山田ガーデン

庭から、学ぼう。

宿根草・多年草

夏の蕾たち

クレマチス マダム ジュリア コレボンの2番花の蕾を発見しました。 蕾は翌日、無事に開きました。とても小さな花です。 すぐ隣に植えてあるバラ アブラハム ダービーの蕾も大きくなっていました。咲かせないつもりで最初の1蕾は取り去っていましたが、脇の…

この庭を好きでいてくれる者たち

娘の学校の三者面談を、日付を間違えてすっぽかしてしまった山田ガーデンです。プリントを見ながら予定をカレンダーに書き込む際に、1日間違えたようです…あぁ、マジで情けない。 自宅に先生から電話があって、主人と娘で遅れて行って話をしてきたそうです…

山田ガーデンから自由に~さよならギボウシ

夏は、朝早いうちに庭作業を済ませれば楽。今までは間違いなくそうでした。 でも今年は違うような気がします。6時前から既にムシムシと暑い!ストローハットを被り、保冷剤をタオルに包んで首に巻きます。 そろそろギボウシ ゴールデンティアラの花もおしま…

再びカンナ、再びこぎん刺し

カフェがまた咲いています。バラゾウムシに1番花の蕾をダメにされていたので、2番花が元気に咲けるのでしょう。大きさも申し分ありません。 何故だか、最近は早起きが出来なくなって、目覚ましが鳴っていることすら気付かないことも。めっきり庭作業をする…

不安になるほどの十字対生~フロックス

ブログを書き始めたからこそ知り合えた方が、ありがたいことに日本中にいます。ブロガーさんや、この山田ガーデンを訪れてくださる方には、西日本にお住まいの方もいらっしゃいます。 テレビを点け、大きな川がこんなに増水するほど雨が降り続いていたのか……

違いのわかる女~エキナセアとルドベキア

暑い毎日が続いています。連日33℃超え。名物である夏の雷雨もさっぱり。毎朝の庭の水やりが欠かせません。 夏の花であるエキナセアの開花です。昨年はコガネムシに花弁を食べ尽くされ、見るも無惨な姿に成り果ててしまいましたが、今年はキレイに咲いていま…

記録的早さで梅雨が明け、咲いたカルドンとカメラで遊ぶ

2mを優に超えた、お化けアザミのカルドンが咲いた。そしてまだ6月中なのに、関東・甲信越地方の梅雨明けのニュースに驚く。 1951年からの観測史上初となる、6月の梅雨明け。確かにここ数日強い南風が吹き、夏のような青空が広がっていたのです。まさかと…

庭作業は幸せ

伸び過ぎたポンポン菊をピンチし、もさもさ茂ってきて高さが合わなくなったルドベキア タカオもピンチ。増え過ぎたホトトギスを抜いて間引く… 何の作業をしていたのか忘れちゃったけれど、土を掘り返していたらスコップの柄が折れてしまいました。 ホームセ…

梅雨の晴れ間

小糠雨 (こぬかあめ) ─── スマートフォンで漢字変換しても一発で出てこないのは、それだけ現代では使われない言葉になってしまったのでしょう。 山下達郎が "小糠雨" という歌詞が出てくる歌を歌っていたはずですが、曲名が全く思い出せず。何だったかな…ア…

突然アナベル

朝、息子と中学校へ向かう車のラジオで、関西で大きな地震があったことを知りました。 東日本大震災での大きな揺れとその後の混乱を思い出し、胸が苦しくなりました。 もう「絶対安全」なんてあり得ない。今の日本はいつどこで大きな揺れがあってもおかしく…

アンティークレースを想う~朝霧草

英名 : silvermound artemisia : 朝霧草 この細かい葉を見て連想するのは、アンティークの手の込んだ細かい模様のレースのブラウス。美術品を眺めているような気持ちになります。 今年は株に勢いがありません。英名通りにこんもりとしているものなのですが、…

ギボウシは3年待て

英名 : hosta "wide brim" : ギボウシ "ワイドブリム" 小さな株を植えたばかりの頃は、茎からなだらかに葉へとつながっているような型をしており、イメージとは異なる姿に品種が違うのではないかと心配していました。昨年からでしょうか、全体ががっしりとし…

初夏は葉モノが美しい

久しぶりに夕立がありました。昨年はひどい夕立で雹が長時間降ったことがあり、ギボウシが穴だらけになりました。そうだよね、車のボンネットだってアルミ製は凹むくらいの威力があるんだもの、葉に穴が開くくらい想像は出来るはずなのに。 かといって何が出…

夕霧草、見つけた!

