落葉を始めています。春先の芽吹きは早く、冬前には、どの植物よりも真っ先に眠りについてしまう。今年はたくさんの実が、光を通したガーネットのようでまぶしかった────。 昨年植え…

ホトトギスの蕾たち

嫌な夢を見ました。 庭のミレット パープルマジェスティの穂が、ボロボロに食い荒らされているという夢。 いい夢はあまり見ません。例えばイングリッシュローズのアブラハム ダービーがびっくりするくらい蕾を付けている、なんて夢が見てみたいものです。 い…

植えちゃった!オーナメンタルグラスの王様

朝から娘の部活の練習試合用にお弁当を作っていましたが、雨降りで中止になりました。やっぱりね。 中止になりそうだと思いながら作るのは無駄な労力なのだけれど、半分気を抜いて作っているからか、何故か嫌ではない。 作ってしまったお弁当の行方は、のん…

ホトトギスのいる心象風景

朝は気温20℃で、涼しく感じるくらいなのに、日中は30℃超え。文字通り汗が滝のように流れる… 昨日は小学校の体育館に行く予定がありましたが、あまりの暑さに早く家に帰りたくて、花壇を見てくるのを忘れちゃったもの。 早朝の庭に出ると、ホトトギス 青竜の…

タカオのいる秋の庭

週末はむちゃくちゃ暑い休日となりました。 湿気こそないものの陽射しが強くて、久しぶりに額に汗して庭作業しましたよ。 今朝の北関東は雨降りなので、一昨日の写真から────。 ルドベキア タカオを迎え入れたら、山田ガーデンはぐっと秋らしさが増しました…

秋だから、和の植物を

山田ガーデンは半日陰の庭です。東向きのため、午後は家の影で全く陽が当たらなくなります。 それを心地好いと思える時と、残念だと思う時があり、どうにもならないことなのに、今でもうじうじと考えてしまうことがあります。 縁の白がきれいなギボウシ パト…

香りギボウシ~タマノカンザシ

8月下旬のこと。今年も大型ギボウシ タマノカンザシが開花しました。 ユリほど甘くない爽やかな香りが、株の周りを包み込みます。大型で明るい黄緑色の葉が作り出す株の雰囲気は、和風の庭にぴったり。 こちらはワイドブリム。 このギボウシだけが、春秋の…

何故に君たちは咲けないのか?

こんな記事タイトルをつけておきながら、原因は大体解っています。 困ったことに幾つも花が咲かない植物が…まぁ、ひとつずつ見てゆきましょうか。 オミナエシ 秋には黄色の花を咲かせたい。黄色は秋には欠かせない色。でもあまり主張し過ぎないものを植えた…

晴れない

もう、いい加減書きたくありませんが、今日も朝から曇り空です。昨日薄日が射したのは、非情にも10分ほど。それでも布団干したけどね。 その後のどしゃ降りの雷雲は、強い風をも一緒に連れてきて、バラの鉢を倒すほどでした。明日も雨です、きっと。 ミレッ…

ミカニア デンタータのハンギング

雨の日の園芸店ほど空いている場所はない。ましてやお盆期間中、鉢物を見に行く暇人は私くらいでしょうな。 冗談抜きで、太陽が出ない日が続いています。日中でも半袖Tシャツでは寒いくらい。なんでも都内では8月に入ってから昨日まで16日連続雨が降ってお…

白い花の憂鬱

夏の庭に揺れるガウラ。昨年より株が大きくなり、揺れる花茎もたくさん上がっています。 風が強い時は、フライフィッシングのラインのようにふわふわと揺れるのも、見ていて飽きません。 暴れる場合は切り取ります。大丈夫、またすぐに花茎は伸びてきます。 …

カンナの存在感

山田ガーデンには、未だに手をつけていない、なんとなく植栽が進まないスペースがあります。そうです、デッドスペースはまだあるのです。 縦横1m四方の北向き。奥にはわさわさとホトトギスが茂る。奥行きが1mもあると、もちろん奥に植えたものには手が届か…

「カッコいい」しか見つからない~レックスベゴニア

英名 : rex begonia : レックスベゴニア "群雀" いつ見ても惚れ惚れするこの姿。 1週間振りに顔を出した太陽の陽を受け、葉の裏側にはくっきりと赤い葉脈が。 カッコ良さは今年も健在です。 なるべく一目惚れはしないようにしている主義の山田ガーデン。(し…

カルドン!