なぜか雨の日に園芸店へ行きたくなるのは私だけでしょうか?お客さんが少なくてゆっくり見て回れるし、暑さでぐったりした植物は見たくないから。雨粒を受けて嬉しそうな姿見たさに、足が向いてしまうのです。 やっと出会えた夕霧草。これで朝霧と夕霧が山田…

夏の花たちが動き出す

夏の植物たちの威勢がいい。エキナセアもルドベキアも蕾を付けています。 バラも2番花を咲かせようと蕾を膨らませていたけれど、暑いので咲いてもすぐクタクタになってしまうし、今回はご遠慮戴いて力を蓄えてもらいましょう、と取り去りました。 バラゾウ…

関東地方も梅雨入り

真っ先に梅雨入りした沖縄は、記録的な小雨だそうです。沖縄に旅行に行った方から聞いた話なので間違いありません。2017年の関東地方は梅雨らしくない梅雨で、梅雨明けした途端に雨が降り続き、日照不足となりました。 関東地方も梅雨入り。今年は穏やかな、…

ドクダミファン & 不登校からの脱出

巷では、雑草の代表格として嫌われているドクダミですが、山田ガーデンの周囲にはドクダミファンが結構いらっしゃいます。もちろん私もそのひとり。昨年から声を大にしてカミングアウトしております(笑) 今がちょうど花がきれいな時期。おっと、この花弁に見…

黒 × 黄 = ミッドナイト

英名 : creeping jenny : リシマキア "ミッドナイト サン" 黒い葉色に黄色の花が咲くと「ミッドナイト」という名前が頻繁に使われる傾向にあるようです。山田ガーデンのリグラリア (西洋ツワブキ)も "ミッドナイト レディ"だし。 これこれ。秋には黄色の花が…

輝く赤い宝石~房スグリ

いつの間にか色付き始めた房スグリ。まだ熟していない緑の粒が混ざった、今の時期しか見られない初夏のひとこまです。 庭を囲ったフェンスの隙間から、何本かの枝が外へ飛び出してしまっていて、近所のひよこたちが実を摘まみ取っていました(笑) まだ青いか…

早起きのススメ & カルドン最新情報

週末でも、朝はいつもの時間に起きると決めています。長く寝過ぎると必ず頭痛が起こって、1日が台無しになってしまうのです。 これに気付いたのは、庭作りを始めてから。週末でもダラダラと眠ることがなくなり (庭作業が楽しみで早く目覚めてしまう!) 、頭…

陽を求めて移植

人生の失敗も既に数多くありますが(笑)、この4年間、ガーデニングでの失敗もそりゃあ沢山してきました。 昨年植え付けた、値下げ品の西洋オダマキに蕾が上がりましたが、この翌日にハバチの幼虫の餌食に。見るも無惨な姿になっておりました。 オダマキはハ…

初夏の花、咲いてます~その2

アーチのブラッシュ ノアゼットには花がらが目立つようになってきましたが、クレマチス ミケリテは今が1番美しく咲き誇る時です。 今年は本当にバラの開花が早かった…バラがもう少し遅ければ、クレマチスの開花にぴったりだったのかなぁ。バラの開花が早ま…

初夏の花、咲いてます

クレマチスと言えば青。へそ曲がり山田ガーデンは、敢えて赤をチョイスしたのでした。マダム ジュリア コレボン、開花です。 ほらね、道路側に笑顔を振りまいています。 今年はマメに巻きひげをトレリスへ誘引したので、まとまって咲きました。ふわっとした…

カメラ泣かせなクレマチス

クレマチス テッセン 同じクレマチスの別品種であるビエネッタと瓜二つ。一体何が違うのかと調べてみると、ビエネッタは芯が大きくて、豪華。まるでテディベアの鼻のよう。 テッセンはビエネッタに比べたらずっと芯が薄く、おとなしい感じです。 太陽に向か…

蒸れになんて負けるもんか~フランネルフラワー

ラベンダーの花数が昨年より多く、とても嬉しいです。昨年刈り込んだからでしょう。蒸れに弱いとは言え、本当に雨の当たらない、水分カラカラの場所に地植えしているのに大丈夫だなんて驚かされます。 先日、夏花を準備する~とお話しましたそのひとつ。自分…

何度見ても巻き付く姿に感心しちゃうのだ~クレマチス

今年はクレマチスのつるを何としても伸び散らかさないようにしよう!と決めてから、毎朝必ず確認しています。 放っておくと上に上にどんどん伸びてゆき、高い位置に花が咲いてしまいます。トレリスやオベリスクに咲かせたくて設置したのに、細いつるが折れて…

夕暮れオダマキ

仕事から帰り、庭へ出ました。 朝は開いていなかったオダマキ。洗濯日和だった日中に開いたようです。 小さくて心許なかったので、ミニアイアンフェンスで目印をつけていたのですが、それでも誰かに踏まれてしまったらしく、アイアンフェンスが折れ曲がって…

必需品!シルバーリーフ

英名 : lavender : ラベンダー 今年も蕾をつけてくれました。俗に言うフレンチラベンダーです。乾燥する軒下、雨が当たるか当たらないかという場所で育てています。土なんて、いつもパサパサですよ(笑) これから、ぷっくりとした部分に小さな黒い花を咲かせ…

メーデーにはスズランを

今日は初夏の陽気になるらしいわよ、奥さん。もう5月も近いものね~。 あらやだ、私ったらジニアの種を蒔き忘れてるわぁ。 早くしないと夏が来ちゃう。 少しずつ増えて来ているスズランは、以前住んでいた所の庭に咲いていたもの。未だにまとまりのない、北…

暑さリセット

春とは思えぬ暑さも、一旦は嵐でリセットです。冷たい雨が降り続き、昨日はストーブを点けました。 勿忘草の花があっさりと終わりに向かい、入れ違いでラークスパーの花茎が上へ上へと昇り始めています。 あんなに使えていなかった無駄なスペースが嘘のよう…