これはカルドン。 最近、ハイアングルで写真を撮ることが面白いです。上から撮ることで、葉の力強さ、ダイナミックに広がる様子がよく分かります。 立体感が感じられないことが、逆に新鮮だったりします。 巨大アザミのカルドンをこの場所に定殖し、丸1年が…

今日も夏日の予報

暑い。 実は梅雨が開けているんでしょ?って言いたくもなります。 額にかかる前髪がうざったくて、お笑い芸人のみやぞんよろしく、山田ガーデンもリーゼントにして生活しています。 リーゼントの主婦がガーデニング(笑)もうワケがわかりませんね(笑) コガネ…

エキナセアを食い荒らすヤツは誰だ?

真冬に株だけの状態で買い求めたエキナセア。色は不明で、全部で5株。開花し始めました。 オレンジ、白(ミルクシェーキ)が2株、残りはこれからのお楽しみ。 面白い花弁の開き方をします。これは育てて解ったこと。 まず、花弁が閉じることがない。 よくあ…

ギボウシの季節

大好きなギボウシが花を咲かせる頃。 植え付け3年目のパトリオットに、初めての花芽が上がってきました。 角度によってはハート型に見える、濃い目のグリーンと縁の白のコントラストが爽やかな品種です。 500円で購入した小さかった株も、花を咲かせること…

もう初夏ですよ~ムクゲ

今日は娘の部活の練習試合の予定があり、配車当番にもなっていたのですが、雨降りなのに、なかなか中止の連絡が来なくてヤキモキしていました。 風も出てきて、荒れた天気の1日になりそうです。 今年もムクゲが咲き出しました。 この木が花をつけると、夏が…

a change of heart

おやおや、ちょっと見ない間にお気に入りのバラ カフェの葉に穴が開いている。 まったく気分が乗らないのに…と思いながら、葉の裏の幼虫を潰しにかかる。 スルッと真上に伸びてきた、つるバラ バレリーナのベーサルシュートはアブラムシだらけで薬剤を噴射。…

雨粒

文字どおり1日中雨降りだったおとといから一転、今朝も朝日が輝いています。 涼しくて気持ちのよい朝。しっとりと濡れた庭を写真に収めました。 ユーフォルビア アミグダロイデス プルプレア このこぼれ種は、なかなかの発芽率。 昨年は花がら("花"というに…

ガーデンフォトコンテスト 結果発表

昨日は、行きつけの園芸店で行われていたガーデンフォトコンテストの結果発表日でした。 何だかもう遠い昔のことのような気がして、応募したことすら半分忘れておりました(笑)自分の中では整理つけちゃったもので。 エキナセア 花弁が少しずつ伸びてきました…

移植三昧

昨日は13時過ぎから雷雨があり、夕方までずーっと雹が止んでは降り、の繰り返し!こんなに降ったのを見たのは初めてでした。 山田ガーデンは多少樹木の柔らかい枝が折れましたが、農家さんの作物の方が心配です。ビー玉くらいの大きさの氷が 、バタバタと降…

梅雨空

昨日は梅雨らしい、どんよりとした空模様の1日となりました。 もさもさと茂ったクリーピングタイムを引き抜いたり、バラの出開きの枝を剪定したり。 毎日庭に出ているのに、やることは山のようにあるから不思議です。 フロックス ブラインドライオンに蕾が…

小路づくり

有言実行。 ロシアンオリーブことホソバグミの脇のデッドスペースに、レンガで小路を作ります。 ロシアンオリーブを剪定したので、陽の当たる貴重な場所になりました。 小路を作ることで、きちんとした植栽スペースを確保。もうデッドスペースにはいたしませ…

太刀打ちできぬ

先日応募した、行きつけの園芸店のガーデンフォトコンテストの全ての応募作品が店内に飾られる、ということで、仕事帰りに見に行ってきました。 怖いもの見たさで(笑)本当は見たい気持ちと見たくない気持ちが半々で、頭の中はぐちゃぐちゃでした。 今年は15…

雨とブルースター

ほぅ、梅雨入りしたんですか。 毎日の水遣りが楽になりますな(笑)こんなことでも言ってなければ気持ちが落ちます。 雨が降ろうがなんだろうが、庭好きは変わらない。何か楽しいことを見つけなきゃ。 オキシペタラム ブルースターがポツリポツリと開花し始め…

バードハウス 再び

嬉しい休日の週末。 部活の大会に出掛ける娘にお弁当を作り、庭に出ます。 先日の夜中の雷雨で、ほとんどのバラは散ってしまいました。小輪のブラッシュ ノアゼットとバレリーナはまだ咲いています。 昨年同時期のブログを読み返して笑ってしまった。ブラッ…

6月1日の山田ガーデン

もう時期的におしまいだとは判っていて購入した西洋オダマキの蕾が、しっかりと開いてくれて、山田ガーデンを彩ってくれています。 宇宙人みたい。それとも深海生物?オダマキの花って、とっても複雑な作りをしています。 山田ガーデンのオダマキは、株が消…